2017年11月12日

魁コンセプトは「戦慄」らしい。

  清水草一さんと渡辺敏史さんがベストカーに連載している「エンスー解放戦線」。あまりのインパクトのデカさゆえか、未発売の『魁コンセプト』が登場してきました。デザインだけでサイズ以外のスペックが全く公表されてないのに、エンスー度は清水86点、渡辺95点だそうです。前回のメルセデスSクラスは60点くらいだったので、これはかなりの高得点ですねー。もしこのまま市販化されたら、「オラオラ・・・クソダサいSクラスは道を譲れ!!」みたいなメッセージを意図せずに発信しかねないほど尖ったデザインです。今流行りの「煽り運転」を意図せずにしてしまう恐れが・・・。車間距離しっかりとっているのに、Sクラスのユーザーが勝手に圧力を感じてしまう!?それくらいに「アヴァンギャルド」なデザインを求めるのがエンスーという生き物なのかも。

  通常は市販車ばかりが出てくるコーナーでして、この前もカムリHVが結構ボロクソに言われてましたね。ユニットは良くなったけども、フロントタイヤの接地感は相変わらず希薄で、乗り味の印象は決して良くないとのこと(清水氏)。それなりに軽快に加速はできるわけですから、決して接地感が悪い訳ではなくて、やはり懲りないのはトヨタのステアリングなんでしょうね。実家にあるクルマもトヨタ車ですけど、ハンドリングが「へなちょこ」すぎるので乗りたくないです。実家のクルマで食事に行くときは、毎回妹が必ず運転しています。伯父、母、妹、私で群馬まで遠出した時も、伯父と妹がハンドルを争ってましたが、榛名も赤城も私は全く運転したくなかった。このトヨタ車で、スポーツカーやマツダ車に乗るイメージでスピードに乗った状態でハンドルを切ると、とんでもないことになります。予想外のロールが出て全く気持ちよくない・・・。

  トヨタ車が「3シリーズ非Mスポ」だとしたら、マツダ車は「4シリーズMスポ」。もうそれくらいに違う。3シリと4シリは全然別物ですよねー。両方を作り分けているBMWはもっと評価されるべきなのかも。さてちょっと問題発言かもしれないですが、「エンスー」という手前勝手な基準で測るならば、新型カムリHVは「トヨタが作っている」ってだけでもうダメ。あのステアリングが付いてくるなら絶対に買わない。正直言ってレクサスIS・Fスポも全く印象が薄かった。接地感という意味ではカムリHVとあまり変わらない。IS・Fスポが完全にBMWに勝っているって吠えた日本の有名評論家は誰だっけ!?福野礼一郎さんだったな「クルマ論評2014」にハッキリ書いてる。ただしあの人は正直ものだと思う。同じ本でフォードフォーカスの2L自然吸気(つまりMZR搭載)に乗って、「この2L・NAはいい!!」って書いてたし。

  市販されてるカムリHVがボロクソに言われ、市販されるどころかユニットすら発表されていない、デザインだけの魁コンセプトがなぜか絶賛される。なんとも心地よい「エンスー」な連載だなー。もう評論家も声を大にして言いたいはず。業が深いトヨタは何を作ってもダメだけど、スイッチが入ったピュアなマツダは、もう『行くとこまで行ってしまう』ってことを。もうこれだけ本気なら「走り」はいいに決まってる。マツダやら、ポルシェやら、アルファロメオやら、クルマを圧倒的に高い次元で仕上げる力を持つメーカー/ブランドが、『いつ本気を出すか』それがいいクルマを選ぶにはとっても大事なんだと思う。

  東京MSのマツダは、見ていてこっちが心配になる程「拳を振り上げ過ぎ」なんだってさ。BMWがお好みの渡辺敏史さんに言わせれば、魁コンセプトはデザインの完成度が高すぎて、もう想像だけで頭が爆発しそーだ。ここまで本気出されると「もう怖くて近寄れない」とのこと。下に動画つけておきましたけど、アルテオンを見て「BMW7シリのパクリだ!!」「大径タイヤばっかりで呆れる」とか舐め腐ったことを言っていた若い女性のユーチューバーがいましたが、マツダのコンセプトカー2台の前では「綺麗・・・」「この辺のラインとか・・・」え!?さっきの雄弁はどこへ行ったの!?ってくらいに震えてレビューしてましたよ。「フェラーリのパクリ」とか「アルファロメオのパクリ」とか言っても良さそうだけど。



  まあとにかく「マツダは戦いに勝った」と言えるんじゃないでしょうか!? 清水草一さんも渡辺敏史さんもマツダの出来栄えをただただ「戦慄」と言ってますし。はっきりは書いてないですけども、マツダデザインが世界を覆った時に、欧州伝統のラグジュアリーブランドはどーなってしまうの!?って危惧を感じているのだと思います。4年前の東京MSにコッソリ展示されていた「パガーニ・ウアイラ」のエクステリアではなくて、レバーひとつひとつがアルミ削り出しで作られているインテリアを見たとき以来の衝撃がありました。2年前のRXビジョンや6年前のTAKERI、SHINRIよりもインパクトが大きかったです。SHINARIはすでに前年の2010年に公開されていましたし、2009年に公開された日産の「インフィニティ・エッセンス」のモチーフをうまくパクった程度にしか思ってなかったので・・・。

  
  1台で3億円もするイタリアの超高級スーパーカーであるパガーニ・ウアイラと比べても負けてない!?4000万円のフェラーリだったら喰っちゃうぞ!!なんてブログに書いたら思いっきり笑われそうですけども、清水さんと渡辺さんが実際にそんな話してる。マツダの「世界征服」ってちょっとオーバーじゃねーか!?まあせいぜい日本の街中で見ることができる2000万円くらいまでのマセラティ、ポルシェ、AMGくらいは射程に収めつつあるって話なのかなー。





おまけ




最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 02:26| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

ビジョンクーぺはアテンザなのか!?7000rpmのタコの意味は!?




  東京モーターショーで発表された2台のマツダのコンセプトカー。作り込みのレベルが高すぎて、他のメーカーのコンセプトモデルが全く同じ土俵に上がれてないです。もうすっかりマツダのための東京MSなんですねー。相変わらず客の入りが悪かったみたいですけども、参加ブランドがそれぞれにマツダみたいに真剣ならばもっともっと感動的なイベントになるはず。本当に痛切に感じたのが「マツダに比肩するメーカーがいない(参加していない)」ってことです。マツダの2台に唯一勝負を挑めそうなオーラを放っていたのがわずかにBMW8シリーズくらい。

  BMWに関しては比較的に最近発売されたG11/12系7シリーズやG30系5シリーズを見て、これではもう日本車に質感では絶対に勝てないなと失望しました(嫌いじゃないけど)。しかし発売が決まっている8シリーズのプロトモデルでは、一気に工作精度が3段階くらい上がった感じです。このクルマはBMWの工場ではなくてトヨタの田原工場で作ってんじゃないの!?ってくらいに綺麗に仕上がっていました。このクオリティならインフィニティやメルセデス相手にもいい勝負が挑めるんじゃないの!?「磨き」自慢の日産シーマよりも質感は良かったくらい。ただしBMWのもう一台のZ4プロトはダメですね。こっちも頑張れよ・・・。

  マツダの2台とBMWの1台の未発売車が、レクサスLS/LC、パナメーラ、メルセデスGTなどの高級な新型モデルを完全に喰ってました。東京モーターショーにはもはやブランドヒエラルキーなんか存在しないのかもしれません。ベントレーもフェラーリもやって来ない「庶民派ブランド」だけが集ったイベント。いちいちディーラーを回りたくない人にとっては便利なんですけどね。クルマの見せ方ってとっても大事なんだと思います。日本メーカー寡占市場のモーターショーでは、まあ大体こんなところに落ち着くのが関の山なんでしょうけど。マツダ以外の日本メーカーのやる気の無さがさ・・・。

  さてさて「ビジョン・クーぺ」ですけども、マツダからの正式なアナウンスはありませんが、4ドアで作り込んだことからも、これは次期アテンザとみて良さそうです。あのデザインのまま北米価格22,000USドルで出すとしたら!?もう世界がひっくり返るって。東京MSでホンダや日産が発表していたレゴブロックみたいなデザインのクルマが通りを行き交っても、最近のデザインはコミカルだなーって思うくらいで、別に感動はしないけど、「ビジョン・クーぺ」がプリウスみたいにそこいらじゅうに走ってたら、日本の景色が変わるって。

  プリウスくらいの価格を維持するためにも、現行GJ型をベースにしたFFのままで、ユニットもそのままの使い回しでいいかも(不満ないし)。今よりも賃金水準が高く、ガソリンも安く、クルマの維持費もかからなかったバブル期でもプライベートな乗用車は300万円台が限度だと言われてたのだから、次期アテンザも拡販を目指すならその価格に収まらないとダメですね。メルセデスCクラスの新古車が400万円を下回る価格で大量に売りさばかれている状況なので、下手にメルセデスの「正規価格」に並ぶような設定にしたら・・・まあ余計な御世話でしょうけど、結果は目に見えています。

  マツダのオリジナル・デザインとはいえ、やはり他ブランドの影響は見て取れます。「魁コンセプト」はアルファロメオ159/アルファブレラ。そして「ビジョンクーぺ」はノーズ、テールランプ、キャビンの誇張表現などを合わせると、フェラーリのv12搭載の4シータークーペに寄せていると思われます。アクセラもアテンザも第4世代になりますが、思い返せば・・・初代はどちらも日本車然としていました。カペラとファミリアの後継モデルであることがよくわかる日本的デザイン。しかも今見ても新鮮!!そして2代目はどちらもフランス車っぽいデザインに。プジョーのパクリなんて言われてたかも。現行の第3世代はまるでドイツブランドに仲間入りしたような「生真面目」さをデザインに込めています。そして次の第4世代はイタリアですかい!?

  某雑誌によると「ビジョン・クーぺ」には相変わらずタコメーターがついているとのこと。内燃機関のポテンシャルを最大限に引き出すと常々公言しているマツダですから、そこは絶対に譲れないところなのかも。レッドゾーンは7000rpmかららしい。つまりディーゼルを想定したモデルではないです。ガソリンターボで7000rpmまで回すなら、フェラーリ488GTB、アルファロメオジュリア・クワドリフォリオ、シビックtypeRに匹敵する高回転ユニットです。イタリア車を目指すならばターボか!? 自然吸気だとしてもべらぼうにロングストロークになったスカイアクティブGを相当に回します。1.5Lのロードスター用ユニットのように綺麗な声で鳴くのか!?MZR時代よりも回るエンジンへと回帰するのでしょうか!?

  マツダが導入を発表しているマイルドHVだとするならば、エンジンの回転は5000rpm以下の低めに設定されそうですが、他社がやるようなモード燃費をカサ増しするための、HVと偽ってエンジン回転を抑えて燃費を稼ぐタイプではなく、自然吸気ユニットではトルクが極端に細くなるところを補強するためのモーターアシストなのかもしれません。・・・もしかしたらロータリー&マイルドHVなんじゃないの?3ローターのうち1つをレンジエクステンダー/駆動に切り替え可能にすればいいんじゃないの!? ただし7000rpmはややリミットが低い気もしますが・・・。マツダは「7000rpm」にある種のメッセージを与えているはず。ファンは金を貯めながら予想して待ってろ!!ってことかな。期待してます。




最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 02:26| Comment(0) | アテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

アクセラ・コンセプトモデル 東京モーターショーとマツダの決意!?

  「pen」の自動車特集号が面白かった!! もしかしたらマツダが協賛している企画なのかもしれないけど、さりげなくマツダの『領域』が多ジャンルに広がっていることが再認識できます。一般雑誌なのでとりあえず一般読者の関心を大いに引っ張るモデルしか出てこないのですが、「当たり前」のように次々に出てくるマツダ車。それでも主役級は『個性』を重視したデザインを好むアルファロメオやランドローバーの「勝負デザイン」モデルであり、それらがズラズラと並べば、その眩しさにはあの端正なアウディも軽く吹き飛んでしまうくらい。時代はどんどん変わっていますね。

  決して現行マツダのデザインが新しいトレンドを生み出すくらいに抜きん出ているとは思わないですけど、不思議な安定感がありますね。とりあえずマツダ車を構図の中に入れておけばページ全体に華やかさが増すのでしょうか!? マツダ以外にもボルボ、メルセデス、シトロエンの安定感でページの大半を埋めているから、アルファロメオやランドローバーのアバンギャルドで奔放なデザインの良さがしっかり伝わる。あれ!?引き立て役じゃん。いいんですよ。もはやBMW、アウディ、レクサスではその役すら務まらなくなっているから。

  トヨタCH-Rのように後部ドアハンドルをピラー近くに隠して配置するデザインなんて2010年頃にすでにアルファロメオは使っていたわけで、トヨタのような大手メーカーも前衛的なデザインを用いるブランドのエッセンスを貪欲に吸収しています。パクられたアルファロメオはトヨタのさらに先へ進むべくさらに革新的なデザインで尖っています。もっともアルファロメオだから、ランドローバーだから許されるデザインでもあるわけですが・・・。マツダもこの2ブランドのジュリアやヴェラールが相手では、他の日本メーカー同様に「おとなしい」部類に入る!?

  2012年以降のいわゆる「魂動」というデザインテーマの良し悪しは別として、1960年の4輪車本格創業から一貫してマツダは、生産モデル一台一台のデザインに「作品」としての熱を込めてきたメーカーだと思います。欧州メーカーで同じような立ち位置なのが、アルファロメオであり、ランドローバーであり、ジャガーなのかな。欧州のライバルが奔放なデザインを次々と発表する中で、いよいよマツダも「優等生」デザインの殻を破る時が来たのか!?・・・ということで東京モーターショーに新しい市販車コンセプト「魅」が登場しました。

  このコンセプトカーが次期アクセラのベースになるようですが、イマイチ不発に終わった現行アクセラを払拭するためにも、このコンセプトカーの『全高1375mm』をそのまま変えずにそのまま市販化してくるかもしれません(現行は1470mm)。サイズは5ドアのVWシロッコくらい!?あのクルマはかっこよかったよなー。Cセグハッチバックが欧州市場の中心だったのはもう昔の話で、販売台数が伸びているのは小型SUVか、WRC車両ベースが揃うBセグモデル。あのVWゴルフが行き場所を失いつつあるとの見方もあるようです。(0-100km/h4秒台に突入した)ゴルフR以外に「伸び代」があるのか!?

  メルセデス、BMWが相次いでCセグに参入し、派生モデルを増やしたところ、色々なことがバレました。既存勢力であるゴルフ、フォーカス(アクセラ/V40)、カローラ(オーリス)、シビックの4大ファミリーには、それほど熱心な支持が無かったこと。市場が硬直したものと勝手に決めつけたこれらのメーカーはCセグ開発への情熱がそもそもあまり無かったことなどなど。カーメディアは勝手に「Cセグは欧州激戦区」と称していますが、蓋を開ければ「つまらないクルマのオンパレード」でしかなかったわけです。その中で着実に販売を伸ばしたのはメルセデスCLAだけ。メルセデスがブランド力にあぐらをかくことなく、顧客目線で創造性をフルに発揮した結果アメリカでも日本でも売れた。

  日本に凱旋したシビックもセダンは全長4600mm超えでF30系3シリーズとほぼ同じサイズのクルマになっています。Dセグ代替のCLAとシビックセダン。あるいはスポーツなゴルフRとシビックtypeR。Cセグが輝ける道筋はどうやらこれらのモデルがリードしているようです。マツダが掲げた「ディーゼルもハイブリッドも」というマルチユニット戦略は完全にスベった。やはり手を入れるべきはエンジンではなくボデーだった。もともと燃費が悪くないサイズですし、箱さえ進化させればあとは1.5Lターボでも十分なのかも!?

  GJアテンザもCX3もNDロードスターもデザインで攻めたのに、なんでBMアクセラは停滞してしまったのか!?マツダこそが率先して「ペルソナの復活!!」とばかりに妖艶な4ドアクーぺ化したアクセラセダンを作るべきだったのでは!?しかしもう終わったことをくよくよしていても仕方がないです。メルセデスとホンダに牽引されているマーケットを再び奪還するための次期アクセラなわけです。そしてでてきたデザインは・・・シロッコ!?いやいやこれはリーマンで無念に消えたアルファ・ブレラの復活ですわ。

1970年代初頭に勃興したCセグハッチバックのデザインを、初代ゴルフで決定づけたのがジウジアーロであり、その遺作になりそうなのがアルファ・ブレラ(Dセグハッチバックだけど)です。ジウジアーロとその日本人ビジネスパートナーであった宮川秀之氏の活動(カロツェリア・イタルデザイン)の出発点における最大の理解者が松田恒次社長であり、イタルデザインの初代パンダと5代目ファミリアが1980年に奇跡のシンクロを起こして登場し、その後のCセグデザインを決定づける、など『浅からぬ縁』があり、そのストーリーのフィナーレを「魅」のデザインに込めた。そんな予感があるんですよ・・・。さてアクセラセダンはどんなスタイルになるんでしょうか!?





最新投稿まとめブログ



posted by cardrivegogo at 00:44| Comment(0) | アクセラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする