2016年08月15日

アクセラ と ジュリア の対比・否・対峙。

アクセラ買うならコレだろ!と思う2L自然吸気のグレードがあっさり廃止になっちゃいました。もう世界的に2L自然吸気というエンジンが使われなくなってきたというのもあるんでしょうけど、これでアクセラは買うグレードが無くなった!と嘆いている人もいるのでは。もっともスカイアクティブになってからの2L自然吸気は、以前の軽快な噴け上がりが自慢のマツダエンジンとは毛色が違って少々かったるいので、試乗してみてやめたという人もいるようですが・・・。

2013年に発売されたアクセラですが、グローバルでは年産40万台という一級品。しかも新興国向けのコンパクトカーではなく、欧州全域で売るCセグ(中型)としてその数字を叩き出して、WCOTYも堂々と最終ノミネートを果たしています。これほどの輝かしい実績ですから、それこそ日本でもプリウスを販売面で脅かす存在になるのでは?という期待もありました。かつてはファミリアがカローラを打ち破ったこともあるくらいですから、マツダもその再現を狙ったはずですが・・・結果は案外。

なんで日本では売れなかったのか(大ヒットしなかったのか)? 最近無視できないくらいに囁かれているのが、マツダの販売店の態度が悪い!という話です。たしかにお世話になっているディーラーもちょっと強面なところがあります。私は100%クルマで選ぶ派なので、店員の態度は全く評価に入ってないのですけども、たしかに「態度が悪い」と受け取られても仕方がないのかも。もういっそのことアマゾンで販売したらどうですかね。MTモデルなんかは経験者向けですから、ネットでも十分に売れそうですけどね。

3代目になってアクセラの『欧州の最前線』といったイメージが飽きられてきた感もあります。「欧州で売れているからって何なの?」「日本に入ってくる欧州ブランドはダメダメなクルマが多くないか?」・・・全体的に欧州のイメージそのものが危うくなっているのに、欧州でプレーする長友さんを起用してますね。アベンシス(トヨタ)だってスプラッシュ(スズキ)だって欧州を前面に出したところで全く売れてなかった。欧州だから!といって何でも有り難がる輩もいるかもしれないですが、それを見ていて痛々しく感じる人々もそれ以上に多いってことかもしれないです。

10年以上前に大学の一般教養の授業で、欧州は「質実剛健」みたいなステレオタイプを押しつけられました。何言ってんだコイツは?という怪訝な表情が先生に伝わってしまったようで、講義の最後に感想を求められました。「オランダの生活にスゴく興味あります。若者はマリファナを楽しみ、サッカー場で暴徒化して、移民とかボコボコにする・・・そういう自己責任な社会だからこそ『質』に価値が生まれるんだと思います」みたいなことを口から出任せに言い放ちました。となりに座っていてちょっと仲良くなっていた女の子が思わずポカン!

何が言いたいかというと、『欧州』という切り口でも、この先生のように極度に『美化&固定化』する傾向にある輩もいれば、日本よりも人間の感覚が研ぎ澄まされている部分に敏感に反応し・・・それは常に新しい姿へと変節しますけども、その文明の最先端で爆発する『生命力』に魅力を感じる輩もいます。ちょっと厳しい言い方をすると、3代目アクセラにはマツダの『観念』(=欧州コンプ)が乗っかり過ぎてしまって、それが『美化&固定化』へと作用してしまったように思います。

前任のヴァンデンアッカーはマツダデザインに「日本らしさ」を組み込もうとした痕が随所に見られます。欧州は『北斎』も『伊万里』も大好きだ!そういう「オリエンタリズム」への感性は、日本人よりオランダ人の方が研ぎ澄まされてたんじゃないですかね。アテンザ、アクセラ、デミオは初代から欧州で売れに売れました。欧州にとっては異文化で生まれた類希なるグッドデザインとしてウケた。けど『魂動』になって欧州では主力3車が案外伸びない。中国ではバカ売れですけど欧州で大きく伸びているのは、主力3モデルではなくロードスターとCX3。

マツダがいくらオリジナルを主張したところで、アウディだかメルセデスだかと見分けが付きにくいデザインに『固定化』したことが仇になったんじゃないでしょうか・・・。日本メーカーがあざとく欧州ブランドのデザインをパクる。こんな小手先で俺たちが喜ぶとでも思っているのか!?・・・と思ったかどうかはわかりませんが、販売実績はそれを示してはいます。

アルファロメオの新型車ジュリアは一目見てユニークな顔つきをしています。なんじゃこりゃ?ふーんこれが欧州を走るようになるのか?欧州の伝統ブランドですから、面と向かってダサいというメディアはないですけども(実際にダサくはない)、素人ブログでは『ダサくねーか?』という短絡的な意見が噴出してます。確かになんだかトヨタの新型プリウスと同じ匂いがしますよ。そして好みの問題もあるでしょう。それでも決して『守り』には入ってない。欧州のGTセダンの最先端に飛び出す覚悟は十分に感じます。

一方でらしくないのはインフィニティQ60。Q50が大人しいと言われたときに『クーペは冒険する』と担当者が言っていたそうですが、全然冒険してません。せいぜい散歩だな・・・。ちょっと前に登場したジャガーXEもまたBMW3erの分身みたいなスタイリングでした。これも典型的な『固定化』志向ですね。イアン=カラムの歴代デザインってそういうのが多いな〜。センスはいいけどオリジナリティは無い。

一方でアルファロメオを統括する気鋭のアレッサンドロ=マッコリーニにとっては一世一代の大舞台ですが、当人によるとジュリアにはあの名車アルファ156のようなサクセスストーリーを夢見ているらしいです。デザインに関するスタンスも全く同じで、ターゲットとなるBMW3erのサイズの中でアルファロメオを最大限に表現する。E46をターゲットにした156に対して、F30を狙うジュリア。いちいちBMW3erに似てるとかムダな指摘しているアホ(カーメディア&素人)は黙ってろ!

アルファ156といえばアルファロメオの先輩デザイナーであるワルター・デ・シルバの大出世作です。その後デ・シルバはVWグループにヘッドハンティングされ、アウディ、セアト、VWのチーフを歴任します。つーか今のBMWもメルセデスもデ・シルバ就任で大きく意匠が変わったアウディのデザインが底流に流れているのは誰の目にも明らかですよねー。何も考えずに元アルファロメオと元日産(和田智)のデザイナーが起こしたビジョンに乗っかってるだけだっからさ・・・。失礼ですがBMWやメルセデスにオリジナリティなんてほとんど無い。

ちょっと不遜かもしれないですけど、世界のデザインはアルファロメオ、日産、マツダの3メーカー出身のデザイナーによって今のところは主導されてきたわけです。ジウジアーロ無きあと、この3メーカーが常に一般人の想像を越えた『創造性』を発揮し続けてくれてこそ、我々の退屈しないカーライフがもたらされると断言してもいいでしょう(笑)。

その流れ(宿命)の中で3代目アクセラのデザインはどうだったのでしょうか?アルファロメオ(ジュリエッタ)を変に意識してませんか? アクセラが停まっている!そう気づかせてくれたのがアルファロメオ・ジュリアでしたね・・・。それでも『デザインの巨塔』マツダですから、NDロードスターのデザインWCOTY受賞とともに中山雅というホープが現れます。

この人は何やらテレビとかで見かける機会も多くなってきました。さわやかで話し方からも明晰な頭脳の持ち主なんだと伝わってきますが、うーんどうなんでしょうか?ホンダが北米から呼び戻した南俊叙(みなみ・としのぶ)というデザイナーの持つ『眼力』と比べるとちょっと弱々しい感じが・・・。この人が統括するようになってヴェゼル、シビック、アコード(後期)と『洗練&ガンダム』路線で良質なデザインを連発しています。このままホンダが世界で快進撃を続ければ、BMWの次期型は『腎臓&ガンダム』になるのかな(笑)。
もうすでに3er&4erのフロントには『腎臓&ガンダム』が取り入れられているという説も・・・。

リンク
「最新投稿まとめブログ」

↓マツダネタは無いですが、BMW3erがなぜかボロクソに・・・ちょっと笑える。

posted by cardrivegogo at 13:27| Comment(0) | アクセラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

ロードスターRF と アバルト124

  幕張メッセで開催されていた『オートモービルカウンシル2016』に行ってきました。土曜日の午前中でしたが、目立った混雑もなく好きなクルマをいくらでもかじり付きで見る事ができたので、わざわざ千葉まで行ってみてよかったなー。お目当てはもちろん『ロードスターRF』と『アバルト124』の兄弟車2台です。というか先に言ってしまうと、このイベント自体がこの2台が今年発売されることに関する様々な必然性を『示唆』する展示会としてプロデュースされていた印象です。

  近年は海外のモータショーでもマツダブースの注目度が俄然に高まっているようですが、もちろんここでも堂々の主役級の扱いです。豪華なことに1000万円級のGT-RとボルボXC90が前座を務めていて、3000万円するフェラーリやマクラーレンをも脇に追いやる配置で、ロードスターRFが鎮座するマツダブースが大上段に構えています。

  このイベント自体はカーグラフィックの社長が企画したものみたいですが、マツダの揺るぎない自信を見せつける、あるいはマツダの果てしない野望を感じるにはベストなスケールです。とにかくまざまざと見せつけられたのは、マツダの躍動。そういえばこの1年で「ロードスターでも世界の主役になれるんだ!」とことを十分に示しましたね〜。発売前からティザー戦略がとても手の込んだものになってましたが、発売から1年経って追加モデルでここまでの熱量を持ってくるとは!!!デザイナーさんいい仕事してますね。

  NDロードスターがフィアットの肝入りで開発が進んでいるとプレスリリースされた数年前には、正直言ってこんなマツダの姿は想像できなかったです。もちろんマツダがスポーツカーを作り続けることに意味がある!と一定の評価を下しつつも、もはやロードスターはオワコンではないか?といった冷ややかな気持ちがないこともなかったです。それがこの会場に来てみると、オワコンだったのは実はGT-Rやマクラーレンの方なのでは?という『トンデモ』な想いすら沸き上がります・・・。

  ちょっと伝わりにくいかもしれないですが、この会場のレイアウトの趣向は、メーカーブースに前後を挟まれる格好で、旧車の専門ショップがセンターエリアで在庫車の即売会を行っています。最新のロードスターやGT-Rをみながらも、2000GT、コスモスポーツ、フィアット・ディーノ、ロータス・エラン・VWカルマンギアといったGTカーの名作を同時に、そして何より身近にみることができます。プジョー405が89万円のときには、本気でちょっとグラついたりしましたね(映画TAXIじゃん!)。

  ディーノにはもちろん2000万円とかいう法外な価格が付いてますけど、それでも買う人はいるだろうな〜というくらいにこのクルマはカッコいいです。マツダの仕事でフィアットに再びディーノみたいなGTカーが復活するんですね!!!それにしてもこのクルマのボデーは芸術。GJアテンザのボディラインのアイディアはもしかしたらココからじゃないのか?ってくらいにサイドが張り出した曲面構造です。イタリア車のインパネはもちろん洒脱で、これぞGTカーといった機能性に溢れてます。小物入れ?そんなものはない。機能美にとっては余計でしかない。小物入れが無いからダメ!だとNDロードスターをボロクソに言った斉藤慎輔さんよー。

  それからロータスエラン。こちらも2000万円でした。実際はそんなにしないよなー金持ちが衝動買いするのかな。今のロータスよりも当然ですがイギリス車としての濃度が濃い。ヘッドライト周りが70年代車らしくゴツいディーノに対して、こちらは完全にゴツくないクドくない流線型に包まれた近未来デザイン。まるで『時計仕掛けのオレンジ』に出てきそうなレトロ・フューチャーなスタイル。嬉しいことに新しく来年に復活&発売される予定の『アルピーヌ』もこの方向性みたいです。

  ロードスターRFはエラン寄りかな。そしてアバルト124はディーノ寄りですね。アバルト124はフロントとリアのオーバーハングがロードスターよりもかなり大きく見えます。全長も100mm以上は違うのかな。ディーノはオーバーハングでホイール小さめ。一方でエラン&ロードスターは4輪が主張するデザインですね。RX-VISIONも至近距離で見る事ができましたが、マツダのスポーツカーデザインは4輪ありきなデザインでイギリス流ですね。これに対してイタリアン・スタイルはフェラーリを含めタイヤの主張は小さめです。そんなマツダ版とフィアット/アバルト版の作り分けも感じられる展示になってます。

  ほかにも気になる旧車がたくさんありました。金持ちそうな夫婦はVWカルマンギアの優美で盛大なデザインにため息を漏らし、700万円なんて安いわね!とか婦人の方が喰いついていましたね。そして『意識高い系』を感じさせるイケメン男子は、シトロエンの80年代ど真ん中な感じのGSにメロメロな様子。とにかくVWもシトロエンも旧車の存在感なら超一流ですね。

  さてさてディーノとエランこの2台の名作GTカーをじっくり鑑賞して、『デザインの原器』をガッツリと修正されてから見るロードスターRFと、アバルト124は・・・。たしかに名GTカー2台の圧倒的な説得力の前には、いくらか手数が足りていないのかな〜という物足りなさはあるけど。ディーノやエランを自分が所有した時に想像するカーライフにかなり近いところに連れていってくれるクルマではあると思いますね。後輪をチャカつかせながら、のどかな田園風景を走る。たまには海も、夜景も、星空も・・・。どちらも発売が楽しみですね。

リンク・最新投稿まとめブログ

リンク・フィアットディーノ動画

posted by cardrivegogo at 22:01| Comment(0) | ロードスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

乗っておく価値のあるクルマとは?・・・アクセラ改編について

  アクセラが大幅なラインナップの大改造に踏み切りました。まあ市場を考えると当然の『修正』ですね。『自ら招いた結果』とはいえ、某最大手メーカーが、同クラスのライバルモデルをアブノーマルなまでに進化させたよって押し出され、一気に日本での存在意義を疑われる立場に追いやられました。最大手メーカーをここまで本気にさせたのは、おそらくVWゴルフとマツダ・アクセラへのカーメディアによる過剰気味な讃辞・・・あとはその前後でそれなりにヒットを飛ばしたボルボV40とメルセデスAクラスにも。実際にトヨタは発売時期を2014年夏から2015年12月まで1年以上も先送りして作り直したという噂です。

  マツダは他社によるここまでの『大反撃』を予期していたのでしょうか!?実際に「もうプ◯ウスはオワコン」という空気が無い事もなかったですけども、蓋を開けてみれば、これまでの讃辞はなんだったの?ってくらいにCセグライバルを簡単に全部丸呑みしちゃうくらいの出来映えじゃん!! 国内メーカーの目立ったグローバルCセグと言えば、アクセラとモデル末期のインプレッサだけですから、オシリに火が付いたのはマツダですね(レクサス版プ◯ウスもあるけど)。グローバルで見れば、スバルはレガシィで稼いでいるので影響は軽微ですが、マツダの稼ぎ頭はまだまだアクセラ。現状では年産40万台で台数ベースではブランド全体の1/3に達します。日本だけでなく海外でもやられる可能性が・・・というかすでにオー◯スHVにやられてる。

  そして気がつけば日本仕様ではガソリンの2Lモデルが廃止されています。あれ?このグレードこそがアクセラの『イメージリーダー』だったんじゃないの?これにはちょっと呆気にとられました。おそらくもっと強力なユニット積んで復活してくれるとは思いますが、type-Rやらルノ=スポやら倶楽部スポーツやらで、盛り上がりを見せるFFターボの「チキンレース」に参戦する車両になりそうな予感しかしないです・・・。

  ここ数年の大胆なメディア露出によって、マツダのラインナップを一般ユーザーが広く知るところになりましたが、それに逆行するようにマツダから「乗っておかないと後悔する!!」って思わせてくれるモデルが少なくなってしまいました。あまり言いたくはないですけども、「コスト管理が最優先」というメーカーの事情(円高対策)ばかりがガンガンと伝わってきます。ほんの数年前まで販売されていた「RX8」と「MSアクセラ」は少々地味だった頃のマツダが作った不朽の名車ですけども、この両車に搭載された『レネシス』と『MZRターボ』ですけども、どちらもフォードがマツダの背中を押して(指示して)作らせた世界的なスポーティユニットでした。

  ただしこれはあまりにスパルタンなユニットなので、メンテナンスも大変なシロモノで、オーバーホールを要する完全にマニア向け・・・ポルシェの方がよっぽどメンテナンスフリーじゃないかという話です。そもそもこの頃もマツダはショートストロークに設定された『MZR』の2Lが熱すぎる!アテンザ、アクセラ、ロードスター、プレマシー、ビアンテどれもリアル・ユーザーにとっては宝物です。ホンダのK20やヤマハの2ZZ-GE(トヨタ車に搭載)といったハイパフォーマンス4気筒NAがまだまだ現役だったので、あまり注目はされなかったですけども、フィールの良さは全然負けてないです!

  マツダが世界に誇る『MZR』シリーズのポテンシャルを持ってすれば、あのポルシェやBMWだって沈黙させることができちゃいます。実際にこれを搭載したジャガーXEやマスタングは、BMWと完全にガチンコしていますし。ケータハム620R(最速のセブン)はブガティ・ヴェイロンに匹敵するパワーウエイトレシオを実現しています。信じられないかもしれないですが、マツダエンジン搭載の市販モデルがポルシェターボ並みの加速を実現しています。

  それだけの名機(スポーティという意味で)を作っておいてからの『スカイアクティブ(エンジン)』は・・・うーんあまりに保守的過ぎるかもしれないです。実用性に振った汎用ユニットとしてはもちろん評価できるのでしょうけども、その用途ならば、やはり他社の『フル-ハイブリッド』の前には無力(迫力不足)でしかないですねー。マツダ(人見さん)の主張によれば『スカイアクティブ』にハイブリッドを組み合わせれば最強!てことらしいですけども、過渡期にあったアクセラ2Lは、どうやらそんなジレンマ(マツダのブレとファンの見解)にハマってしまった・・・それでも2L&MTのアクセラは現行マツダラインナップではもっとも惜しまれるグレードでしたね。

  極論でもなんでもないですが、現実にロングストローク(低速トルクが太い)の2L4気筒ガソリン自然吸気ユニットは、もはや北米市場くらいしか居場所はないのかな? 日本や欧州で大人気のコンパクトカーは1L前後の自然吸気(70~90ps)で十分に間に合ってしまいます。日本メーカーのミニバンやSUVなどの重量車種向けのユニットとしては、2L自然吸気が『CVTの制御』に適しているという意味でまだまだ残っていますけど、それでももうかなりのレベルまでハイブリッドに置き換わって来ています。

そして欧州メーカーはというと、日本市場向けでは1.0~1.5Lターボ(3気筒)でミニバンやワゴンをガンガン走らせてます。そして北米大手メーカーもマリブとかフュージョンとかいったアテンザクラスのセダンを、2016年モデルから1.5Lターボ(3気筒)で売り始めました・・・。ガソリン2Lエンジンってターボやハイブリッドのベースエンジンとしては4気筒の理想的なサイズなので、ボルボ、BMW、メルセデスからポルシェに至るまで多用していますけど、自然吸気となるともはや「珍ユニット」?

  「今どき2LのNAロングストロークをATやMTで走らせるメーカーってさ(笑)」・・・とかいう囁き嗤いが聞こえて来そうですけども、「内燃機関の進化」を訴えたマツダですから、たった1人になろうともポリシーを貫いてほしいですね。何かチャンスがありそうな気がしますよ。ロータリーの実用化だってたった1人だったじゃないですか。マツダだけじゃなくて、スバルもFB20という2L自然吸気エンジンを数年前に開発して、運用開始したばかりですから、切瑳琢磨して・・・まあスバルの場合はCVTに命賭けてますから、その流れでの自然吸気を残しているという意味合いが強いですけど。

  マツダは欧州で主流のディーゼルを日本でも違和感無く使ってもらうために、振動と騒音対策を施すだけでなく、有り余る低速トルクを押えつつ高回転域で生きるユニットを作ったくらいですから、それでは燃費が良くて高回転でも気持ちよく回るとかいうロングストロークの「お化け」ユニットを作ってみよーか。


リンク・最新投稿まとめブログ

↓人見さんがマツダの崇高な理念を語っています!!!ついでにドイツ車がゴミな理由も・・・


posted by cardrivegogo at 20:44| Comment(0) | アクセラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする