2017年03月07日

某雑誌でマツダ車が「ステマ」絶賛されている件。

  「MOTOR FAN」によるマツダ車のゴリ押しが少々目に余るような気がしますね。復活第5号ではBMW5erのFMCに合わせて、Eセグ徹底比較という企画があり、5er、Eクラス、A6、XF、CTS、GS、クラウン、フーガ、レジェンドといった王道が勢ぞろいする中にアテンザが抜擢されました。「マツダのフラッグシップだから」というならば、「スバルのフラッグシップ」は呼ばれないのかな〜?500~700万円代の高級セダンが並ぶ中で、300~400万円のアテンザ何ですけども、そういったハンデキャップを感じさせないような「特別な」扱いを受けていたので、これを読んだ人はアテンザが欲しくなりますよ!!(他はややボンクラですし)

  5erもEクラスも「2ndクラス」ということで、メーカーの意向なのかすっかり高級感は抑えめですし、A6は顔だけでなくボンネットの丸みなども含めてA3と区別できないレベル。ジャガーXFにはこのブランドの「伝統」が全く感じられないし、CTSは新型プリウスの見本みたいなポリゴンスタイル。クラウンはどんなボデーカラーでも褪せて見える「もっさりデザイン」。まともなのはフーガ、レジェンド、アテンザ。・・・新型5erはなんかフェイスリフト前のGJアテンザに似てる。サイドウインドーがデカいのでちょっと古いセダンっぽさもあります。

  アテンザのレビュー担当は、マツダやBMWがご贔屓の大谷達也さん。というより海外試乗の5erだけ清水のオッサンが担当で、残りは全て大谷さん。BMWだけは清水さんが担当ですから・・・マツダへの圧倒的な好意をどうやっても隠しきれない。「アテンザXDはBMW320dに勝利!!」という歴史的な宣言をカーグラフィック誌上で行ったのが大谷さんでした。ちなみに清水のオッサンはマツダよりもピークが低く抑えられているBMWの2Lディーゼル(B47)を5400rpmまで綺麗に回る!!(マツダよりも)断然にいいエンジンだ!!と某動画でほざいた人です。・・・因縁の2人が1つのコーナーを作りあげるなんて!!

  さて清水さんの5er評ですが・・・失礼を承知で言うと、これじゃ「何もわからない」よ!!軽量化しましたー、お家芸の直6ツインスクロールターボ!!(BMWの本懐はM3/M4用のツインターボじゃ!?)、8速トルコンATの制御がうますぎ(多段式ATなら大抵は良いけど)、そして極め付けは日本に導入されることはおそらくないであろう530dのスペック表示。ディーゼル搭載でAWDで1695kgは確かに軽いです。これだけ軽ければ523iでももっと楽に動くのかな!?

  この人は読者のことを考えない専門用語を平気でレビューに放り込んでくることが多いですね。ネット使えばいくらでも調べられるのだから、別にそれほど読む側も苦労しないですけども、誰もが注目する!?BMWの花形モデルのレビューの締めに「勝負はHMIではなかろうか!?」なんて書きますかね〜・・・。ヒューマン・マシン・インターフェース。どうやらこのオッサンはECUとかデジタル処理される技術だけを指して使っているみたいですねー。色々なクルマに乗ってみてHMIが優れていると感じるのは・・・マツダなんですけどね。けどこのオッサンはマツダの良さはちっともわからないようですけど・・・。(揚げ足取ってしまった・・・)

  さて大谷さんのアテンザ・レビューですが、これもちょっと問題かも。アテンザの魅力を力強く伝えることには成功しているんですけど、なんだか少々強引な展開ではあります。誌面が足りないというのもあるでしょうけど。ざっくばらんに「名だたるEセグマシンに混ざっても動的質感で全く劣ってないよ!!」ととても威勢がいいのですが、いつもの大谷さんのレビューならここからコクピットでのフィールが伝わってくるような臨場感溢れる文体なのに、その得意技が発揮されません。ペダルの開度がどれくらいで・・・とか、ステアリングを切った時にヨー方向の無駄な動きが抑え込まれた〜・・・みたいなのが無かった。GJアテンザはエクステリアのタフさに似て、アシは確実に横方向にタフで剛性を感じる味付けです。それをハンドリングをやや重くしてより実感させる巧みな・・・・こういうのが本来の意味での「HMI」だと思うんですけど。

  とにかく読者には、アテンザのやや「誇張」されたスポーツ性能が伝わると思うのですが、こうなるとやはりパワートレーンのバリエーションがもっと欲しいですな。「アテンザいいかも!!」という輸入車愛好家がいたとしても、マツダ自慢の2.5L自然吸気エンジンのフィールの良さという論点は、もう輸入車の文脈ではとっくに「絶滅」してますからね・・・。GJアテンザセダンのボデーが暗示する「アメリカン・マッスル」でエクステリアとスペックを「まとめる」ならば、北米スポーツターボの最先端を行くような「2.5Lターボ・400ps」くらいのグロいチューンがあってもいいかも。「アテンザ・スポーツ」「アテンザ・スポーツS」みたいなドイツ的な流儀でもいいけどさ。

  この前発売されたばかりの「MOTOR FAN」第6号はスイフトのFMCに合わせて「コンパクト特集」でした。いや単なるコンパクトカーの羅列ではなくて、しっかり「予選」が行われていて、選抜された精鋭によるコンペです。スイフト、イグニス、デミオ・・・あとは全て輸入車。そして主役は完全にデミオ。「ニッポンのプレミアム・コンパクト」!!なんて太文字の見出しで書かれてます。マツダが自称したところで自作自演の後味の悪さしか残りませんが、輸入車を偏愛する雑誌が文句なしに絶賛するわけですから、「日本車でこれだけの扱いされるってことは、輸入車勢と比べても圧勝のレベルなんじゃ!?」なんて勝手に想像してくれるでしょう。

  MOTOR FANもデミオに色々配慮をしているようで、イメージカラーを赤にしてきたスイフトがデミオを並ぶシーンだけ青のスイフトが登場。スイフトはデミオに似せてきた印象があったのですが、並ぶと全然似てないことが判明。グリルに赤の一本線を入れる意匠だけはモロ被り。スイフトはどうもシートのデザインの具合がよくないですね。デミオのLパケもなんだか「付け刃」なインパネが中途半端で、遊び心のインパネを導入しているルーテシア、MINI、フィアット500の方が「勢い」を感じるかも。デミオはちょっとメルセデスのAクラスあたりを意識し過ぎたのかも。

  スイフトもコストカットが大好きなスズキとは思えないほどうまく「ごまかし」たインテリアになってますね、これはインドっぽくない!!マルチでもこの素材を使うのかな!? 露骨に古さと安っぽさを感じさせるのはプジョー208とポロですね(インド水準)。あとトゥインゴもやっぱり価格なりの設計です(インド水準)。インドに参戦していない、デミオ、ルーテシア、MINIが質感ではリード!?なんともシンプルなメーカー事情で、序列化されています。

  Eセグラグジュアリーに混ぜてもらえるようになったアテンザ。A/BセグをMINIと共にリードするデミオ。どちらも日米欧クオリティを求めるユーザーにとってはかなり信頼できるモデルではないかと思います(デミオはトヨタブランドで北米でも展開)。マツダもその辺をもっと上手に宣伝できたなら、北米に参戦すらできないアウディA3(1.4)とか、メルセデスAクラスとか、BMW2erアクティブツアラーといった「偽プレミアム」との徹底的な違いを示せるとは思うのですけどねー。


最新投稿まとめブログ

Motor Fan Vol.6 (モーターファン)

自動車誌MOOK MotorFan Vol.5
【関連する記事】
posted by cardrivegogo at 03:29| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

マツダの使命は・・・欧州ブランドにアイディアを提供すること!?

  「ロードスターRF」のエクステリアが発する何とも瑞々しい雰囲気の正体は何なのでしょうか!?ハードトップがちょっと窮屈そうにかぶさる寸詰まりなスタイルこれは・・・1989年の香り!? 「日産180SX」「ホンダ・インテグラ(ED6)」「日産フェアレディZ(32)」「トヨタ・セリカGT-Four」「ホンダCR-X・Sir」「NAロードスター」「トヨタMR2(SW20)」「ユーノス100」・・・たった1年でユーザーがモロ被りのガチンコ競合が8台も!!もちろん1989年ですから、「R32スカイラインGT-R」「セルシオ」「レガシィ・ツーリングワゴン」といった金字塔的な傑作モデルもこの年に発売されています。

  フェアレディZ以外のモデルはいずれも、車重1000~1100kg程度の軽量ボデーに130~180psのユニットのスポーツモデルですから、この2017年に奇跡的に程度の良い中古車両が残っていれば相当な価格が付くことでしょう。NAロードスター以外は、見るからにストイックな走りを連想するハードトップの小型クーペです。いやストイックに走ることしか「許されない」雰囲気すらあります。今どきのクルマでいえば「トヨタ86」「アウディTT」や「ポルシェ718ケイマン」。ルーフも開かないのに、のんびり走る「プロムナードカー」で収まっていいのか?いいわけない・・・。

  2012年に先駆けとして発売されたトヨタ86に続いて、2017年からは「1989年の再現」のように手軽でやたらとスポーティなマシンが買える時代がやってくる予感が日に日に高まっています。マツダがロードスターRFによりクーペ的な意味合いが強いタルガトップを採用したのも、そんな時代の風を感じていたからなのかなー? ホンダもシビックtypeRをいよいよカタログモデルとして復活させることが決まっているようですし、日産も日本市場向けにフェアレディZとは方向性が違う「走るクーペ」を投入してくるんだとか・・・。

  マツダはかつて「ユーノス」というブランドを企画して立ち上げたことがありました。1989年の当時はまだ小学生なので、その実体を探るには自動車図鑑で見て、ラインナップされているクルマの設計思想をあれこれ考えることしかできないんですけども、マツダの目指したビジョンは2017年の今でも伝わってくるんですよね・・・。そして今このブランドが日本にあったなら、クルマ文化はもっともっと豊かだったんじゃないかって思うんです。

  「欧州ブランドよりも熱く欧州市場にコミットしたブランド」・・・。呆れちゃうかもしれないですが、ユーノスは決して欧州ブランドの猿真似では無く、ロードスターを先頭に、欧州的なクルマの「あり方」を日本メーカーの分際で大胆にも示してしまおう!!というなかなかブットんだアイディアが根本にはあります。こればっかりは他の日本メーカーが挑んでも絶対に成功しなかったでしょう。しかしマツダはロードスターのたった一撃で完全に欧州市場をひっくり返してしまいました(信じられない)!!誰でも知っていることですが、BMW、メルセデス、ポルシェ、ルノー、オペルなどは挙ってマツダの「提案」を素直に受け入れるという展開に・・・。

  たまたまロードスターが当たっただけ・・・なのかもしれないですけど、翌年に発売されたユーノス・コスモはスカイラインGT-Rの前に霞んでイマイチの結果でしたが、このクルマもまたスゴい世界観持っていましたから、決して一発屋というわけではないと思いますし、やはり欧州全体をプロデュースできるくらいの能力が当時のマツダにはあったんじゃ!?もしバブルが崩壊することなく、あるいはマツダが意地でユーノスを存続させていたら・・・!?あるいは同じ1989年に生まれたレクサスのように北米市場で生き残る覚悟で臨んでいたら!? このブランドは・・・ジャガーXJ、フェラーリカリフォルニア、アストンマーティンDB11みたいなスケールのクルマを生み出していたかも!?

  NAロードスターが、ユーノスコスモが、アンフィニRX7FD3Sが・・・ロータリーエンジン搭載という魅力を差し引いても、素晴らしいスタイルの王道スポーツカーを平然と連発するMAZDA・・・。のちにフォードが欧州向けプレミアムブランドとして、アストンマーティン、ジャガー、ランドローバー、ボルボと並んでMAZDAを配置したのも頷けるような存在感が1990~2000年代には確実にあったと思います。2013年にはフォード組の同級生のアストン(ヴァンキッシュ)、ジャガー(Fタイプ)、マツダ(アテンザ)の3台が「世界デザインCOTY」の最終選考となり史上もっともハイレベルなデザイン対決と騒がれました!!

  ここから先はやや妄想も入りますけども、今の欧州の各ブランドは「何らか」の刺激を欲しているようなヌルさを感じます。欧州メーカーって失礼ですがやはりオリジナリティってものが無い・・・。日本勢、韓国勢、アメ車(TESLAとかさ)による「外部的刺激」が無いとどうもトヨタみたいにユルいクルマが出て来てしまう。そもそもBMWは最初から最新型まで100年間ことごとく他所ブランドを意識し過ぎてきた「屈折」した存在だし、メルセデスなんて・・・あのリー=アイアコッカの言葉を借りれば、世界ナンバー1の「ゲス」なブランド。アメリカ人はこのブランドが大嫌い!!とくにアイアコッカみたいなイタリア系だったりすると尚更みたいです。単なる感情論ではなくて、北米自動車産業の「至宝」を私利私欲でボロボロにした道義的責任は非常に重いし、そもそもこのメーカーは何も考えていない(実力が無い)・・・って。

  確かにSUV造りにせっせと励むようになったドイツブランドなんてさ・・・中国メーカーと何が違うの!?って気がします。いやむしろ中国メーカーの方がデザインのセンスなんか良いですし、VWみたいにその地域の実情を無視したような部品を使う「クズメーカー」は厳しい国内競争で淘汰されるだろうし、VWみたいに法令を無視してズルい装置を使ったりしたら世界一厳しい当局から鉄拳制裁が容赦なく飛ぶだろうし(VWだってメルケルが居なければ即刻国外追放!?)。日本もそろそろ三菱エンジンとアイシンATが使われた中国メーカー車を輸入してもいいんじゃないの!?中国が人件費が高騰してきても「世界の工場」として君臨している最大の理由は、なんといっても中国は日本並みにモノ造りが上手かった!!いう事実が世界に知られてきたからなので・・・。

  さてすっかり野暮な仕事が板に付いてきたドイツブランド(メルセデスの新作SUVに興奮する人なんているの!?)も、かつてのようにMAZDAからカウンター気味に「飛び蹴り」が一撃でも入れば、デザインからエンジニアリングからこれまでとはガラリと変わって、再び国際的な競争力を取り戻すんじゃねーの!?・・・そんな世界の自動車メーカーに「喝」を入れるというとても重要な役割をすっかり忘れて、アウディだかボルボだかがやっていたような、「現実主義」な3列シートのSUV(CX6は9月発売!?)を作ることに懸命になっているマツダ・・・これもなんだかなー。

最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 04:26| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

2017年のマツダを占う いよいよ「買い」のタームでは!?

  国内市場での苦戦が伝えられるマツダですが、新型モデルの注目度は相変わらずに非常に高いものがあります。「カッコいい」「しっかりしてる」「欠点が少ない」「気分良く乗れる」「運転に飽きない」などなど、マツダがブランドの重心を置く「中型車」を主に使うユーザーにとっても好まれる要素に関する「作り込み」という基準で評価するならば、「スカイアクティブ以前」⇒「スカイアクティブ第一世代」⇒「スカイアクティブ第二世代」へと時系列に沿って着実に進化していると思います。

  「スカイアクティブ以前」の世代には、スポーティに目立つハンドリングや操縦性の高さなど「飛び道具」があったりしたので、度々スカイアクティブ世代に対して「残念な気持ち」を吐露して来ました。しかしトヨタが86を発売してから、マツダのようなピーキーなハンドリングを愉しめるクルマはどんどん増えていますし、そんなクルマをマツダ車と同じくらいの価格帯で無理なく買う事だってできます。・・・時代は着実に変わって来ているんですねー。

  マツダの存在意義は薄くなった!?という意見も以前世代のオーナーからはしばしば聞かれましたし、私自身もそう感じていました。それでも「今」まさに死地で戦っているマツダを見て、そんな非情な考えを抱いたことをちょっと恥じている次第です。売り上げを伸ばしているトヨタやホンダのようにファミリーカー市場でコンサバな戦略を仕掛けるメーカーは、市場のニーズに冷徹なまでに合理的なクルマを作りますが、そこからは「日本が世界に誇る!!」といった類いのモデルはなかなか期待できません(C-HRはなんか胡散臭い)。北米では地の利(生産工場)を生かしてトヨタもホンダもドイツ車と真っ向勝負をしていますが、国内市場でメルセデスやBMWと争うのは「無駄骨」だと判断しているようです。

  そんな中でマツダが「日本車代表」みたいなクルマをせっせと仕立てて、(日本で)ドイツ車からシェアを奪う!!という快挙もボチボチあるようですが、せいぜい1000~2000台/月売れれば大ヒット!!というのが輸入車の相場ですから、アテンザ1000台/月、アクセラ4000台/月、デミオ8000台/月といった国産メーカーベースの目標値を達成するには、やはりトヨタやホンダからシェアを奪わなければなりません。以前のマツダならばトヨタ、ホンダの競合車の限界価格から割り出した低価格による戦略で生き残ってきましたが・・・それを止める!!と宣言したわけですから、イバラの道は続きます。

  「ロータリー50周年」の2017年は、とりあえずロードスターRFと新型CX5がマツダの切り札になるようです。真逆の性格を持つ2台ですけどそれぞれに購入者の気持ちをくすぐる気の利いた「マツダ・スペシャル」として完成度は高いと思います。とりあえずファミリータイプのクルマを選ぶならCX5をとりあえず候補に入れる人は多いでしょうし、じわじわと来ているスポーツカー・ブームにガマンが出来なくなった人が新車で購入するなら「RF」はなかなかポイント高いのではないでしょうか?

  フラッグシップとしてはちょっとずつ「減点要素」がある・・・とか言われちゃっている、なかなか煮え切らない現行アテンザも決して悪くないのですけども、新型CX5やRFの方が他社ユーザーへの「惹き」は強いような気がします。フラッグシップがやや霞むくらいにゴキゲンな2台ですが、普段は1人で乗る人にとっては、どっちを選んでもOKだとしたら、どちらにしようか!?困るってケースもあるかも。もういっそのこと2台まとめて買ってもいいんじゃないですか? おおよそ600万円程度で済むと思います(駐車スペース2台分ですけど!!)。メルセデスCクラスと軽自動車みたいな組み合わせよりは、価格も抑えられて愉しいカーライフが送れてよっぽどイケているんじゃないかとは思いますが・・・。

  マツダ車の魅力といえば「ロングツアラー」性能の高さ。50年間に渡って専用シャシーのスポーツカーを作り続けるなどポルシェと同等の歴史を誇りますし、トヨタや日産とともにもともとはフルサイズセダンを作っていたメーカーという実績もあって、先代以前からシートなどエキップメントの評価も高いです。これに関しては、おそらくセンティアやコスモの時代からのマツダの役員や退役した元重役が、シートに関してとてもウルサいんだと思います。この辺が群馬県のブランドとはもっとも大きく違うところじゃないかと思います。座った瞬間の「インプレッション」で勝負するなら、田原、上三川、狭山のジャパン高級ブランドとも同等ですね(個人的主観で恐縮です)。

  「ロングツアラー」の定義は難しいですけども、100km(2〜3時間)程度の距離を「自宅のソファー的な快適性」で過ごせるクルマでしょうか。シートの快適性はもちろん、インパネは高級オーディオみたいなインターフェースでまとめられていて、ウインドーに写る外界とは隔絶された静粛性(自宅に居る安心感)があって・・・といった条件を挙げていくと、マツダのラインナップでは1.5L(ガソリン)のアクセラと1.3Lのデミオは高速巡航では耳鳴りがしちゃうので、残念ながら失格です。ラインナップ全車が「ロングツアラー」適正良好!!となればマツダもいよいよ一皮むけるのになー・・。

  ダウンサイジングターボに対して否定的な姿勢で有名な、マツダのエンジンにおける狙いは、高速道路での100km/h巡航で1800rpm程度に抑えこむという高速ツアラーの「初歩」を実現することなはずです。日本車よりも直結(DCT)&ハイギアードが進化している欧州車ですが、ダウンサイジングターボの弊害として、車格に比してハイパワーの1.6Lターボを積んだ208GTiでさえも、100km/h巡航では2000rpmを大きく越えてしまいます。もしかしたら、スポーティなギア設定が裏目に出ている可能性もありますけどね。

  しかしデミオクラスの軽量級ボデーに1.6Lターボでもこのザマですから、それより大柄なボデーを持つ群馬系1.6Lターボ車や、メルセデスのA〜Cクラスの1.6Lターボ(A180/B180/C180)といったモデルでも、「高速道路が得意」なイメージを裏切って「ロングツアラー」性能は低いです。VWゴルフに2Lターボの「GTI」が設定される意義も、1985年以来ずっとアウトバーン対策なんですけども、ゴルフ7GTIは軽量化の悪影響からか、先代よりもハネやすくなっていて、段差などがほとんど無い新東名でも、なにやら床下から軋み音が(リアゲートからも!?)あって、あまり高速道路でオススメできるクルマじゃないですね〜・・・。CD値もあまり良くないですから。2Lターボを積んだCクラスやCLAといったメルセデス勢の方が優勢かも(ただし価格が・・・)。

  残念ながらブランドの全てのモデルではないですけども、マツダの大部分のクルマは、ふと気が向いた時に関越自動車道を終点まで走破して、新潟の旨い魚でも食べに行ってしまうような人に合っているのかなー。日本市場でクルマ売っているメーカーではおそらくナンバー1ですね。マツダを検討している人に最も伝えたいブランドの美点です。「ハンドリングのマツダ」はロードスターへ集約され、「高速ツアラーのマツダ」として魅力をどこまで高められるのか?月並みですけども2ドア車なんかもあっていいんじゃないかなー。


↓最近の欧州至上主義のライターはガソリンの良さがわからないみたいです。


最新投稿まとめブログ




posted by cardrivegogo at 00:13| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする