2017年09月02日

アクセラセダン1.5Lディーゼル追加で・・・

  CX3の2Lガソリンモデルの追加に続いて、アクセラセダンにも新たに『1.5Lディーゼル』(ATのみ)が登場しました。今更ながら『無かったんだっけー』って感じですけど、いざ追加されてみると、これがジャストなユーザーも結構多いんじゃないの!?って気もしますし、これは案外面白い存在なのかもしれない!?停滞気味のアクセラの新しい魅力が出てきそうな予感もあります。

  CX5、CX3、NDロードスターなどのモデルに話題を持って行かれてますが、マツダのラインナップの礎となっているアクセラは、そのサイズは小さ過ぎず・大き過ぎずで非常に汎用性に優れています。高速道路を安心して走れて、小回りも利くマツダ車を真面目に選ぶならば「アクセラ一択」なのかも。・・・『ジャストサイズ』で、しかも『エンジン』や『デザイン』といった有効なマテリアルを持つのになぜ販売がイマイチなのか!?営業が下手くそ!?

  3代目となった現行アクセラ(BM型)の発売は2013年でした。フランス車みたいな先代(BL系)のコミカルな風貌から、一転して端正でドイツ車みたいな造形になり注目を浴びましたが、主力エンジンは「フル・スカイアクティブ」となった自然吸気ガソリンの1.5Lと2.0L。飛び道具になる予定のディーゼルとHVはあまり売る気がなかったようです。「トヨタから提供されたユニットのマツダ車ってどんなジョークだよ!!」ってみんな思ったはず。残念ながらこの辺からケチが付いてしまったかも。

  最初からアメリカで売っている2.5L自然吸気の「アクセラGT」があれば・・・。1.5Lを手軽な価格で捌けばいい!!という見通しは、マツダの目指すブランドコンセプトに果たして合致していたのか!?苦しい台所事情を抱えたメーカーに、完成度の高いブランドイメージの構築なんてのは無理。現実的な価格設定のまま「デザイン」だけでクラスの頂点には立てる!?と思っていたでしょうけども、まさかの「余裕」のあるスバルにレヴォーグなる高価格帯のクルマをバカ売りされ、完全にアクセラは日陰に・・・。

  マツダの開発者としては、カーメディアもユーザーの含めて日本市場は「クルマがわかっていない!!」と強弁したいでしょうね。アクセラの最大の売りは、デミオやCX3とは全然違うシャシー性能です。2.2Lディーゼルを積んでもなお腰砕けにならない強靭なフットワークを理解できるカーメディアが存在しなかった!?・・・ただし一部のファンから見れば、アテンザと同等の設計になった新型シャシーの限界の高さは、間違いなく『マツダスピードアクセラ』への伏線である!!と予想してました。2.3Lターボ以来の新型ターボがアメリカで実用化された!!というニュースもあり、誰もが「ちょっと待てば出るだろう」と思ってましたが、早ければ2018年中にもFMCというアクセラのサイクルが発表され、次世代アクセラでHCCIの実用化とのこと。

  マツダが2012年以降に日本市場で主力エンジンとして考えていたものは、当初の予定からだいぶ違ったものになったのでは?「フルスカイアクティブG」として2.5L、2.0L、1.5L、1.3Lを次々と改変しましたが、売れたのはCX5に設定したディーゼル。アテンザもそのままディーゼル。そのままデミオやCX3にも1.5Lディーゼルを付けましたが、これは思ったほど売れず。ロードスター用に7500rpmの1.5Lユニットも作り、海外の大型SUV用に低速トルクに優れる2.5Lターボも作り、・・・・で次はHCCIとマイルドHV。なんかエンジンの種類と車種が同じくらいたくさんある!?・・・それなのに核となるユニットにはまだ巡りあえず。これは悩ましい限りですねー。

  ホンダのように「これからのVテックはターボだ!!」と宣言して、1.0L、1.5L、2.0Lの3タイプをはっきりキャラ分けして作る。あまりにも素っ気ない変わり身にびっくりしましたけども、やっぱり理にかなってるんだよなー。ジェイドやステップワゴンなどうまく行かないモデルも出ましたけども、とにかく「新しいホンダ」は表現できています。アクセラもインプレッサも先代と同じ排気量で代わり映えしないなー、けどシビックは久々の日本復帰というのもあってとにかく新しい・・・。

  アクセラスポーツよりもボデー剛性の高さや静粛性が期待できるアクセラセダン。マツダの実力を遺憾無く発揮できる最良のボデータイプに、もうマツダのすべてのエンジンをラインナップしたらどーでしょうか?現状では1.5Lガソリン、2.0Lハイブリッド、1.5Lディーゼル、2.2Lディーゼルがありますが、2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.5Lターボそれに1.5Lのロードスター用も。「走り」を心から愛するマツダファンにはアクセラセダンを!!くらいのメッセージがあってもいい気がします。Cセグってのはどれだけ『正義』になれるか!?ってのがマーケット的には大きいですし、「フォーカス」「アルファ147」「ゴルフ」「Aクラス」「プリウス」など歴代の成功モデルはどれも、時代を味方につけてクルマ好きに支持されるモデルばかり。

  とにかくエンジンはどれを選んでも満足度が非常に高い「最高のクルマ」を目指しているはずなのに、マーケティングやプロモーションがやや中途半端な気がするんですねー。プリウスを突き破るくらいのポテンシャルはあるのだけども・・・。高性能で欧州車よりもさらにしっとりしたシャシーに、欧州車よりもこだわり抜いたディーゼルユニット。この素晴らしさを伝えるにはある程度の時間がかかります。プリウスだって今の地位まで20年かかったわけだし。

  福島と茨城を結ぶ水郡線に乗る機会があったのですが、そこを走るキハE130系のコマツ製450psの直6ディーゼルの振動がフロアから足に伝わってくる感触はいいですねー。マツダのディーゼルのようにカラカラ音はかなり低減されていて知らない人が乗ったら電車と区別がつかないくらい。駅から発進してすぐに登りだといい感じのエクゾーストが楽しめます。車両中央にあるエンジンのすぐ上にある座席に座っているだけで、なんだかディーゼル車のアクセルを踏み込んでいる感覚になれます。3時間も乗っていると、ディーゼルエンジンもいいなーって気になってくる。

  発進時のシフトチェンジもクルマに似てます。2速で60km/h以上まで目一杯に引っ張る加速。ほぼ自動車と同じフィールが楽しめます。小さい頃に乗っていた八高線のキハ35系は、電車と比べていかにも細かい制御が難しそうなアバウトな加速をしていたように記憶しますが、当たり前ですが1960年代設計のディーゼルカーと比べればディーゼルユニットも、ミッションも大幅に進化しています。

  230万円ですから『アクセラセダン1.5Lガソリンターボ』のシビックに対抗するにはコスパは十分。マツダがCセグの頂点を狙って2013年に作り出した渾身のブランド基幹モデルのアクセラですから、総合的な性能でもシビックに負けていてはいけないですけどねー。そもそもゴルフだのV40だのが出てきてCセグの定義はめちゃくちゃになってしまっている!?そこにインプレッサが鳴り物入りで参入して思いっきりスベっている・・・。もうCセグはSUVだけあればよくない!?って声も。既存のアクセラユーザーはCX5に相当数流れてますし・・・。そんなネガティブな雰囲気を弾き飛ばすようなアクセラの新展開を見たい!!それができないならもうマツダは終わりじゃないですかー!!




最新投稿まとめブログ

↓コイツのリアランプには萌えた!!
posted by cardrivegogo at 00:28| Comment(0) | アクセラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

アクセラの存在意義!!



  マツダの最大の誤算・・・と言ってしまうと語弊があるかもしれないけど、気合入っていた割にはイマイチだったのが、従来の基幹3車種アテンザ、アクセラ、デミオでした。そしてそれを修正すべく次世代の活気的なユニットとして『スカイアクティブX』を先行発表!!ってことなんでしょうけども、うーん。新型シャシー投入で完全にずっこけたGJアテンザとBMアクセラは、もう1世代をこのまま同じ設計で展開しなければいけない状況を考えると・・・もはや不良債権化している!? そんなことはないよ!!って言いたいですけど、新しくHCCIエンジンが載るというメカ的な関心は、ほぼ全てのモデルへの恩恵ですから、今の売れ筋が変わって、これが理由でアクセラやアテンザの販売が好転するかどうかは極めて不透明です。

  スバルも似た異様な状況で、昨年に登場したインプレッサも世界最高を意図して作られたという新型プラットフォームの『SGP』を導入しましたが、まだまだプリウスの背中は遠いですねー。2017年6月の販売はXVを入れた統計で8480台。プリウスの半分にも及びません。アクセラはというと・・・1961台。これにCX5の2811台を含めても厳しい数字。トヨタ、スバル、マツダのCセグ対決は、プリウス、C-HR合わせて32264台のトヨタ、8480台のスバル、4772台のマツダという結果。まあクルマのマーケティングにおいては、『カーメディアの評価』とか『クルマ好き素人の評価』とかどーでもいい話で、結局は『プリウス』という新しいブランドを必死に作り上げたトヨタの完全勝利なんでしょうね。

  アクセラもまだまだオーリスに比べれば数倍よく売れてはいるんですけども、やはりプリウスに勝負を挑めるくらいに力が入っているクルマだと思うんですよ。しかし現実にはアクセラはマツダブランドで最も地味なモデルであり、プリウスはトヨタから完全に飛び出したかのような知名度を誇っています。かつて『ファミリア』というマツダよりも名の通った存在があったっけなー。やっぱりマツダはもっと個々のモデル名を轟かせなきゃダメじゃない? 「あのアクセラってどこのクルマ?」「マツダだよ」「へー!?マツダっていいクルマ作ってるんだね」・・・これくらいが(クルマの台数が出るには)ちょうどいいブランディングなのでは!?

  『マツダだからどれもいいクルマ』というコンセプトを浸透させたい!!って方針もわからないでもないですが、そんなことをやってるブランドはマツダ以外にはどこにもないんですよね。日本市場で好調なブランド(国産輸入の各トップ2)を見ても、トヨタ、ホンダ、メルセデス、BMWいずれも、ブランド内に色々な品質のクルマを散りばめています。むしろ意図的に『価格差』を意識させようとすらしてる。売れ方だってモデルによってマチマチです。プリウス、C-HRもあればオーリスもある。Nボックス、ヴェゼルもあればジェイドもある。結局は全体の2割程度の売れるモデルを徹底的に育てて全体の売り上げを底上げする必要があるんじゃないの!?

  マツダの場合は利益を出すクルマがCX5だけになってしまった!!確かにあのクルマはすごい。日本だけでなく世界でも大人気らしいし。SUV作らせたらマツダが一番上手かったなんて全然予想つかなかったよ!!っていうサプライズが、かなりの呼び水になったかなーと思います。「あれどこのSUVなの?・・・え?マツダ!?」。

  あまり言いたくはないけども、『アクセラ1.5L自然吸気』176万円〜という設定はどうだったのだろう!?先代の末期から教習車として全国にバラまいてしまったことで、このクルマの『指名買い』は完全に崩壊しています。おそらく相当なマツダ好きでも『アクセラはないな・・・』という意見では!? トヨタとの共同会見でも『クルマへの愛』という曖昧な表現を連発していましたが、ほとんどレンタカー稼働しか考えていないかのような、1.5Lエンジン&176万円という『投げやり』な設計を伺わせる設定・・・。

  内燃機関の禁止!!とかもうメチャクチャな状況ですから、どのメーカーも綱渡りの経営で、叩けばいくらでも埃が出てくるだろうし、実際にK沢さんとかS水K夫さんなどの評論家が、やたらめったら既存モデルにケチをつけた結果、誰も『無くても困らない』クルマに300万円とか使おうと考える人が少なくなったのは確かだと思う。もう面倒くせーから必要最低限のミニバン(ファミリーカー)とコンパクトカーだけあればいいって・・・。結局のところマツダもCX5、デミオと法人需要を狙ったアクセラでなんとか月10000台くらい。日産もセレナ&エクストレイル、ノートの3車種でブランドの月27000台の大半を稼いでいます。ホンダも似たような状況です。

  改めて『プリウス』『カローラ』ってスゲー。そして『インプレッサ』も頑張っている。この前までは『レヴォーグ』も売れてたし。それに比べて・・・全く負けていないはずの『アクセラ』はどーなのか!? 輸入車でも『ゴルフ』『CLA』は相変わらずに1000台以上はコンスタントに売れているし。『シビック』はどーなるかちょっと読めないけど、市場のトレンドに抗う力、これこそが今の自動車メーカーの実力を測るバロメーターなんじゃ無いの!?いかにファミリー&コンパクト『では無い』モデルをヒットさせられるかだと思うんです。

ファミリー&コンパクト『じゃ無い』ランキング(2017年上半期)
<Cセグ以上のハッチバック、セダン、ワゴン及びスポーツモデルが対象>
1、プリウス91,246
2、インプレッサ41,222(XV含む)
3、カローラ38,767
4、クラウン16,142
5、アクセラ14,829


最新投稿まとめブログ

↓この色が一番似合ってると思う。
posted by cardrivegogo at 18:45| Comment(0) | アクセラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

『マツダに嫉妬』した社長の複雑な事情。

「マツダとの提携で得た一番大きな果実は、「クルマを愛する仲間」を得たことです。そして、「マツダに負けたくない」というトヨタの「負け嫌い」に火をつけていただいたことだと思っています。本提携は、クルマを愛するもの同志が「もっといいクルマをつくる」ための提携であり、「未来のクルマを決してコモディティにはしたくない」という想いを形にしたものだということです」(トヨタ・豊田章男社長のコメント)

マツダとトヨタのより大規模で包括的な提携が発表されましたが・・・そもそもの中身は自動車好きが身を乗り出して大興奮するような話ではなさそうです。無機質なステートメントから見えてくるのは、
@トヨタ、マツダがカリフォルニア州などでの販売を継続するために義務付けられるEVの開発。 
Aアメリカ市場でのトヨタのやや弾力的な需要に応えるために、スバルの工場に続いてメキシコにあるマツダの北米拠点をトヨタブランド向けの生産ラインとして活用する。 ・・・ある程度は想定の範囲内でのことで、何ら新しいものではないです。この合意の本当の意義は、トランプ政権の初動を見極めつつ、今後の米国議会でのロビー活動において、トヨタがマツダのケツ持ちになりますよ!!といったところなのかも。

一部のカーメディアでは、「マツダの独自性が失われるのでは?」などと、やや過敏なまでの問題提起をしていますが、そもそもトヨタに取り込まれて独自性が失われたメーカーなんてあったの!? M&Aにあまり積極的ではないトヨタに対して、VW、ルノー、メルセデスそしてひと昔前のフォードやGMは、他国の経営難なメーカーを買い漁ってました。特に欧州中心主義を振りかざすVWやルノーはやりすぎとしか言いようがない虐待を加えて、スズキ、日産とそれぞれモメる羽目になりました。それに対してトヨタは自らが成長するためというよりも、業界全体の安定的な成長と発展を考えて、スバル、ダイハツ、ロータス、BMW、マツダ、スズキとの資本や技術の提携を進めてきました。果たしてこの6メーカーは独自性を失っているのか!?・・・1つだけやや怪しい?トヨタ路線の合理主義&燃費向上に励んでいるようですけど、他の5つのメーカーはまだまだ十分にキャラが立ってます。

マツダが経営合理化を測って、トヨタとシャシーを共通化したところで、それが自らの存在意義の否定であることは誰の目にも自明。そういうどーでもいい次元の話を永遠にこじらせるのがカーメディアさんのお仕事なんでしょうけども、ちょっと面白いのは・・・トヨタとの協業発表!!というタイミングに至って、何やら『マツダの独自性』とかいう神秘的なものの存在を肯定し始める。初代アテンザが世界で150以上ものCOTYを受賞した意味すらわかってないし、その事実を報道すらしないし、ちょっと違う局面になるとマツダの『吹けば飛びそう』な経営だと失笑しているのに・・・。

より前向きにトヨタとマツダの技術提携を評価するならば、マツダにとっては喉から手が出るほど欲しい『開発用リソース』を、あまり乗用車向けに振り分けなくても開発可能になることで、よりエンスー向けなモデルの開発へとリソースを回せるってことになるなーって思いますよね。でもマツダがNSXやGT-Rみたいな『メカ全開』のクルマを作る!!っていう想像は絶対に間違っていると思います。NSXは『飛行機』や『スーパーカー』を作るというホンダの筋道を構成する1台ですし、GT-Rもルノー日産グループを代表する『スーパーカー』への飛躍を意図して作られてます。あくまで『スーパーカー』というイディアを現実化する・・・という段取りのクルマづくりがされています。レクサスLFAなんかも全く同じ構図。

世界のマツダファンが求めているものは、そーではない!!マツダには存分に『変なクルマ』を作ってくれ!!って思っているんです。フェラーリ的な何か!?あるいはポルシェ911的な何か!?を作ることは、どんな無能なメーカーにだってできる!!(決してレクサス、メルセデス、BMWとは言ってませんよ!!) 新興国にだってそんなメーカーは腐るほどあるし、中国やアメリカでモーターショーが開かれれば、フェラーリやポルシェの『そっくりさん』があちこちに登場します。もはやそんなブランドに存在価値なんてないって!!(決してレクサス、メルセデス、BMWとは言ってませんよ!!)

世界に不足しているのは『山師』。かつて『初代MPV』、『5代目ファミリア』、『ユーノス・ロードスター』などを掘り当てて、日本を軽く飛び越えて、創業100年とかの歴史を誇る欧州ブランドにまで多大な影響を与えた、『バカ全開』なモデルを本当に作ってしまうメーカーが足りないんじゃないの!? ちょっとマツダに苦言を呈すると、CX8みたいにそこらじゅうでモロ被りするような地味なクルマに期待しちゃいかんのです。すっかり地味になったアクセラのエクステリアに、個性的かつ機能的な大掛かりなパーツでも付けてみてよ。ガルウイングとかさ。

豊田章男社長が「マツダに嫉妬する」と表現したものは・・・。C-HRとカムリの件でしょうか。マツダのシェアを露骨に取りに行ってしまいましたけど、バックアップするから心配しないでね!!世界にその名を轟かす巨大企業のトップともなれば、同業他社からもしっかりと尊敬される行動をしなければならない。トヨタだけが儲かればいい!!という時代でもない。トヨタの独占によってマツダ、三菱、スズキが次々と消滅する可能性は結構高い。トヨタだけが生き残ったところで自動車産業は終わり。倒産した日本メーカーの残骸をどっかの国の資本が買いあさってしまえば、トヨタ単独ではもうどうにもならない。中国リーグの連合軍を名古屋グランパス(J2)で迎え撃つみたいなもの・・・。

絶妙なパワーバランスの中で生きながらえることがちょっと保証されたマツダ。果たしてこのチャンスで『最後にひと花』咲かせてくれるのかな!? マツダの奇跡は得てしてこういう時に起こる!!初代アテンザ、初代CX5と同じ状況になってきたかな・・・!? 魅惑のFRサルーンでも作るのか!?




最新投稿まとめブログ

ラベル:マツダ トヨタ
posted by cardrivegogo at 21:37| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする