2018年01月30日

MAZDAはアルファードとSクラスを潰せ!!


世界がMAZDAに求めるサイズとは!?

  CX8が発売されて、なんだかアテンザが小さく見えるこの頃です。アテンザはやっぱり大きすぎない方がいい。車高を1390mm程度まで下げて、全長は4780mmくらいがベストなんじゃないかと。そしてそろそろマツダも、デミオ、アクセラ、アテンザの3段階には「無理がある」ことに気がつきつつあるといいな。マツダの最良のお手本として注目していることは明らかなホンダと同じラインナップで、シビック、アコード、レジェンドくらいの車格の配置で、アクセラ、アテンザ、新型フラッグシップセダンを作る算段になっているかもしれません。

MAZDAなら「日本のメルセデス」になれる!?

  「マツダがフルサイズセダンを作っても誰も買わない」と言われるかもしれません。年産100万台を超えるクラスのブランドでは、メルセデス、レクサスの2つくらいしかまともには売れないです。BMW、ホンダ、日産でもうまく行かないのに、MAZDAが参入するのは無謀過ぎる。しかしメルセデス、レクサスの勝ち組と、BMW、ホンダ、日産の負け組(あくまでフルサイズセダンの話)を何が分けているのか!?を考えると、案外にMAZDAが本気で参入すれば勝ち目があるんじゃないか!?という気がしないでもないです。あくまで主観ですが、MAZDAの歴代の高級モデルデザインには、研ぎ澄まされた『品格』が見受けられるからです。

世界一のクルマを作るメーカー

  関係者には失礼な話ですが、MAZDA&勝ち組と負け組とを分ける大きな違いは、ラグジュアリーという基準において世界の頂点を見据えたモデルをかつて作っていたか!?だと思います。メルセデスSクラスと、初代レクサスLS(トヨタ・セルシオ)に匹敵する豪華モデルとして、ルーチェ・レガートやユーノスコスモが販売されました。あまりに浮世離れしていて広く流通することはなかったですけども、MAZDAというメーカーは業界の慣習に囚われないデザインが魅力でした。バブル後の業績悪化でフォードが管理する時代がしばらく続き、その大胆さは長らく封じられていましたが、独立系メーカーとして歩み始めてから、しばらくのリハビリ期間を経て、いよいよ先日の東京MSでは完全に「世界の頂点」を射程に入れたコンセプトカーを出して来ました。

すでにMAZDAデザイナーの脳裏にはイメージはある

  何を作っても心無いオッサンたちは「輸入ブランドのパクリ」だとディスってくる。もういっそのこと雑魚は相手にしないで超絶デザインをやっちまえばいい。あまりにも眩しすぎてドイツ車好きの小物の視界には入らないデザインにしてしまえ!!っていうマツダデザイナーの自棄っぱちな感情が、荒々しいほどに表現されたスゲー・・・デザインになってしまったようです。同じフロアに並んだレクサスLSもBMW8シリーズが、まるでガキのお絵かきにしか見えないくらいにマツダの2台は凄かった。中国メーカーに絶対に真似させない!!という将来的な意思もあったでしょうけども、これは凄すぎる。メルセデスもレクサスもSクラスやLSのデザインをMAZDAに委託した方がいいんじゃない!?




MAZDAが輝くのはいつも「頂点」を狙うとき

  希望的憶測などではなくて、これまでの実績から客観的に判断しても100万台越えのブランドで、ベントレーやマセラティに匹敵するラグジュアリーなセダンやクーペが作れるのは、メルセデス、レクサス、MAZDAだけだと思うのです。他に100万台をクリアしているメーカーといえば、GM(シボレー)、フォード、VW、ルノー、日産、クライスラー、フィアット、プジョー、シトロエン、ホンダ、スズキ、BMW、ヒュンダイ、キア、スバル、三菱、ダイハツといった面々ですが、まあどのブランドもあまり高級車においては「変革」を感じないです。メルセデスを倒そうとBMWなどは考えているはずですが、結局は無難なSUVで勝負しようとしている。

ポーズではなく本気になれるメーカー

  どのメーカーも「過当競争」は避けたいようで、販売台数の急激な成長は最初から意図していない様子。各市場で分け合っているシェアを守りつつも、リスクを避けてグループ共通の設計を使い回して新型モデルを作成し、既存の市場に投入して数%のシェア拡大をねじ込む。そんな『省エネ戦略』ばかりが目立ちます。その中で割と攻勢が目立つのが、やはりメルセデスとレクサス(トヨタ)。この両者が本気でラグジュアリーなモデルを作れば、どの市場も勝手に応えてくれるはず!!そんな自信に満ち溢れている様子。それに対して、ジャガー&ランドローバー、アルファロメオ、ボルボなどは新型モデルを投入こそすれど、販売面ではまるで自信がないようで、まだまだ500万台超えで世界3位の日本市場に対しても、とにかく供給体制が甘い・・・売る気あるの?

メルセデスとレクサス(トヨタ)のコアを破壊せよ!!

  メルセデスとレクサス(トヨタ)に『殴りかかる』ブランドだけがこれからのプレミアム市場で生き残る資格がある!?簡単に当たって砕けてしまってはダメですけども、やはり圧倒的に強いジャンルを持つこの2強の大本命の「本丸」を撃ち抜いてこそ「本物」の自動車メーカーと呼ばれるべき。昨年から販売好調が伝えられる7シリーズや新型パナメーラは、王者Sクラス相手に善戦しています。さあMAZDAもここに本気をぶつける時が来たのでは!?

「絶対無理!!」をひっくり返すからMAZDAは面白い

  昨年末に発売されて大反響なCX8も、アルファードの牙城を切り崩す可能性が出て来ました。ここに勝負を仕掛ける勇気が素晴らしい。200万円台で収まる『3列のCX5』くらいに逃げずに、正々堂々と400万円台のガチンコを挑む!!この勝負の帰趨によっては、国内市場が予想外に再編されると思うのです。トヨタとMAZDAの頂上決戦が苛烈を極めて、ラグジュアリー3列の市場が拡大するようなことがあれば、エルグランドやオデッセイにも火が付くのでは!?プジョー5008はほぼ同じ価格帯なのに蚊帳の外・・・。これも時代の流れですね。

エンジンさえあれば・・・

  MAZDAにはせっかく世界を驚かすことに成功した「ビジョン・クーペコンセプト」を早く実車化した方がいい。SクラスとLSを完全に撃ち抜くためにMAZDAが本気を出しました!!となれば、日本でも欧州でもアメリカでも中国でも買ってくれるんじゃないかな!?・・・あ、大事なことを忘れていたが、MAZDAには高級車用のユニットが無い。SPCCIの6気筒ユニットとか極秘に開発していればいいのだけど。MAZDAが特許を取得したと報じられている「トリプルチャージャー」を使って480psくらいのユニットに仕上げるのかな!?まあメルセデスもレクサスもユニットはロクでも無いから、マツダが本気で開発すれば軽く圧勝できるはず。そういえばメルセデスを真似てMAZDAも直6化するという報道もあったっけ・・・。





最新投稿まとめブログ

↓2台の超絶コンセプトカーのデザイナー登場!!予想通りちょっとイってる・・・。
posted by cardrivegogo at 01:12| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

MAZDAブランディングの将来が決まる2018年になりそうだ・・・





CX8は新しい金脈か!?
  CX8が発売から1ヶ月で12000台受注したらしいです。やっぱり日本のユーザーはこの手のクルマ(ゴージャスなファミリーカー)が好きなんですね。アルファードやオデッセイに対抗する300万円オーバーの価格帯は、潜在ユーザーは多いにも関わらず、勝負してくる車種が少なすぎたのかもしれないです。ミニバンのユーザー(ファミリーカーユーザー)だからクルマにお金をかけないということは決してなく、むしろ「走り」にこだわるユーザーよりもお金をたくさん払ってくれる人は多いはず。家族全員で移動する際には圧倒的にコスパがいいですし、ステータスや居住性でメリットがわかりやすければ、利用価値が高いファミリーカーだからこそ、お金が用意できる部分もあるでしょう。

高級ピープルムーバーはこれからのトレンド!?

  実際のところ相応の価値があれば400万でも500万でも出す人は結構多いのかも。高級ピープルムーバーに関してはトヨタの圧倒的な強さが目立っていて、日産もホンダもアルファードの前に完全に及び腰でした。アルファードを倒す!!という気迫がエルグランドやオデッセイ(現行)からはあまり感じないです。もちろんどちらもいいクルマなんですけども、ミニバンユーザーが求めるポイントからはややズレているのかも!?

『高級』には独自のスタイルが必須

  アルファードが高級ミニバンにおいてはあまりにも定番になってしまい、認知度が高くなってしまったので、同じスライドドアのフルサイズであるエルグランドやオデッセイ(現行)は「ちょっと違う!?」「亜種!?」みたいな受け取られ方をしちゃいます。高級ミニバンならトヨタでしょ!!という通念は、爆発的に売れた先代アルファードによって日本社会に植え付けられました。日本には二種類のミニバンしかない!!アルファード(ヴェルファイア)とそれ以外の二種類!!ってくらいにトヨタの戦略は冴え渡りました。

魂動デザインの終着点はCX8だった!?

  そんな3列ファミリーカー市場にマツダが『CX8』で殴り込みをかけたわけですが、エルグランドやオデッセイと違って、スタイリングから『ミニバンではない』と判断できるSUVルックなのが非常に大きいですね。さらにドイツブランドやレクサスで買えば600万円かそれ以上くらいする内容のものが350〜400万円くらいで手に入るのも魅力的です。プレミアムブランドがたっぷり利幅を入れて600万円で売るようなクルマを、正常な利益率を割り振った350万円で売れば、人気が出てそこそこ台数は稼げるだろう!!って戦略はとても現実的ですし、実際に日産やホンダが全くのお手上げだったアルファードの市場に今最も接近しつつあります。



マツダ車が安全なのはみんなわかってるって!!
  マツダは2018年にはフルモデルチェンジや新車種投入はない予定なので、CX8でなんとか1年間売り上げを維持しなければなりません。そんな状況なのでかなりの焦りがあるのかもしれないですが、新春始まって間もないタイミングで、あのK沢さんが得意の『ぶっ込み記事』を炸裂させました。内容はいたって刺激的で「3列シート車の3列目は、ボルボとマツダ以外は危険ですよ」とはっきり書いちゃった!!国内専売モデルが多いスライドドアの3列シート、いわゆる『ミニバン』っていうジャンルは全部3列シートが追突に弱いみたいです。確かに衝突安全基準なんて全く気にせずに家族のクルマを選ぶ非イケメンな人が多いから、ト○タ、メル○デス、B◯Wといった衝突『ヘタレ』ブランドがよく売れるんでしょうね。

あまりいい感じがしないのは私だけ!?
  マツダが『K沢ミサイル』を裏で依頼したかはわかりませんが、マツダにとっては苦しい台所事情となりそうな2018年の初頭という最も望ましいタイミングで『援護射撃』が行われました。もしこの還暦ライターが「たまたま」ボルボXC90やマツダCX8の3列目の安全性が高いことを普段から気に留めていたというなら、とても素晴らしい見識だと思いますけども、あまりに目の付け所が奇抜だなーって気もします。何より裏を返せばそのまま、ボルボとマツダ以外の3列シート車を買うヤツはバカ!!ってことに他ならないです。

MAZDAはHONDAのようにCOOLであるべき
  日本人はあまり安全という認識を持っていないようですが、北米や欧州のクラッシュテストで圧倒的な数字を残してきたのがホンダ。けれども日本ではス○ルとかいうメーカーが、必死の安全性アピールを続けてきた結果でしょうか、「ス○ルはドイツ車に匹敵するくらいすごいけど、ホンダやトヨタはダメ」とか私のブログに平気でコメントしてくる人もいらっしゃいます(もちろん容赦なく現実を教えますけど)。マツダもホンダと並んで北米&欧州で非常に優秀なスコアを挙げています。

群馬と同じ土俵はいやだー
  IIHSから失格の烙印が押されていて、JNCAPからは逃げ回っているメル○デス、○MW、ア○ディとは違って、ス○ルは徐々に目立ったスコアを出すようにはなってきました。しかし「安全」アピールをするようなメーカーってダメだと思うんですよ。ホンダのように特に何も主張しないけど、スコアは完璧。これこそが一流メーカーのあるべき姿だと思うのです。なんだか最近のマツダはス○ルみたいな方法を採り始めつつあるような懸念が・・・。

身も蓋もない話ですが・・・
  K沢さんと絡んでもあんまりいいこと無いと思います。マツダのガソリンエンジンの良さがわからない音痴ってのもありますけど、とにかくこの人が指摘するポイントはマツダにとってあまり親和性が高いと感じないです。K沢さんは今回やたらとアメリカのクラッシュテストの優秀性を強調していますが、そこで世界最高の地位にあるはずのホンダ車を語る文脈では一切それを使わない・・・さすがは「プロの物書き」です。マツダはこの手の輩とは距離を置いて欲しいなー

最新投稿まとめブログ

ラベル:マツダCX8
posted by cardrivegogo at 22:54| Comment(4) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

「東洋のジャガー」の意味を知っていますか!?

 

マツダデザインの深淵を知る

  「マツダファンブックNO.5」が届いた。マツダが東京MSで世界を震撼させた超絶コンセプトカーを発表したことを受けて、歴代マツダデザインの中で特にショーモデルを中心とした特集が組まれていて、これがここ数年いろいろなカーメディアで増えた様々なマツダ特集が出てますけども、群を抜くくらいに秀逸でした。1960年代からマツダが発表してきたレアなモデルを時系列に沿って紹介しています。

バブル期の日本メーカーはカオス

  特に日本車が熱かった1980年代のマツダ車はスケールがデカイ。これに比べれば「魁コンセプト」や「ビジョンクーペクンセプト」くらいでガタガタ大騒ぎするものでもない!? マツダだったらこれくらいの秀麗なショーモデルは「平常運転」で作れちゃう!?ってことがよくわかります。そしてなぜ欧州でマツダが「東洋のジャガー」と呼ばれるのか!?の意味も・・・。

このデザインは凄い!!

  その中でも一番衝撃を受けたのが『MX-03』という、2シーターのスーパースポーツです。これ「初代NSX」かと思いましたよ。デビュー当初のNSXはリトラクタブルヘッドライトですけども、それが廃止された後期のNSXにそっくりです。しかも初代NSXのデザインの最大の美点とも言えるリアデザインは、ほぼそのまま!!ホンダの幹部が「フェラーリは博物館へ」と言い放った、性能でもデザインでもフェラーリのV8ミッドシップを叩きのめした初代NSXは、マツダデザインから生まれたのか・・・。



ホンダが作ったにしてはうまくできてるよな・・・

  これは・・・言いがかりとかのレベルではなく、もうそのままですよ。当時の日本車なんてスカイラインとマーク2がそっくりすぎてまるで見分けがつかないくらいでも、誰も異議を唱えない時代ですから・・・、いやいや似てるのは日本車だけじゃない!!輸入車だってそこらじゅうが似た者どうしで、BMWは三菱やホンダをパクるし、アストンマーティンはトヨタをパクるし、まあ今では考えられないことが当たり前に起きていたのが20世紀です。日本メーカー同士が似ていても特に何も珍しいことではなく、ましてや片方は市販車でもなく、話題にもならなかったんでしょうね。それがスーパースポーツであったとしても・・・。

バブル期から日本人のメンタリティに変化なし!?

  デザインはどこも同じだったからこそ、クルマ選びはストイックなまでにスペック勝負だったのかもしれません。今ではデザイン抜きでどうやってライバルと違いを作るなんてなかなか難しいですけども、30年前はデザインは同じ!!それが当たり前だったからこそ、作る側も選ぶ側も「走り」に対する感性が今よりもずっと豊かだったのかもしれません。当時の状況を書籍などで垣間見ることができますが、例えば下野康史さんの「カルトカーがぜったい!」を読むと、

『NSXの中の一節・・・デビューから4年がすぎて、NSXの評価は国内外ですでに定着した感がある。面白いことに、海外では概して絶賛なのに、肝心の日本では必ずしもそうではない。曰く、これだけの高級スポーツカーでありながら、外国車のようなアジがない。曰く、フェラーリを仮想敵にしたにしては、刺激や官能性に欠けて面白くない。』

・・・とあります。まあこの評論はシニカルで、クルマの評価ではなく、日本人の国民性の評価であって、このあと20年以上にわたって同じことを繰り返しているという意味でも慧眼。後から出てくるGT-Rも二代目NSXにもそのまま当てはまる優秀なレビューです。ホンダは「走り」も「デザイン」もフェラーリに完勝した!!元々328GTに勝つために作ったと言っていて、世界もホンダの「判定勝ち」を認めた!!しかしその「デザイン」の部分は・・・実はマツダが作ったコンセプトカーだったってこと。



マツダは市販化する勇気を持たなかった・・・

前と後ろはそっくりですが、サイドから見るとキャビンが長いのでまるで別物ですね。NSXはここからの眺めも素晴らし買った。マツダはこのMX-03をユーノスコスモというソアラに対抗したハイスペッククーペに帰着させますが、おそらくMX-03に大きなヒントを得たホンダは、より世界にアピールできる市販車デザインへと昇華させました。オールアルミボデーゆえに造形の精度に優れていたという事情もあったようですけど、ユーノスコスモよりも圧倒的に非日常なスタイルを獲得しました。



FD3Sは英国人が選ぶ20世紀の日本車のベストデザインらしい。

マツダも1991年に負けじと「RX7FD3S」を作り、デザイン面で欧州車を圧倒したバブル期の一連の日本のスペシャルティカーの中でも代表的なモデルになりました。スープラ(80系)、三菱GTOなど突き抜けたデザインが多かったし、マセラティやアストンマーティンは日本車デザインをナゾるだけのグランドツアラーブランドでしかなかったし、1998年アウディが全てを突き破るまでドイツ車も地味なモデルばかり・・・。

「東洋のジャガー」ではなく「西洋のマツダ」だったのでは!?

その中でも世界に大きなインパクトを残したNSXとRX7FD3Sの二台は、マツダの意欲的なデザインから生まれた!!と断定しても良さそうだ!!今ではメルセデスやアウディから中国メーカーまでデザイン時代を謳歌していますけども、1980年代に革新的であったのは、マツダそして英国のジャガー。ちなみにMX-03は・・・ジャガーが作ったスーパーカーとして知られるXJ220にも似ている。このクルマの企画が始まったのはMX-03が発表された翌年のことだそうだ。実はマツダはすでに本家を超えていたのかもしれない。



最新投稿まとめブログ


posted by cardrivegogo at 02:58| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする