2013年10月10日

アテンザのMCでHV追加以外に期待したいことは・・・

  まだ未発表ですが、アクセラセダンの2Lハイブリッドは、自分のようなサンデードライバーにとっては、総合的に高得点なクルマとして生まれ変わりました。久々に”ライフスタイル”をあれこれ連想させるような、素晴らしいクルマが登場しました。軽く20km/Lオーバーの燃費を駆使すれば1000km無給油で走れます! 昼夜問わずにプライベートなシチュエーションに使えそうな洗練されたデザインも素晴らしい! これで”官能的”な加速感まで備わっていたなら・・・ちょっと期待しすぎか。

  アクセラはハッチバックがこれまで一般的でしたが、新型はセダンのスタイルが白眉です。従来もクラストップクラスの大型ボディでしたが、さらにワイド&ローとなって、Cセグセダンがなかなか逃れられない「寸詰まり感」をかなり軽減して・・・、いやとうとう限界を超えたと言ってもいいでしょう。

  セダン同士を比較すれば、もはやアテンザより優っているのではないかとすら思います。アクセラセダンの均整のとれたボディに対し、アテンザは中国版アクセラ「ロングホイールバージョン」といった風情に見えてしまいます。やはりどう見ても不自然なんですよね、アテンザのサイドラインの広大さは・・・。そもそもは新型アテンザのサイズがなぜあれほど大きくなる必要があったのか?それに関するマツダの発するコメントに「詭弁」が含まれているのではないか!と私は思っています。

  マツダの主査はアテンザのデザインについて「デザイン上の必要で無理矢理にボディを大きくすることを認めてもらった」と語っていますが、この発言の裏にはある秘密が隠されているように思うのです。マツダは先代アテンザに関しては先輩に当たるホンダ・アコードの「北米・欧州2サイズ設計」を取り入れていて、ボディを北米サイズに拡大して、V6の3.7Lエンジンを載せるという、当初のアテンザのコンセプトを完全に無視したクルマを現地生産(フォードOEM)で発売していました。

  そして新型アテンザはデザインによる要請で拡大したのではなく、北米・中国市場のトレンドを十分に汲み取った上で、従来の欧州日本サイズを廃止して、北米サイズへ一本化しました(これもアコードの真似か?)。よって日本導入モデルに関しては車幅とホイールベースを大幅に拡大することが「大前提」として決まっていたのだと思います。デザイン云々というのは、後付けもいいくらいの「方便」に過ぎない理由でしかありません。新型アテンザのデザインが決して悪いとは思わないのですが、あのサイズにデザインから要請される「必然性」があるとは多くの人は感じないと思います。

  あくまで個人的な意見ですが、もしあのサイズにデザイン的な「必然性」が仮にあるとするならば、あの素っ気ないリアデザインがまったく理解できません。ジャガーXJやキャデラックCTSのような後ろから一目で解るくらいの特徴があるテールランプや造形が付いているならば、サイドのデザイン(ショルダーライン)を強調して、特別なフレーム感のあるスペシャルなデザインとして完成していたとは思いますが・・・。

  さてここまで辛辣にアテンザのデザインに注文を付けましたが、なんだかんだ言ってもこのデザインは好きです。先日ディーラーに行くと明るい店内に赤のセダンが置かれていました。オイル交換の待ち時間でじっくりと眺めましたが、先代のデザインと最も変わっているのは、サイドパネルの立体感だなと改めて思いました。特に赤によって3D感が強まり、実際にはそれほどでもない部分がダイナミックな曲線に見えます。塗装によって素材の質感まで変わって(良くなって)いる気がします。

  来年?に予定されるMCで今の全体的に整った表情に、もっと我の強さを出した個性が加わると、さらに良いなと個人的には思います。そして北米では登場が噂されていますが、アテンザクーペを日本でもぜひ売ってほしいと思います。ルーフを下げて、ホイールベースを詰めて、ハンドリング性能を向上させた! これだけでも十分にクルマの価値は上がるはずです。FFセダンをクーペボディでハンドリングマシンに仕立てあげる手法は、マツダがおそらくお手本にしているホンダの北米アコードでも行われていて、セダンから一新されたセクシーなクーペボディは人気を博しています。

  アテンザ・ワゴンと同じか、もしくはさらに全長を4730mmくらいまで縮めたスペシャリティクーペは北米ではほぼ確実に発売されるでしょう。新型アテンザが大型化で失った「ハンドリング」を取り返す大きなチャンスだと思います。実際に登場したら日本市場で正規で発売されないなら、オーストラリア向けの右ハンドルを並行輸入してでも手にいれたいなと思います!おそらく売れるので、日本でも売って!



アコードクーペ動画・・・カッコイイですよね




posted by cardrivegogo at 05:12| Comment(0) | GJアテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

やっと一般の新型アテンザに遭遇!

  東京都の西部に住んでいますが、ディーラー前に飾ってあるのではなく、一般の人が運転してる新型アテンザセダンの白にやっと遭遇しました。交差点に突入したところ対向車線の右折待ちの先頭がそれだったです。突然現れて意表を付かれたので「なんだあのクルマは?」という一瞬の興奮の直後、「お!新型だ!しかもセダンだ!」と気づきました。いつも同型アテンザ(2代目)に遭遇すると、興味本位でどんな人が乗っているか見ちゃうのですが(たいてい相手も見てきますね)、こちらの好奇心溢れる視線を知ってか知らずか、40~50歳くらいの痩せ形の男性はこちらにはまったく無関心でした・・・。新型アテンザのユーザーはそもそも2代目アテンザがどんなのだかよく解ってないのかもしれません。完全なるこちらの片思いだったようです。それでも私は2代目ユーザーですが、初代アテンザにもちゃんと敬意を払っていますし、メーカー保証が切れて大胆に改造しているクルマもあるので、とても興味があります。あまり好きでないワゴンタイプにもとても親近感を感じるのですが・・・。
  3代目アテンザは嫌いというわけではないのですが、個人的にいくつか問題点があると思っています。発売を前倒しにした影響からか車体後部のデザインが未成熟な気がします。大径ホイールを履いているせいなのか、後輪のフェンダー周りがとてもショボく感じます。2代目アテンザのデザインはリア(グラマラスな後輪フェンダー)とサイド(リアのフォルムが4ドアクーペ的なサイドシルエットにつながる)が肝だったりするので、そういう視点で見た時に、3代目のリアフェンダーがスリム(ぺったんこ)な点が「妥協」に見えてしまいます。リアランプのデザインもトヨタやヒュンダイとの類似性を指摘されたりして個性に欠けるので、せっかくのデザインがもったいないなと思います。今後、クーペやMSPを発売するタイミングでのリアデザインの変更もしくは、早急にリア部分のエアロパーツのオプション発売をしてくれないと買い替える気が起きません。
タグ:アテンザ
posted by cardrivegogo at 06:07| Comment(0) | GJアテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

新型アテンザはプロモ不足?

  
  絶賛の新型アテンザのバックオーダーが約5000台、一方デザイン変更がかなり物議を醸している新型クラウンのバックオーダーは約15000台。元々のブランド価値から考えればアテンザ右矢印2でクラウン下矢印2な気がします。
  トヨタにしてみたら、代わりにレクサスが売れるだけだからいいのかも。クラウンユーザーがマツダのアテンザやスズキのキザシに乗り変えることはないでしょうし・・・。マツダのディーラーの人も言っていましたが、新型アテンザの試乗に来るのはBMWやジャガー、audiといった輸入車ユーザーばかりだとか。新型の国産車が輸入車からシェアを取り返しているのは素晴らしいことです。逆にクラウンユーザーはちゃんとレクサスへ行ってるのか?ちょっと気になります。レクサスより割安感がある輸入プレミアムモデルも増えているので、レクサスへ完全移行とはいかないと思われます。「クラウン⇒輸入プレミアム」と「輸入プレミアム→アテンザ」で輸入車右矢印2ってことになりそう・・・。でもまあ実際はそんな単純な話ではなく、「新型アテンザはちょっと大きいから、次はメルセデスの新型Aクラスにしよう」とか「BMW3に乗ってるけど、新型クラウンのデザインのほうが個性的でいいかも」といった逆の動きもあるのかも。
  新型アテンザは新機能をたくさん盛り込んでしまったせいか、「2013年版 間違えだらけのクルマ選び」でその機能の説明がずらずら書かれていますが文脈に埋もれてしまっています。「ちょっと高い」って評価はおかしいくらいなんですが、そのバリュー価値が正しく伝わっていないような気が・・・。150万円のVWのup!のほうが充実の安全装備と思っている人もいるのでは!?せっかく標準装備した「アイサイト」と「横滑り防止」と「サイドエアバッグ」をup!も同様に備えていて同時期の発売というのはタイミングが良くなかったかも。トヨタの2.5LでFRのマークXより価格が高くなってしまったのもキツいですね。もっともマークXはG'sのエアロパーツop(80万くらい)が魅力でこれ付けた状態がノーマルのアテンザだと考えれば、アテンザのほうがお買い得なんですけど。
  新型アテンザのプロモーションには意外なライバル(VWのup!)やマークX他を全て上回るバリューなんだということをハッキリ判らせる必要があると思います。相手はどちらも年間800万台以上作る巨大メーカーですから、その辺はとても巧みです。up!のプロモーションをみてもかなり手強いです。トヨタには国内最強の販売網があり、そのディーラーが一斉に「マークXの方がお買い得」と言ってきます。カッコイイ&ディーゼルでもそれなりに売れると思いますが、せっかくの「歴史的名車」(by山内MAZDA社長)なのだからCMやパンフレット(豪華だけど訴求性が・・・)を含めもっとプロモーションをもっとどうにか出来るのでは?と思ってとてももどかしい気分です。


posted by cardrivegogo at 06:00| Comment(0) | GJアテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
一週間後の世界が気になりませんか? bet.japan

約130万サイトが利用しているA8.net >br/>
一般人ライター募集中

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!
カラーミーショップ