2017年10月19日

アテンザベースのスーパーカーが登場!?

  ボルボのEV専門ブランドとして立ち上がった「ポールスター」が早くもプロトモデルを発表したらしいです。EV専門ブランドと報道されていましたが、どうやらPHVのようです。全く新しい設計なのかと思いましたが、なんと基本設計はS60のものらしいです。そーいえば4年前(2013年)の東京モーターショーにスバルのクーペのコンセプトモデルが出てましたが、いよいよ市販されるみたいですね。4年前にすでに原型ができていたのだから、やはり旧型シャシーを使い続けるS60がベースになるようです。



  S60のシャシーといえば、元々はマツダのカペラ/アテンザに使われていたものの改良版です。ボルボと欧州フォードがかなり手を加えているようですが、いよいよGG/GHアテンザ世代待望のクーペ(2ドアモデル)が登場することになりそうです。気になる価格はまだ全然発表もされていませんが、ハイブリッドによる最大出力が608psらしいので、軽くレクサスLCを超える金額になっちゃうのかなー。

  レーシングチームの名前を冠するポールスターですから、10年落ちのV35GT-Rくらいは軽く上回るパフォーマンスモデルにはなるのか!?GG/GHアテンザベースのクルマがGT-Rに挑むという構図がマツダ好きにとっては感慨深い。こうなるとマツダにも同様のハイスペックモデルを期待したいところですけども、どうでしょうか!? 自動車メーカーが、新たにスペシャルティカーを作るには何かしらの「トリガー」が必要だとは思いますねー。RX7がポルシェ924への対抗意識で、シルビアがホンダ・プレリュードを叩き潰すために生まれたように。

  マツダがハイスペックなクーペを作る理由があるとしたら、ユーノスコスモのリベンジでしょうか。3ローターエンジンで、トヨタや日産に肩を並べる国産最高級レベルの2ドアクーペ。同時期に登場した初代NSXが国産フェラーリならば、ユーノスコスモは国産アストンマーティンくらいの風格はあったわけで・・・。二代目NSXが今もなおフェラーリをキャッチアップしているのだから、二代目ユーノスコスモを作るならば、アストンマーティンDB11みたいなクルマになるのかな。

  ユーノスコスモを作った後に、マツダはV12搭載のラグジュアリーセダン「アマティ」を計画していたそうですが、もしそれが実現していたならば、ユーノスコスモの後継モデルにはV12エンジンが搭載されていたでしょうし、フォード傘下でアストンマーティンと同じグループだったのだから、ちょっと飛躍しすぎかもしれないですが、もしかしたらマツダ設計のアストンマーティンが生まれていたかもしれません。

  素人の意見で恐縮ですけども、これからの自動車メーカーの戦略は、高級セダン、高級SUV、セカンドカー、スポーツカーの4車種を揃えるべきかと。今や日本よりも国民一人あたりの所得が多い国は40くらいありますから、確実に日本より世界は潤っているわけです、日本人の中の平凡な財力しか持たない自分でもやっぱりクルマは「可能な限り」機能的かつ官能的であるべきだと思いますからねー。勝手なことを言うと、新車を買うならば!?もう選ぶ基準がこの4車種に絞られてしまうんじゃないかと思うんですよ。「高級車なんていらねぇ!!」ってのは日本社会が「ドイツ車=高級車」とマジで考えていた遠い昔の時代の話なのかも。確かに当時の北米の衝突安全基準でカスみたいなスコアしか出せないセダンに800万円も払えるか!!は正論ですけど(今のドイツ車は!?)

  それが2010年代に入ってポルシェ、ボルボ、ジャガーランドローバー、トヨタ、マツダなど、クルマの作り方を大きく変えてくるメーカーが目立つようになり、クルマにお金をかけることに一定の意味が生まれてきたと感じています。プリウス買うなら最上級グレードが納得の装備がついてきてとても割安ですし、アテンザだってなんだかんだ言ってもLパケが最もコスパがいいはず。コスパ時代の高級車は非常によくできているなーと感心させられることが多い(ドイツ車は別だけど)。新発売のボルボXC60も600万円〜ですけども、もう世界中で勝つ気マンマンですね。スペックを見ても、もうドイツ車も日本車も怖くない!!とでも言い出しそうな自信満々のフル装備。当然のごとく4輪DWBにエアサスまで組むようです。まあ高級SUVといったらエアサスに大きな価値があるんだろうけど。

  ボルボは、セダン(S90)、SUV(XC90/60)、セカンドカー(V40)に加えてスポーツカー(ポールスター1)が揃う見込みです。マツダもセダン(アテンザ)、SUV(CX8)、セカンドカー(CX3)、スポーツカー(ロードスターRF)というラインナップですが、セダンとスポーツカーがインパクトはやや弱いかも。ポルシェは、セダン(パナメーラ)、SUV(カイエン)、セカンドカー(718ケイマン)、スポーツカー(911)。ジャガーはセダン(XJ)、SUV(Fペース)、セカンドカー(XE)、スポーツカー(Fタイプ)。・・・この調子でレクサス、マセラティ、アルファロメオ、アストンマーティン、テスラ、ジェネシスもこの流れに追従するでしょう。

  日本、ドイツ、アメリカの大手・老舗メーカーだけが可能だったラインナップが、マツダなどの中堅から、小規模プレミアムへと広がっていき、OECD諸国で顧客の囲い込み合戦を繰り広げることになりそう。日本でも表参道の薄ら寒い通り沿いにずらりとディーラーが並んで、この4車種の販売合戦が繰り広げられたら面白いかも。電動化されたセカンドカー(リーフ?)のオーナーになれば、他の3タイプがカーシェアリングできる!!みたいなBMWi3の販売戦略が定番化するか!?

  勝手に想像で書いてますけども、この流れはかなり実現性が高いと思います。マツダもわざわざCX8を日本むけに仕立てました。トヨタに付け入る隙があると思ってるんですね。あるいはすでに4車種を揃えているメルセデス、BMW、アウディにも十分互すことができると思っているのかもしれません。

  次なるセカンドカー候補としてSPCCIのアクセラの開発に力を入れてくると思いますが、発売予定の2019年には新しいロータリースポーツが生まれるという噂も。さらに前年の2018年には4代目アテンザが登場します。2.5Lターボのチューンナップ版をハイブリッド化したユニットが搭載されるのか!?ディーゼル、ロータリー、ターボハイブリッド、SPCCIと4車種全てが違うエンジンってのもマツダらしくていいんじゃないですかー。ボルボに負けないスゲー!!クルマを期待したいです。



最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 00:32| Comment(0) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ボルボ と BMW が すげー進化してるぞ!!

  2000年代のマツダとアテンザが世界に大きく飛翔した原動力は、MRZエンジンと4輪DWBだと断定します!!これが「アテンザ党」の総意!!ちょっと厳しいことを言いますけど、GJアテンザは『邪道』です。コストを優先してアクセラのデカイ版に成り下がったアテンザなんてーのは。中国市場で売るために『胴長』に設計変更されたアテンザなんてーのは。もう完全に黒歴史!!もちろんいい部分もありますけど、初代/二代目のユーザーを完全に裏切った。三代目/四代目はおそらく買わないです。

  マツダは停滞していても、世界はどんどん突き進むわけで、ホンダ(レジェンド)とプジョー(508GT)以外は世界から姿を消していたFFベースの4輪DWBがボルボに復活しました。当初は最上級クラス(S90/V90/XC90)のみの投入だと思ってましたが、いよいよCX5と同じサイズのミドルクラスSUVである新型XC60にも同じ4輪DWBが投入されることが判明しました。スウェーデン政府と中国資本が手を組んだバックアップ体制になってからのボルボの勢いが凄いですね。

 アテンザのかつての兄弟車であった、新型S60/V60もこのシャシーになるようです。フロントDWBのスッキリとしたハンドリングは、初代/2代目アテンザの最大の武器でした。トップギアジャパンの最新号ではマツダ車が褒められてますが、デミオやアクセラの先代モデルは欧州で売れてこそいますが、エンスー的な要素が薄かったと書かれてます。あの頃のマツダは、ただただアテンザの操作性やフィールの良さが、ブランド内の他のモデルとは全く別の次元にありました。

  スカイアクティブ時代になり、日本と欧州でゴルフを超える『アクセラ』を売ろうとしたマツダの意図はやや空回りしました(まさかのSUVブーム)。ゴルフを意識した結果、アクセラの質が上がり、アテンザの質が下がり、ブランド内でサイズが違うだけの同質のモデルになっちゃいました。そこがアテンザは残念なんだよなー。

  ボルボは先日新しいブランドを設立することを発表しました。その名も『ポールスター』。今後はボルボとは別のEV専門ブランドとして独自の市場開拓を行うらしいです。マツダがこれから進もうとしているEV分野ですが、まさかボルボに先に行かれるとは・・・。ほんの7~8年前にはマツダはボルボの買収を真剣に検討していたそうですが、なんだか立場が入れ替わって、今度はマツダがボルボに買収されそうな感じです。

  マツダに限った話ではないですが、どうも最近の日本メーカーの動きが鈍いですね(他ブランドの動向を見てる!?)。北米でも中国でも蓋を開けてみると、日本メーカーのシェアは堅調に推移していますから、あとはどれだけ営業益を大きく見せようか!?というバランスシート的な判断が役員の頭に浮かんでくるのは仕方ないのかもしれません。70年代80年代の異常なまでの日本メーカーの強さは、とにかく『世界一』を掲げたがるメーカーが切磋琢磨していたからだったのになー(消えていったブランドもあるけど)

  マツダも何度となく煮え湯を飲まされましたけども、本田宗一郎というカリスマの哲学が完遂されていたホンダが見せた、国内の最後発4輪メーカーが、世界のホンダへと脱皮した「最速の進化」は、現状の日本メーカーの役員人事システムの中では起こり得ないことなのかもしれません。

  マツダの静粛性が高いディーゼルはあっという間に、メルセデス、BMW,
PSAによって追いつかれてしまいました(マツダに優位性があまりない)。ホンダや日産が誇ったHVセダンの最新システムも、『アクティブハイブリッド』シリーズから大きく進化したBMWの『PHEV』シリーズによって、あっさりと追い越されてしまった印象です。100km/h超えてもEVモードで走り続ける330eには驚きましたよ。

  アテンザも2019年頃にはこのシステムに変わるのかもしれませんが、あと2年もあるのかー。2019年にマイルドHV、2021年にPHEVの導入は表明されましたが、このPHEVも100km/h超えてEV走行するのかな!?しかしマツダが頑張って投資して、さらに噂通りに、5代目アテンザからFRシャシーになったとしても、330eが600万円ですでに居座ってますから、高級車として売るには市場環境はかなりギスギスしてます・・・。

  BMWの『PHEV』に先行され、ボルボの『ポールスター』戦略にも遅れをとるならば、マツダが策定する次世代戦略が目指すフィールドは、予定よりもだいぶ様相が変わってくるのではないでしょうか。先行者がいないブルーオーシャンに世界で最初にたどり着くのが日本の自動車メーカーのこれまでの歴史だったのですが、ブルーだと思ってたどり着いたらそこはマツダの大好きな『レッド』(流血)なオーシャンだった(笑)。

  しかしマツダにはEVの『レンジエクステンダー』として優秀な発動機が着々と用意されています。しかも『ロータリー』と『ガソリン圧着』という世界でも実用例がほとんどない異次元な2本立てだそうです。これは相当な初期不良を覚悟しなければダメか!?・・・まあファンは暖かく歓迎して多少のことは我慢するだけですね。ベースの発動機はこの2本だとすると、え!?スカイアクティブのレシプロは早くも店じまいするのか!?それともベースモデルエンジンとして残すのか!?

  『ロータリー』はとにかくスポーツカーの駆動用として導入してくれるはず(これは信じるしかない!)。あとはBMWやボルボが自社で作れない優秀なミッションを仕立てて、高性能なシャシーと、さらに進化したGベクタリングコントロールで、NSXのような旋回性能を向上させるトラクションシステムが完成したならば、いよいよマツダも東洋のジャガーから『東洋のポルシェ』へと昇華できそうですけどねー。

↓これ結構よくできてる!!F30系固有の欠点は解消されていないみたいだけど、それを補ってあまりあるインパクト!


最新投稿まとめブログ
ラベル:ボルボ BMW
posted by cardrivegogo at 04:22| Comment(0) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

GHアテンザ兄弟の最期の大物か?ボルボS60ポールスター

  最近に限ったことではないですが自動車メディアはなにかと「キナ臭い」です。ドライバー誌は3ヶ月連続で表紙にマツダ車を起用するという暴挙に出ました。ロードスター、デミオ、CX3とどれも話題のモデルなので「当然」と見る向きもありますが、どうやらこれはこの雑誌がマツダの広告戦略に完全に取込まれたと考えるのが自然です。こんなこと書くと怒られちゃうかもしれないですが、最近のマツダはなんだか「チャラい」です。やたらとスケールのデカそうなこと言ってますが、出てくるクルマの見てるとどうも小粒というか小者感が漂ってます。そして大変失礼ですが「最近のマツダは好感が持てる!」などとステレオタイプに言ってる人をネットでよく見かけますが、絶対にクルマ音痴です(もしくはそれ以前のマツダを知らない)。

  マツダの何が変わったか?一番大きな違いといえばクルマそのものでは無く、ここ2年くらいはやたらとメディア露出が増えたことじゃないですかね。「スカイアクティブ・シャシー」なんていうオブラートに包んだネーミングで、全てが刷新されたかのような印象を与えていますけど、最近の「ニューモデルマガジンX」の覆面座談会で絶賛されてる輸入車の多くが、ハイスペックで知られる旧式のマツダシャシーを使っていたりするわけです。たとえば「フォード・フォーカス」だったり「ボルボV40」だったり「レンジローバー・イヴォーグ」だったり・・・。そして今月号でもまた★5つをゲットしたクルマが「ボルボS60ポールスター」でした。

  マツダが高コスト過ぎるといって投げ出したシャシーですから、そのポテンシャルは非常に高いことは確かです。「ボルボS60ポールスター」は800万円もする高額モデルですから・・・まあその全貌はよくわかりませんが、横置きながらも3L直列6気筒を積んでいる段階ですでにアテンザとはだいぶ意味合いの違うクルマになるようです。近年のマツダはいわゆる「改造乗用車」の市販には後ろ向きな姿勢が目立ちます。シャシーのポテンシャルは高いけども、特段にハイスペックなユニットを使ったりはせずに、「プレーン」な状態で素材を楽しんでくださいというスタンスです。デミオ(Mazda2)のクラスではやはりスポーティなグレードが欧州での拡販を考えると今後は必要になってくるはずなので、それなりにサプライズなモデルはあるかもしれないですが・・・。

  どっかの雑誌に書いてありましたが、マツダは以前ボルボを買収しようと動いていた時期があったそうです。フォード連合が解体したここ数年での話だと思いますが、未曾有の円高に悩まされた当時のマツダの立場を考えると大きな案件が通る雰囲気でもなかったようです。さて俄に利益を出してきた最近のマツダは再びボルボ買収か?という局面を迎えつつあるようですが、ネックになるのはボルボが最近になって実用化した新しい中型車用のエンジン「Drive-E」でしょうか。マツダのスカイアクティブと方向性が被るもので、2Lターボ245psを搾り出しつつ、BMWに倣ったように8ATの恩恵を得て13km/L以上のモード燃費を出すようです。

  マツダとボルボの共闘がもし実現すれば、枢軸グループによる「完全支配」へと突き進む自動車産業に危機感を募らせている自動車ジャーナリストや自動車好きにとっては、とりあえずは朗報だと思います。日産とメルセデスあるいはトヨタとBMWの関係を考えても、高性能車で今後勝負して行く為には「パートナー」が必要な時代なのかもしれません。しかし日産とメルセデスのコラボを見ていると、これによって得をするのはもっぱらメーカー側じゃないか?という疑念も湧いてきます。スカイラインが高級になり、Cクラスがスポーティになり、どちらも「マイルド」な方向へ引きずられていくコンセプトには「新しさ」がどうも希薄です。

  異論があるかもしれないですが、ボルボもマツダも過激なスポーツモデルを避けていて、単独で「マイルド」路線を突き進んでいるとも言えます。この「S60ポールスター」にしても、BMW M3/M4のような方向性を求めつつ低速域でも乗り心地が良いと専らの評判です。BMWのL7シャシー(1~4シリーズ用)よりも基本性能が高いからこそ出来る芸当なのだそうですよ!ニューモデルマガジンX様によると。(マツダとは表記されていませんが)この素晴らしいシャシーに強固にマウントされたダンパーがミラクルな乗り味を作っているのだそうで・・・マジか。さらにトヨタ系列のアイシンAWの6ATがとってもいい味出してるんだとか。できればこれにランエボのトルクベクタリングのAWDシステムが供給されれば最強なのに!とまで仰ってます。

  これだけの芸当がボルボと協力チューナーの「ポールスター」に出来るのならば、開発&自製が大好きなマツダにとっても格好の活躍の場所だと思うんですよね。フルタイムAWDのパイオニアで、ミッションを作らせれば欧州のスポーツメーカー(ケータハムなど)が喜んで採用するような素晴らしいものが出来ちゃうのが「部品メーカー」としてのマツダです。日本を代表するスーパースポーツカー評論家の沢村さんがマツダの内製ミッションはドイツ車搭載のものを軽く超えている!と絶賛していたほどです。このボルボのスペシャルなクルマをマツダが分析して面白い限定車でも作ってくれないですかね? マツダの開発者がこのニューモデルマガジンXを読んでどう思うのか?「MSアテンザを作ろう!」と決意するのか?それとも「くだらないステマだな・・」と吐き捨てるのか・・・。


リンク
最新投稿まとめブログ

↓デミオが★4つで、S60ポールスターが★5つです。GJアテンザは★3つでした・・・。

posted by cardrivegogo at 15:49| Comment(5) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

ボルボS60がいよいよ侵攻開始?

  マツダはグローバルで相当の宣伝費を使って攻勢を掛けているようです。自動車なんていくら良くても、いままで聞いたことがないようなブランドのクルマをすぐに買う気には普通はならないですから、来年にはロードスターを含めた「鉄壁の鼓動ラインナップ」が揃うマツダとしては、より広い地域で知名度を上げておきたいのは当然の戦略ですね。その宣伝費がきっちり「配賦」されたアテンザやアクセラの価格設定なのかと思うとちょっと複雑な気分ですが・・・。
 
  それでも日本でいくらお買い得だからといってプロトン(マレーシア)のクルマに乗りたいという人は少ないですし、ヒュンダイが日本に再上陸したところで、いくら宣伝費をかけてもしばらくは結果が出せないはずです。やはりそう考えるとコツコツと地道に広告費をかけてブランディングをしていかなければいけないわけですが、プロトンやヒュンダイの日本市場での立ち位置は悲惨ですが、マツダはグローバルでも一定の基盤がありますので、広告費の掛け方次第では、比較的短期間で躍進することも可能だと思われます。マツダは既にドイツ、豪州、米国、中国、ロシアといった各地域で一定のシェアは得ていますが、豪州を除くといずれも2番手グループ(シェア第10位くらい)に甘んじています。2014年の1年でどこまで立場が変わるのか見ものです。

  現実にグローバルではマツダの2倍以上の販売を誇る”グランデ” スズキですら、米国からフェードアウトを余儀なくされました(GMの嫌がらせ?)。見方によってはマツダは「独立系メーカー」としてはメルセデスやBMWと肩を並べる存在なったと言っていいかもしれません。懸念としてはマツダが期待をかける米国の雲行きが怪しいことです。

  米国市場ではスバルや日産が好調にシェアを伸ばしていて、既存勢力のトヨタとホンダも堅調ですから、「日本車のシェアが高すぎる」といった声が上がるのも時間の問題です。現状では米国で全くやる気のないVWと不調続きのヒュンダイのシェアを日本勢がかすめ取っている状況ですが、GM、フォードの米国資本2大グループの勢いが止まってしまったら、あの「プリウス事件」のような不可解なことがまた頻発するかもしれません。

  マツダとしてはやや出遅れたという思いがあるようですが、豊富な資金力を武器に日本市場の扉をこじ開けて前進するボルボのように、主要市場でじわりじわりとシェアが伸びてきました。それにしても涙ぐましい努力を続けているのがボルボ。おそらく日本市場では他の輸入車ブランドをかなり上回る規模の宣伝費を1台当たりに使っていると思われるのですが、増税前の絶好機とはいえメルセデスと並ぶ昨年比160%オーバーは立派です!

  さてかつてのマツダの盟友ボルボは強敵ひしめくCセグの中で、V40をゴリ押ししましたが、今年はDセグのセダン・SUVの2本立てでさらなる躍進を狙っています。スバルはレガシィを北米サイズでセダン・SUVの2本とし、ワゴンを日本サイズの「レヴォーグ」としましたが、ボルボはその間隙を付くように日本サイズのセダン・SUV(ちょっと大きいけど絶妙)の売り込みを開始しました。

  メディアを巻き込む力も「2年目」ともなると威力抜群で、見ていて”違和感”を感じるほどの「ボルボS60T5」「ボルボXC60T5」が大絶賛の大合唱が始まりました!かいつまんで紹介すると「Drive-Eという新エンジンはトヨタ・ホンダ並みの燃費性能とBMWに比肩する楽しさが共存!」とか・・・。これは「ほんまかいな?」と思う反面「とりあえず乗ってみたい」と思いますね。いまどきのジャーナリストが大絶賛するエンジンをボルボがいきなり自製したっていうのもなんだか「キナ臭い」ですが・・・。

  フタを開けてみると、フォードのエンジンと決別して、いよいよ日本で愛されるブランドになる為にトヨタ系部品メーカーにボルボが擦り寄った結果出来たらしいです。なんと素晴らしい戦略!デンソーが全面的に強力したエンジンにアイシンの八速ATが付いてます!ってこれまたとても巧妙な、そしてマツダが得意とする「メイド・イン・ジャパン」ステマじゃないですか! マツダはボルボに倣って広告戦略。ボルボもマツダからいろいろヒントを得ているみたいですね(ディーゼルのD4ってのもあります!)。どちらも中型車を盛り上げるブランドとして大活躍を期待したいです。

  
リンク
「2014ボルボS60T5の動画」
「最新投稿まとめブログ」




posted by cardrivegogo at 12:16| Comment(2) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

アテンザの兄弟車

 ボルボS60のCMを去年の後半からよく見かけるようになりました。そのスタイルが2代目アテンザにどことなく似ていていつも気になってしまいます。アテンザから乗り換える事態になったら、デザインへの愛着があるのでこのS60もいいなと思います。元々ボルボもMAZDAも同じフォードグループの一員だったので、グループ内のミドルクラスセダンで車台の統一が行われていました。初代アテンザと初代ボルボS60が車台が共通でしたが、デザインはだいぶ違う感じです。2代目アテンザと2代目ボルボS60は「従兄弟車」という関係になりますが、「隔世遺伝」というべきか!?

  アテンザの兄弟車には、さらにジャガー「X-type」とフォード「モンデオ」があります。ジャガー「X-type」は2001年に発売されたジャガーのエントリーモデルで400万円〜の価格設定が当時としては衝撃的なほど安かったです。初代アテンザはこのフォードのプラットフォームを使い、さらに日本市場のライバル(マークX・アコード)戦えるように前輪サスをダブルウィッシュボーンにして売っているのでヒットして当たり前です。また初代アテンザが世界中で売れたのはMAZDAだけの力ではなくて元「フォードブランド」の力もあったと思います。

  フォードのモンデオは日本でも発売され日本向けの装備変更費用(約30万円)がアテンザに上乗せされたくらいの価格でした。フォードの魅力は世界でほぼ均一の価格で同じモデルを売る「ワン・フォード主義」です。むやみに日本価格が高くないですね。新型のフォード・モンデオは、去年発表されましたが新型アテンザにどことなくデザインが似ています。アメリカ進出を目指すアテンザがすでに徹底マークされていて、ブランドが浸透する余裕なく新型モンデオが投入されそうですね。アメリカは日本製造のクルマには冷たいので、アメリカ生産をやめたアテンザにとって北米シェア拡大はなかなか厳しいものかもしれません。




最新投稿まとめブログ
ラベル:ボルボS60
posted by cardrivegogo at 15:52| Comment(0) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする