2017年01月17日

沢村慎太朗さんが最新刊でマツダの今は亡きショートストロークMZRを絶賛!!しかし・・・

  今では日本で販売されている高級車のほとんどは4気筒エンジンになってしまいました。トヨタや日産の高級モデルといったらひと昔前ならば6気筒が定番だったわけですが、いまではクラウンもスカイラインも2L直4ターボ(通称「チャイニーズ・ターボ」)が販売の主流になってきました。とりあえず2Lターボを積んでおけば中国市場でよく売れる!!という安易な流れはグローバル車のスカイラインはともかく、香港でも販売が始まったクラウンにまで広がっています。

  マツダがフォードグループの一員として開発を担当した名機「MZR」をベースにした直4ターボはまだまだ世界で現役です。ボア×ストロークが87.5×83.1mmに設定されたこのショートストロークのエンジンも、GHアテンザ後期から直噴化され、フォードが仕様するバージョンでは当然の如くターボ化されたユニットがフォードの2.0Lエコブーストとして世界中のブランドで採用されました。高回転化が容易なショートストロークなので、悪名高い「チャイニーズ・ターボ」化されてもキレのあるレスポンスが愉しめるエンジンとしてプレミアムブランドのセダンやSUVから果てはピュアスポーツカーにまで広く使われています。ちなみ旧世代のマツダ車でこのエンジンを搭載したモデルは、アテンザ(GG、GHともに)、アクセラ、プレマシー、ビアンテ、ロードスター(NC)の5台でいずれも自然吸気エンジンです。

  現在日本に正規導入されているモデルの中で、このMZR2.0ターボを採用しているのは、ジャガーXE、XF、XJ、Fペース、ランドローバーのレンジローバー・イヴォーグ、ディスカバリースポーツ、ケータハム・セブンの480と620、ゼノスE10、ラディカルSR3SL、モーガン・プラス4です。欧州フォードがクルマ文化を守るために少数ロットでも供給するという「慈善事業」を行っていて、その恩恵でユニットが供給される英国ブランドに広く行き渡っているようです(マツダもやればいいじゃん!?)。

  MZRは今となってはMINIに供給されるBMWのモジュラーエンジンと並んで、英国車の屋台骨を支えているといってもいいかもしれません。もっとも高価なモデルはラディカルSR3SLで、マツダの旧型エンジンを搭載して車だというのに1500万円もします!!沢村さんが言うには日本の公道走行車ではサーキット最強モデルでは!?とのことです。つまりGT-Rや911ターボよりも速いです(ナンバー付けられます!!公道もOKみたいです)。

  旧フォードグループという因縁でMZRを使い続けているジャガー・ランドローバーですが、ラインナップの中では下位グレードのエンジンになっていて、上位グレードはV6やV8にスーパーチャージャーを組み合わせたユニットが全面的に採用されています。「レクサスRC-F」のV8や「BMW・M3/M4」の高回転型直6ツインターボに匹敵するこだわりのユニットが1000万円以下で手に入ることを考えると、ちょっと頑張ってV6ツインチャージャーの上位グレードが欲しい!!とか思ってしまいますが、下位グレードの「MZRエコブースト」もキレの良さを考えれば捨て難いです。この2つ(3つ)のエンジンだけで構成されているのが「ジャガーの美点」です。

  ただしMZRはショートストロークですからトルクは控えめになります。レスポンスや噴け上がりではBMWの直4ターボ(N20、B48)を圧倒します。ただし圧縮比ではBMWエンジンに分があり、燃費ならばBMWがかなり優位となっています・・・。

  たびたびマツダとBMWの比較をぶち上げて「マツダ党」を喜ばせてくれる(BMWをキレさせている)沢村慎太郎さんですが、年末に待望の「午前零時の自動車評論12」が発売されました。そこでもジャガーXEとBMW3er、メルセデスCクラスとの対比分析が行われ、ジャガーXEの圧倒的なスポーツ性能は、ジャガーの意欲的な設計が見事に具体化された結果であり、ジャガーが怯まずに予定通りの拡販を続ければBMW3erの市場を大いに食い荒らして、果てしなく迷走して単なるファミリーカーに成り下がった3erの今後の方針にも良い影響を与える可能性がある!!くらいにジャガーXEとマツダMZRターボの素性の良さを絶賛しています。

  ジャガーXEとBMW3er(F30系)は、ジャガーになにがしかの迷いがあったかのようで、デザインも酷似していて、BMWファンからはあからさまなパクリとか言われてますけども、実際に乗ってみるとだいぶ違います。やたらとヒョコヒョコとアシが動いて角が取れた乗り味のBMW3erに対して、低い着座とタイトなハンドリングでロードホールディング性の高い走りを実感させてくれるジャガーXEです。ちょっと大袈裟に表現するとクラウン(3er)とスカイライン(XE)くらいに違う乗り味です。

  ジャガーXEと違ってBMWのF30系の4ドア車には「表」と「裏」があって、「表」の3erはクラウンのようなゆったりとした乗り味に意図的に仕上げていて、「裏」の4erグランクーペMスポは、3erと基本設計が同じとは到底に思えないタイトなハンドリングとアクセルフィールを持っています。つまりジャガーXEと4erグランクーペは、同じミッションを使っているとはいえ、シャシー&ボデーからエンジンまで全く違うけども、ほどほど近い地点に着地したモデルだといえます。

  「スタイリング」と「走り」を追求したDセグの4ドアセダンとして、もっともっと売れてよさそうな「XE」と「4erグランクーペ」ですが、600万円前後の価格帯が予想外に激戦区で、ポルシェマカンからトヨタ・アルファードまで非常に優秀なクルマが多いですし、走りを強調するクルマに関してもロータス・エリーゼやポルシェ718ケイマンなど選択肢は豊富です。そもそも純粋に走りを愉しむのに600万円も要らねーし・・・ロードスターか86買えばいいじゃん!!って話です。

  このブログの「メイン」と言える主張は、GH系アテンザのポテンシャルの高さなんですけど、その中でも自然吸気のMZRエンジン、特に2Lのショートストロークのキレは他のエンジンではなかなか堪能できないレベルです。スカイアクティブGになって一気に良さが無くなりましたし、駆け抜ける歓びを謳ったBMWの直4ターボは所詮は「ターボだなー」というヌルい手応えだったので、「つまんねー」って書いたらコメント欄で袋叩きにあったこともありました。つーかこのエンジンをマツダは2003年から使っているわけですから、日本でクルマの評論家やっているような輩はとっくに知っていてもよさそうですけど、フォード・フォーカスに同じエンジンが使われても覆面座談会の誰も言及しないなんてことありえます?

  なんでマツダのラインナップから絶滅したあとになってジャガーランドローバーと英国のピュアスポーツだけが使う段になって脚光を浴びなきゃいけないんだろ。NCロードスターに使われていたエンジンですよ!!・・・で何に一番キレているかっていうと、沢村さんがメチャクチャに間違ってることです。折角のMZRに脚光を当てた画期的な評論なんですけども、挿入されているボアとストロークの数値の一部が他のエンジンと入れ替わってしまっていて、フォードのエコブースト2.0LはずっとショートストロークのMZRのままなのに、ポート噴射の初期モデルはロングストロークで、直噴化されてショート化した!!なんてあり得ないことを書いちゃっているわけですよ。・・・いやガッカリですよ沢村さん。これ・・・まさにあなたが大っ嫌いな「にわか」ってヤツですよ。

  NDロードスターまで直噴化されているマツダのスカイアクティブGは、直噴ロングストロークを自然吸気で(マツダが標榜する)理想的な圧縮比にまとめあげる(ターボでは達成不能!?)設計です。これを理解せずに「過給無しはコストダウンだ!!」と断じていた2012年頃のベストカー(国沢光宏氏、石川まきてる氏など)も相当にウザかったですけど、沢村さんもヤツらと一緒でなにも分ってないんじゃねーの!?という疑惑が・・・。やっぱりカーメディアはダメだな。もっとストイックに「最強の4気筒」とか「最強の6気筒」とか追求したりしないのか!?

  そーいえば沢村さんはGQーCAR2で、日産の3LのV6ターボ(VR30DETT)について言及されてましたけど、日産のエンジン担当エンジニアの誇りって、「日産こそが6気筒の王者だ!!」っていう自負だと思うんですよ。そして「4気筒の王者に拘っているのがMAZDA」。この両社はもう10年以上もその地位を守ってきましたけど、日本のカーメディアからは無視され続けました。国沢さんならともかく、沢村さんならいくらでも言及する機会はあったと思うんですよね。HV全盛の時代になって初めてそれに気がつくってさ・・・。


 最新投稿まとめブログへのリンク





  



  
posted by cardrivegogo at 01:03| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

とうとうMAZDAの専門雑誌が創刊!!

  最近割とマツダに言及することが多いライターといえば小沢コージさん。最近見たこの人のCX5レビューには何だか「温もり」が感じられてとても良かったなー。ちょっと前までベントレーがアウディが・・・って感じのとてもチャラいイメージのライターさんだったのですが、実際にベントレーを所有してしまうくらいの人だからこそ、他のライターには見えていないマツダの「豊かさ」がわかるんじゃないかと思ったりしています。

  いよいよマツダも極東のカルトカー・ブランドから、世界標準のエモーショナル・ツアラー・ブランドへの脱皮が完了しつつあります。マツダ車を買えば、フロントシートにはクオリティを表現するランバーサポートがもれなく付いてきて、シフトレバーもインサイドのドアハンドル周辺も、心地良い手触りの素材に包まれていて、もうこれ以上何を望むんだ!?とにかくエモーショナルな部分を大事にしていることはよく伝わってきます。1000万円くらいする高級SUVを仕立ててきてももう驚かないです。レクサスLCに対抗するようなラグジュアリー・クーペ作っちゃえよ!!

  輸入車ガイドブックによると、日本市場で展開している主な輸入ブランドはまだまだ39もあるようですが、その中でマツダのポジションはこれまではVW、ルノー、プジョー、シトロエン、アルファロメオくらいと思われてきました。しかし今ではエモーショナル度においてはこれら5ブランドを抜き去り、その次のステップ(BMW、アウディ、メルセデス、ボルボ、ジャガー)と比べても、とりあえず大きく負けている部分は無いかなーという気がします。特にエンジンのアドバンテージはデカいですね。ディーゼルでもガソリンでもこれら5ブランドを圧倒しています。

  今どきは燃費にこそ言及するものの、気持ちの良いエンジンを語るライターが激減しました。まさかメルセデスとBMWの4気筒が一番ヒドい!!なんて間違っても書けないですしね・・・。マツダのエンジンも残念ながら「絶対に手に入れたい!!」ってほどの出来ではないですけどね。どのブランドもガソリンに関してはターボ・NA問わずで実用域の低速トルクを太くする傾向が強く、4000rpmあたりでフワっとパワーが抜けるどーしようもなく気持ち悪いフィールが嫌ですね。まだ温まっていなMZR2.0を踏み込んだ時の「アノ」情けないフィールが、ずっと付いて回るって!一体何の因果なんだよ・・・。ディーゼルを買う人の気持ちがわからんでもないです。

  マツダのスペシャルエンジンはやっぱりなんだかんだいっても2.5LのガソリンNAですね。他のメーカーが使う2Lターボが例外なくモタれる中速域でのパンチがとても気持ちいいです。マスタングの2.3Lターボ(MZRターボ)もモタれてました。今のマツダの「美点」を挙げるならば、自然吸気2.5Lで全速域を愉しめる設計にクルマを見事にまとめている点です。300psに達するレクサスIS350やスバルWRX・S4、スカイライン350GTも、もちろん迫力の走りではありますが、パワーウエイトレシオの点ではちょっとスポーティな演出が強過ぎるかなーという気が(アメリカ向けだな・・・)。

  もちろんある程度の勾配を含むワインディングを気持ちよくすっ飛ばすと、余裕を持ったパワーの有り難みが身に染みるわけですが、そういう状況も全部ひっくるめて「エモーショナル」に受け止められるクルマが、「真のエモーショナル・ツアラー」として評価されるべきで、マツダ車がこれから相手にしていくユーザーが求めるものがまさにコレだと思います。BMWやボルボの直3/直4ターボみたいな中速域で気が抜ける「セコい」設計を真似るのではなくて、アテンザならばガソリンは2.5L自然吸気と2.5Lターボだけ!!みたいな思い切った戦略じゃないと、このクルマの魅力はなかなか伝わらないだろーな(とエラそうな事を言ってみた!)。

  2015年のパリ協定調印を受けて、そこに盛り込まれた2030年のCO2削減目標に向けて、欧州各国は次々と内燃機関の締め出しを図っていますから、新型エンジンの開発は次々と凍結されていくんでしょうね・・・。BMWやジャガー、ボルボは出来たばかりのモジュラーエンジンを最後(2030年)まで使い倒していくだろうし、マツダもスカイアクティブの次はロータリーEVになるんですかね(欧州ではピュアEVを売る?)。とりあえずマツダクラスの100~150万台程度のメーカーは、案外あっさりとEVに転身するんじゃないでしょうか。

  それまでの残り15年足らずをどう過ごすんでしょうか?モデルサイクルは2〜3回といったところなので、エンジン同様に現状のプラットフォームを使い倒すのでしょうけど。なにげに2.5Lの4/5気筒を持っているメーカーが「エモーショナル」部門では勝ち組なんじゃないかと思います。マツダ、スバル(水平対抗4)、アウディRS(5気筒)、ポルシェ(水平対抗4)、トヨタ、日産が使ってます。2.4Lならばホンダと三菱(フィアット、クライスラー、ジープ、ヒュンダイ)もありますけど、高効率化を狙ったアップデートが行われているのはマツダ、アウディRS、ポルシェ、トヨタだけ!?

  冒頭に書いた小沢コージさんのレビューには、マツダが持っているポテンシャルを存分に発揮するようなプランがしばしば見られますね。他のライターは判を押したように「マツダは良くなった!!」という何処基準だか全くわからない(以前のマツダを知らない!?)ような、クソなレビューばかりなので、読んでてイライラします(そのうちマツダの向けられたゴミなレビュー列伝でもこのブログで晒そうかな・・・)。小沢さんだけは不思議と「マツダが良くなった」とは書かないですね。それだけ技術があるならば「こーいうクルマも作れるんじゃねーの?」みたいな内容がマツダファンの気持ちを上手く掴むんですよ。

  こういうレビューが書ける人って、現状の自動車産業にいくらか絶望を感じているんだと思います。BMWの2Lターボってクソだな・・・。メルセデスの2Lターボなんて高級車に載せるレベルじゃない・・・。結局まともなエンジンって何?BMWの直6ターボと、レクサスのV8と、ジャガーのV6スーパーチャージャーと、アウディのV10とか直5とか。直4ターボだったらポルシェ(マカン)くらい。そう考えるとマツダの2.2Lディーゼルと2.5L自然吸気ってそこそこ素晴らしい選択肢じゃないの? 

  「価値あるクルマ」って考えたときに、最廉価に位置しているのが、600万円のマカンと718ケイマンだっていう事実。そこから下には日産のフェアレディZ(3.7L自然吸気)とマツダの「2つのエンジン」があるだけ(ロードスターの1.5Lも入れれば3つ?)。おそらくこの状況を的確に理解していらっしゃるからこそ、小沢さんのマツダや日産への記事は温かいなーと思います。沢村さんみたいな極端な言い方で恐縮ですが、「わかってねーヤツが多過ぎる」なんですよね・・・。マツダの藤原さん(専務執行役員)はこのことが解ってんのかなー!?もしそうならばもっといろいろとアピールできると思うんですけどね。年末に発売されたクルマプレイボーイのインタビューはちょっとつまんなかったな。

  「MAZDA・FANBOOK」なる季刊の雑誌が刊行になりました。1年に1台しか新型モデルが出ないのにコンテンツは作れるのかな?なんて余計な心配をしてしまいますが、出たがりなマツダの社員を次々を晒して好き勝手に喋らせてくれるならば毎回買おうと思いますけど、次号は小沢コージさんを投入してみてはどーでしょうか?ちなみに著名なジャーナリストとして第一号に登場しているのは飯田裕子氏のみです(写真がやたらとデカいのでファンの方にはちょっとオススメかも)。まだ続くかどうかも未定だから連載の依頼ができないってのもあるのかもしれませんけど、キャラの濃いライターの連載が欲しいですね。とは行っても、小沢さん、沢村さん、それからミスターGT-Rの水野さんを持って来るくらいですかね。福野さんや西川さんではテンションが上がらないだろうし、島下さんや河口さんでは読者のマツダファンが発狂する!?他にマツダを解するライターといえば・・・K沢氏。カッコいい雑誌には似合わないのでパス・・・。


最新投稿まとめブログへのリンク




  

  

  

  
posted by cardrivegogo at 12:15| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

マツダはやはり「マルチチャンネル」で輝くのでは?

  「大人のオトコ」が趣味で買うモノ・・・スーツ、靴、ベルト、ネクタイ、カバン、時計、ウイスキーそれからクルマ。とにかくなんでも「セカンド・ブランド」の時代を迎えています。某英国高級ブランドとの契約が終了した日本のアパレルメーカーが、大幅赤字で人員整理をしたというニュースもありました。改めて世の中は「品質」よりも「記号的価値」に訴えてモノを売っているんだなーと、まざまざと見せつけられました。

  あれこれと持ち物全てを「ブランド品」にするとやはり消耗します。直輸入の「ブランド品」は高価過ぎて売れないけど、ブランドと提携したメーカーがライセンス生産して、手頃な価格に落とし込んだ「セカンド・ブランド」の商品はよく売れます。直輸入の愛好家からしてみたら、日本のライセンス品なんて魅力ないのかもしれないですが、縫製技術やデザイン力において自動車産業のように優位な地位にある日本のアパレルが手掛けていますから、しばしば直輸入品よりも品質が良かったりします。イギリスの中心部にあるポー◯・ス◯ス・ロンドンのブティックには日本のライセンスメーカーの気鋭な商品が並んでいます。

  2012年以降、新たな戦略によってブランドの再構築を狙うマツダ。新たにシェアを獲得するべく北米へ進出し、出足はとても好調に見えたのですが、2015年、2016年はやや決め手不足で「息切れ」感があります。「マツダのソウルレッド」としてトレードマーク化するかと思いきや、他ブランドが次々と高級モデルのイメージカラーに「レッド」を使い始めて、いまではどこも「レッド」を敬遠するタームになってます。マツダも「マシーングレー」でなんだかGTカーっぽいイメージ戦略を仕掛けてます。ここまでの4年間で何か特別な地位が掴めたのか?確かに業績は改善し、多くの市場で成長が見られますが、「円高に負けないラインナップ作り」を達成した以外の成果は、あまりハッキリと見えてきません。

  「今の日本車ではマツダが一番素晴らしい!」みたいな甘〜い評価はしばしば見られますけど、北米ではトヨタ、ホンダ、日産、スバルの遥か遠い背中を追いかける「5番目の日本メーカー」という地位は変わらずで、直近の4年間の成長は、とりあえず北米シェアには全く反映されていません。ラグナセカのネーミングライツを取得するなど、北米での知名度アップにも精力的に取り組んでいますが、日本よりも25倍も広いアメリカでは販売網を構築するのもなかなか大変だと思います。

  マツダもそんなことは百も承知なようで、早くもトヨタとの提携をまとめ新稼働したメキシコ工場の生産分を、当面はトヨタ向けOEMで賄う方針のようです。具体的には2017年モデルにおいてもデミオの北米投入は無いようで、北米向けにノッチバック(セダン化)になったデミオは全量をトヨタブランドから「ヤリスiA」として販売するようです。ところでこのヤリスiAですがリアデザインが、GHアテンザセダンに似ていてとってもエレガントで個性的です。GJアテンザセダンのマークXだかヒュンダイ・ソナタだか分らないようなリアには少々閉口気味だったので、再びマツダデザインが前世代へのリスペクトを取り戻してくれているのは嬉しい限りです。内装はマツダ車そのものでマツコネもそのままです。これ日本に持ってきたら売れるんじゃないのー。

  フィアット/アバルトに供給している124スパイダーもそうですけども、「他のブランドに売ってもらう」ということは、自前のブランドを育てること以上にスゴい事なんじゃないかなーと思います。思い起こせばマツダの隠れた名車プレマシーも日産ブランドから「ハイウェイスター」というサブネーム付きで売られてました。三菱RVRがシトロエンから販売されるなど、欧州で評価の高かったマツダと三菱は、経営上の都合という枠を越えて「指名OEM」が舞い込む特別なステータスを持つメーカーでした。マツダの設計をパクったVWと、三菱の設計をパクったFFのメルセデスの成長を考えると合点がいきます。

  三菱はとうとう日産・ルノー・メルセデス連合の内部に取り込まれてしまいましたが、マツダはいっそのこと全ラインナップをOEMとして供出してはどーでしょうか?アテンザはとりあえずDセグが手薄なPSAかスズキ。CX5とCX3はフィアットかVWあるいはジャガー。アクセラはアルファロメオかボルボそしてやっぱりジャガーさらにレクサス。とにかくマツダの幹部が自画自賛するくらいのクオリティにあるならば、もっともっと世界の人に乗ってもらうことでおのずと道が開けるはず。マツダも「苦手」な販売から開放されて伸び伸びとマテリアルを生産に注ぎこむことができますし、今よりももっと多くの車種を展開できるでしょう。フォードが営業をやってくれていた時代のマツダのクルマ作りは神憑っていたっけなー。
 
  1990年頃に北米で主流となっていたのが、マルチブランド戦略による総合メーカー内部でのキャラ分けでした。いち早くそれを日本市場に取り入れようと、ひたすらに先走ったのが東洋自動車工業(MAZDA)でした。マツダの黒歴史として、今でもしばしば心無い&教養無いカスな評論家によってイジラれますが、そこで語られるようなロータリースポーツの成功によって、フェラーリやポルシェに肉薄(今じゃ誰も信じない?)したことからくる「自信過剰」「自惚れ」などによる盲目的な判断ではなかったと思います。バブル崩壊という誤算もありますが、やはりマツダという「いいクルマ作りたい集団」をさらに奮起させるには、マルチブランドによるキャラ(チャンネル)分けはとても合理的な判断だったように思います。

  いまさらにMAZDA5チャンネルを振り返ることはしませんが、ロードスターやコスモを擁した「ユーノス」はシトロエンの「DS」などよりも圧倒的なヨーロピアンイメージを爆発させたような「奥行き」を持っていたと思いますし、ポルシェやフェラーリに対抗すべく作った「アンフィニ」もRX7FD3Sという稀代の名車に恵まれ、デザイン的には「フェラーリを越えた!?」とすら言われました(今では信じ難いことですが)。どこのメーカーもやっていないことを日本で最初にやれば、いろいろ想定外なことも起こるでしょうし、日本に定着するまで辛抱する時間が続くのはマツダも十分に想定していたと思います。しかしバブル崩壊という未曾有の大クラッシュが直撃し、すっかり笑い草に終わってしまったことは残念無念です。

  さて今こそMAZDAが再びマルチ・ブランド戦略を採るにはいい頃合いじゃないかと思います。ディーラーを分けるなんて周りくどいことはせずに、「ユーノス」「アンフィニ」「オートザム」それからかつてフォード車向けに設定されていた「オートラマ」もマツダの北米戦略を日本で体感させるブランド名として復活させたらどうでしょうか。軽自動車はもう作ってないので「オートザム」はスズキOEM車しかないですけど、シンプルに「トーヨー」でもいいかも。マツダが使い分ける3タイプのシャシーごとにブランドが違うってのが分かりやすくていいと思います。アテンザ、アクセラ、CX5の「マツダ」。デミオ、CX3の「トーヨー」。ロードスターの「ユーノス」。RX9の「アンフィニ」。あとは「トーヨー」にヤリスiAことデミオセダンと、新開発のデミオワゴンも追加して、「ユーノス」によりベーシックなFRのハードトップクーペを追加すれば・・・。

  できればエンジンも分立させて、「マツダ」は1.5、2.0、2.5Lのガソリンとターボとディーゼル。「トーヨー」は1.3LのガソリンとスズキOEMの軽自動車。「ユーノス」はガソリン自然吸気のハイチューン(7000rpm以上)。「アンフィニ」はロータリー。

  レクサスのような「プレミアム」を設定するのではなくて、「スポーツライン」と「セカンドライン」によるブランド分けにこだわるのがミソです。お手本はアバルトとダットサンでしょうか。「マツダ」本体がプレミアム志向ならば、ある程度は収益率をコントロールしたブランド設定が必要になってくるのでは。マツダはメルセデスやBMWのようにラインナップ全体の「プレミアム」化を進めたいようですが、北米トヨタにOEMしているクルマ(デミオセダン)をそのままラインナップして「プレミアム」はちょっと虫がいい話です(アウディ・・・)。

  初代ロードスターの大ヒットによって知られ、ブランドの実働期間は短かったものの、欧州メディアでもしばしば表記されることも少なくない「ユーノス」。もし今新たなモデルとともに復活を果たしたなら、TVRタスカンやアルピーヌの復活のように、世界中のクルマ好きに熱狂とともに迎えられるはずです(すでにNDロードスターが熱狂されてますけど)。「マツダ」と意図的に切り離すことで、いろいろなブランドともコラボしやすくなるし、新型モデルの設計においても、別ブランドならばマツダの系列サプライヤーを気にせずに部品を調達できる(そんな甘くはない?)。たとえばフォードからMZRエンジンの供給を受けることも可能でしょう。

  「今のマツダにそんな余力はないよ・・・」まあこれが現実ですよね。けれどもマツダのポテンシャルを十分に引き出すにはやはりマルチ・チャンネルがやりたい!!!だったら売るのが上手いグループと片っ端から手を組むのがいいんじゃないですか!!!いまだに世界で引っ張りだこな「MZRエンジン」を作ったマツダ。ケータハムにはMZRエンジンだけでなく、マツダ製6MTも供給されています(最近供給体制にトラブルがあっとというニュースもあったけど)。英国に行けばロータリーをぜひ供給してくれ!という復活を期す往年のスポーツブランドもあるでしょう。

  余力が無いのはよくわかってます。けれどもマツダの技術に期待しているクルマ好きが世界にはたくさんいると思うのです。ト◯タやV◯に茶番的なWRCやWECを見せられて消沈している人も多いでしょう。行き過ぎた「商業主義」がクルマ文化を破壊した・・・。何がプリ◯スだ何がゴ◯フだ。クソ喰らえ!!!そういう人々がいたからこそ、ロータス、ケータハム、アバルト、ジャガー、アストンマーティンが綱渡りの経営状況でも生き残り、新たにアルピーヌ、TVRが復活するのだと思います。マツダがト◯タやV◯的なクルマ作りで大きな成果を上げたことなんてあったかな?「余力が無い」からっていつまで苦手なことをやり続けるのだろう。このままではずっと低空飛行じゃないか・・・。少なくとも私にとっては「ト◯タやV◯じゃない」クルマを作るからマツダって素晴らしい!!!って思ってた。だからゴ◯フをベンチマークした現行アクセラにはガッカリしましたよー。

  ホンダの新型NSX見て思いましたよ。日本メーカーの最大の武器は「想像力」だって。小手先の「生産技術」や「品質安定」は日本メーカーを研究することで世界中のメーカーが手にすることができますけど、ホンダがNSXを作ったような「想像力」は簡単には真似できないです。同じ様にトヨタが1989年に発売したセルシオ、日産のGT-R、三菱のランエボそして、マツダのロードスター。1989年にBMWも同じようなクルマを作ってますけど(Z1)、プラスチックボデーにもかかわらず1250kgという当時としてはマツダカペラなどと同等の重量です。あの名門メーカーを「なーんにもわかってない!」って次元に置き去りにしたユーノス・ロードスター。もう30年も前の話ですけど、ホンダを見る限りは「想像力」スゲーなって思う。マツダだって負けてないと思うんですよ!!!けど力を発揮する舞台が・・・。





posted by cardrivegogo at 00:39| Comment(5) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

RX9始動!?それともマツダスピードの改造スポーツ復活!?

  マツダが新しいロータリースポーツカー・RX9の市販化を決断か!?なんてニュースが流れました。この件はなんどとなく噂は否定されてきましたが、やはりロータリー50周年(2017年)の大円団へと突き進むようですねー。マツダとしては、ディーゼルだけではクルマ好きの懐には入っていけない!そんなことは百も承知でディーゼル中心のマーケティングを仕掛けましたが、そこに思わぬ横槍(VWとかいうマヌケ)が入ったこともあって、国内市場では一転して昨年末から低迷が続いています。

  日本でスカイアクティブDを発売した2012年の段階では、北米マツダ(マツダUSA)主導によるディーゼルによるレース用エンジンを開発&実用化し、デイトナ24時間耐久に3年連続で出場しました。ディーゼルのフィールを極限まで改善していけば、日本で市販されているプレミアムブランドのガソリンエンジンくらいなら軽く蹴散らすことができる!!!という目論見すらあったようです。

  しかし北米でのディーゼル発売を保留したままで3年が経過し、デイトナ24時間のレギュレーションが2017年から変わりディーゼル禁止となる影響もあるのかもしれませんが、2016年参戦モデルからガソリンターボに変わりました。今度は2L直4ターボで570psという市販モデルからすれば異次元の領域のレース用エンジンですが、これもれっきとしたマツダ製で、ターボチャージャーは、スカイアクティブDのタービンを担当する米国ギャレット製です。

  余談ですが、スーパーGT(GT500)に参戦するトヨタ・日産・ホンダの2Lターボは3社共同開発で『NRE』と呼ばれる基幹エンジンを作成し、3陣営がそれぞれカスタムして使っています。3社ともにレースに転用できるエンジンなんて無いからコストを3分割して作ろうということになったようです。ホンダならVテック搭載K20といった傑物はあるわけですが・・・。同じ2L直4ターボでマツダとどっちの出力が上か?は全く不毛な議論で、GT500には燃料リフレクターが付いていて流量制限があります。マツダが自前のエンジン(デイトナ仕様)でRX-9発売と同時にスーパーGTに参戦したら盛り上がりそうですけどね。マツダはロードスターを使ってGT300クラスでスバルBRZ-GTと争ってろ!とか言われそうですが・・・。

  マツダとしては450psのディーゼルターボ、570psのガソリンターボを実用化していながらも(もちろんそのまま市販化できないですが)、まだまだ伝家の宝刀ロータリーこそがマーケティングに一番インパクトがあると考えているようです。300ps(70kg・m)前後の2.2Lディーゼルツインターボ。300~400ps(60kg・m)前後の2.5Lガソリンターボ。それに対してロータリーだと・・・2ローターで300ps、3ローターで450psくらいは出るのかな。

  マツダがそれだけのエンジンを作って、主戦場となる北米でどのライバルを潰すのか?という話です。狙うはRX-7の宿命のライバル・ポルシェなんでしょうけど、因縁の944などFRのポルシェスポーツカーはすでに絶滅しました。944の後継となっているのが718ボクスター/ケイマンですが、トヨタ86陣営から発売時にライバルだと名指しされるほどで、わざわざマツダがRX9を仕立てて全力で挑むほどの格ではないです。マツダの某出たがり役員もある本の中で「ロードスターの亜流(=ゴミ)」だと蔑んでいましたから・・・。

  やはり今のマツダが全力を傾けて挑めるほどの権威を持つスポーツティなクルマとなると、「911」だけなのかもしれません。「GT-R」「V8ヴァンテージ」「Fタイプ」「エヴォーラ400」「NSX」・・・次々と北米での覇権を賭けて優秀な挑戦車を生み出し続ける金字塔ですねー。ここに挑むならば直4ターボではさすがに分が悪いので、やはり3ローターですかね・・・。

  しかし今やポルシェの人気を支えているのは、スポーツカーではなくSUVだとされています。ポルシェが「アーバンライフ&エクスクルージブ・スポーティ」をイメージして創作したマカン・ターボ。マツダのマーケティング的には、ここを撃破することも視野に入っているはずです。すでに北米マツダの最量販車種になっているCX5ですが、この1年でアコードがCR-Vに抜かれ、アルティマ(ティアナ)がローグ(エクストレイル)に抜かれ、カムリもRAV4とほぼ同水準に追いつめられ、ミドルSUVの優勢が鮮明になってきました。

  北米市場といえば4ランナー(ハイラックスサーフ)のような大型SUVのイメージですが、トヨタの場合4ランナー、ハイランダー、セコイア、ランクルの大型4車を合計してもRAV4の台数に届かなくなりました。やたらと操縦安定性が高い日本メーカーのミドルSUVがアメリカで大ウケしています。CX5もその点で非常に定評が高いのですが、ホンダ、日産、スバルのSUVも、実際に乗ってみると、なるほどの手応えは爽快。その部分での進化は怠ってないようで、マツダの引き離して北米市場を快走しています。ブランド全体で月10万台を軽く越えるホンダと日産に、5万台越えのスバルに対して、マツダは3万台前後でメルセデス、BMW、VWといったドイツの三流メーカーと争う惨めなポジションです。

このまま頑張っても『三流』からは抜け出せそうにないので、いっそ三流らしいディーゼル戦略に撃って出れはいいと思いますね・・・。メルセデスのようにCX5のスペシャルモデルにSCR(尿素処理)を搭載して排ガスを徹底的に浄化すれば問題ないはずです。ディーゼルツインターボ300ps(80kg・m)の「悪魔の加速」は、マッスルSUVとして新しいブームを作りそうな予感です。

  マツダの経営戦略をよりアグレッシブにするためには、RX9とCX5のMSバージョンだと思うのですが、マツダの既存ファンが望んでいるのは、戦闘力を上げたMS版のアクセラとアテンザでしょうね。先日見に行った「オートモービルカウンシル2016」では、MSアテンザの方向性を示唆する1台が展示されていましたよー。

  旧世代アテンザのシャシーに直4ターボ&スーパーチャージャーで367psの高出力を実現したユニットを搭載して、それだけのハイパワーですから当然にAWD化されています。足回りも専用にチューンされていてるようです。0-100km/hも4.7秒で、WRXSTIやランエボXどころかV8ツインターボを搭載したBMW ・MやAMGの最速モデルとほぼ互角!!!しかもなんとすでに市販化が決まっているとかで、今月から台数限定で839万円で発売されています。

  やるじゃんマツダ!!!・・・ではなくてボルボです。最近のボルボはマツダの行く先を照らすような素早い動きが目立ちます。北米販売も単月ながら昨年比160%と絶好調なようで、しかも売れてるクルマが以前よりハンパなくデカくなって価格もアップしたXC90やS90/V90ですよ!!短期間の内にレクサスを越える(?)次元のラグジュアリーカーと、BMW・MやAMGを上回るツーリングカーを同時に作ってくるなんて(WTCC参戦してます)!! SUVやFRスポーツばかりににしがみ付いていて、身動き取れなくなっているどっかの三流メーカーよ!さっさと目を覚ませー!!


リンク
最新投稿まとめブログ



posted by cardrivegogo at 17:28| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

マツダ車の購入を検討されている方へ・・・現行モデルにひとこと

アテンザ・・・マツダを代表するフラッグシップモデル。三代目となりいよいよ日本でも全国区の知名度を得た。某雑誌が書き立てていたが、最新のメルセデス(Cクラス)やレクサス(IS、GS)を買うくらいなら、この「アテンザ」もしくはトヨタの「マジェスタ」の方がよっぽどサルーンとしての完成度が高いからオススメ!!みたいな扱われ方をしている。

もともと「アテンザ」と「マジェスタ」の2台は某国政府が要人向け国内高級ブランドのベースモデルとして、世界中の名だたるブランドから選ばれた究極の2台であって、名だたる有名ブランドの有名モデル、あのメルセデス、アウディ、BMWさえも押し退けて採用されています。第三国によるガチの判定に勝利したサルーンのシリーズというだけで、なんだかとっても誇らしい気分です。21世紀になってもっとも世界にその名を轟かせた日本車は、GT-RでもレクサスLFAでもなくてマツダアテンザだ!!!(20世紀だったらセルシオやプリメーラ、NSX、RX7だと思いますが・・・)

また3代目になってアテンザは新たな快挙を達成しました。レクサスやドイツプレミアムブランドの有名なセダンでも決して近づくことすら出来なかったWCOTYのデザイン賞においてファイナル3にまでノミネートされました。初代も2代目もまだまだ現役バリバリの尖ったスタイリングですが、3代目は堂々と世界の舞台において、最も退屈なボデータイプとされるセダン(サルーン)への先入観をあっさりと覆して、新しいサルーンデザインを突き進む歴史的1台という意味でもユーザーがあえて指名する価値のあるクルマだと思います。


CX5・・・マツダがブームに乗って作ってみたら大ヒットしてしまったという、まだまだ新鋭ながらもすでに存在感抜群な中型SUVです。ホンダCR-V、トヨタRAV4、日産ローグ(エクストレイル)がそれぞれに毎月30000台売れるほど過熱気味の北米SUV市場の中でもすでに頭角を表していて、日本勢では15000台を売るフォレスターに次ぐ10000台あまりを販売しています。アクセラやアテンザよりも売れていて、今では完全に北米マツダを象徴する1台となっています。特段にアメリカンなテイストこそあまり感じられませんが、ガレージ付き住宅に収まっているファッショナブルなファミリーカーとして日本でも人気ですし、北米で展開する日本勢5台のSUVの中では、特に最も操縦安定性に優れる!という評価を得ています。今後はどういう展開をするでしょうか?


アクセラ・・・マツダの全グローバル生産の1/3を占める主力モデル。マツダがフォード傘下を離れたことで、かつての兄弟車フォーカスがいる北米に対しても容赦ない攻勢をかけています。中型SUVのマーケットと同じでやはり3万台のシビックやカローラに対してアクセラは1万台程度の販売です。ただし北米でかなりメジャーな存在になったスバル(VWよりも売れてる!)のインプレッサを販売台数においては軽く追い越していきました!!!

ただしマツダにとってこの3代目アクセラは新しいマツダのブランドコンセプトを具体的に表現することを狙った、もっとセンセーショナルな活躍を期待したモデルだったのかな〜?という気がします。先代BMW・X1のようなロングノーズを配したスタイリッシュなデザインは、スカイアクティブエンジンのやたらと長い排気ダクトを収めるためのようですが、この長いノーズで激戦のCセグ市場を突き抜ける!という想いがやや空回った感があります。マツダはひたすらにデザインで突っ走りましたが、日本ではターゲットとしているメルセデスAやアウディA3のハッチバックは、北米では展開されてないですから、ちょっと浮いてます。日本では「欧州を意識したモデル」なんでしょうけど、北米では「日本からやってきたヘンチクリンなオシャレハッチ」になってます。北米のハッチに高級イメージは無い!!!

日本市場においてもややクルマの立ち位置がやや中途半端な感じがします(欧州でも同じ?だからあまり伸びてない?)。アテンザでは大き過ぎるというユーザーがなかなかアクセラへは回らずにちょっと目先を変えてCX5へ。デミオではちょっと小粒過ぎだと感じるユーザーもまたアクセラではなくCX3を選ぶようです。確かに価格を気にして選ぶならばアクセラの廉価グレードにも魅力はあるのですが、どうもデミオやアテンザのユーザーが求めるモノを持っていないようですね・・・広くない!軽くない!。そのかわりといっては何ですが、メルセデスAクラスやアウディA3辺りを漠然と欲しがったユーザーが、「アクセラでも十分だな・・・」と寄り道するケースはあるようですが・・・。さてここは開き直ってワゴンを作ってほしいなー!!!なんだか幸せなクルマになりそうな気がします。


CX3・・・BセグベースのSUVながら、価格帯は輸入車にも匹敵するようになったプリウスとほぼ同じ!それにも関わらずよく売れています。プリウスといえばいまでは完全にちょっと「贅沢なモデル」の代表格ですから、このCX3も「贅沢なミニSUV」として、つまり100万円台の安っぽいグレード無し!を謳ったクオリティ優先のグレード設定がむしろウケているようです(くどいですがプリウスと同じ戦略ですね)。MT車を愉しんでみたい!だけど底辺の安っぽいモデルは絶対に嫌だ!けれども300万円も払いたくない!といったなんともわがままな要望を叶えてくれるモデルです。マツダらしいというか国産車としては特異な立ち位置のクルマですね・・・。


デミオ・・・日本で4代に渡って作られてきた欧州式コンパクトハッチ。その歩みは本家の欧州各メーカーよりも力強く、先代モデルはWCOTYまで獲ってしまった!!!もう2世代くらい良質なクルマを作り続ければ、いよいよコンパクトハッチのレジェンドシリーズとして日本の頑迷なオッサンライター達にもその存在価値が十分に認識されるはず(その前に彼らが存命かはわからんけど)。マツダといえば80年代から一貫してコンパクトハッチの作りの匠で、シビックやカローラさえも蹴散らした伝統のファミリア(アクセラの前身)の系譜を持つわけで、オペルもVWもスズキもプジョーなんかには簡単には負けないです。

ここらでマツダの伝統を世間に知らしめるためにも、デミオの特別仕様車「ファミリア・リミテッド」でも出してみたらどうですか?もちろん外装色はツートンです!とはいえ現行のデミオはどうも女性を意識し過ぎでは? ちょっと前の世代の日産マーチも女性ウケを良くしたデザインがありましたが、東南アジアで大々的に売り出すには不都合だからといって、現行の無難なデザインになりました。それに対してデミオは先代から女性目線ですね〜・・・。1.5L自然吸気にMTのモデルでも買って愉しみたいオッサンはぜひロードスター買って!!!ってことなんでしょうか。

リンク
「最新投稿まとめブログ」



posted by cardrivegogo at 03:07| Comment(2) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

マツダ批判が執拗な某ライター・・・ケツ持ちは何者だ!?

  久々にマツダを唾棄のような態度で嫌ってくる評論家が現れましたよ〜。あ?別に福野礼一郎さんではないです。この人も最近では相当にマツダを嫌ってそうですので別の機会に、ぜひ近年のマツダ関連のレビュー&評論をザックリとまとめてみたいとは思っていますが・・・。最近の福野さんの文章からはマツダが「生理的に嫌い」っていう空気を薄々感じますね、ちょっと気になります・・・。

さて「マツダは宗教」と某雑誌で吐き捨てていたのが、斉藤慎輔さんという「辛口ライター」です。一体何が気に入らないのでしょうか?それにしても「宗教」とまで言われるとは・・・そもそもプロの評論家の仕事って「VW」の布教じゃないんですか? ・・・あれ!?もしかしてスズキだけじゃなくてマツダにもネガティブキャンペーンの刃が向けられてるか!?

  ご存知ない方に補足しておくと、半年くらい前に、VWが評論家にスズキのネガティブキャンペーンを依頼していることを、ツイートした輩(プロライター)が居まして・・・とっても大問題になりました。けれども3年くらい前に発売された「enTAXY」という文芸誌において、何を思ったか森慶太さん(一応プロライター)が、権謀術数の渦巻く業界の仕事事情を裏表なく暴露してましたから、いまさら騒ぐことじゃねーだろ・・・。VWのドイツ人が悪いんじゃなくてインポーターの依頼を受けた日本の広告代理店がクズなんだってさ!!!

  マツダの場合はネガティブキャンペーンの標的にもなっているでしょうけども、それ以上に心配なのが・・・ライターによるつまらない「私怨」。「とにかくアイツらチョームカつく!」という話は、マツダの試乗会行ってきました!といういろいろなライターの文章から漏れ聞こえてきます。どうやらどんなに実績のあるライターに対しても、開発陣の横柄な態度がメチャクチャすごいらしいですね。質問にもまともに応えずに上から「仰る意味がいまいちわかりません」とか平気で言うらしいです。もちろんマツダの開発陣の側にも昔年の恨み辛みがありますから、もはやどちらもジジイ同士が引退するしか邂逅→好循環の流れはなさそうです。

  さて先ほどの某雑誌とは、ニューモデルマガジンXのことなんですが、今年の6月号から松下宏さんの後釜に収まったのが斉藤さんです。初回の登場では西川淳氏、高平高輝氏の2名と意志の疎通があまりとれないままに終了してましたが、松下→斉藤のチェンジでこの「喜怒哀楽」というコーナーの雰囲気がガラリと変わりましたね。これまでは、クルマの欠点や長所はユーザー次第だよ〜・・・みたいなユルーいスタンスだったのが、ヘンに子どもっぽくなって「コレは許せない!!!」みたいな極論が増えている気が・・・。

  いい歳したオッサンがムキになるなよ!!!みっともねーな・・・・。「辛口評論家」と言われている人、あるいは自称の人などなどいますが、「辛口」自体は自分の仕事への責任感の現れだと思うので、それは結構なことだと思います。読んで面白い「甘口評論家」もいないことはないんですけども、下野康さん、西川淳さん、渡辺敏史さんといった面々は、「クルマ評論家」というよりも「カーライフ評論」という別のスタイルが主体だったりします。クルマの専門誌だけでなく、今をときめく「文春」など一般誌でも書いてたりします。

  それに対して、何ら芸もなく、人生経験もない!?とりあえずクルマに乗って愚直にモノ申したいという「クルマ馬鹿」なタイプは、「辛口」でないともはや成立しないですね。これが「甘口」になっちゃうと・・・河口まなぶ氏、石井昌道氏など、内容が面白いというよりは、「ショーン=”コネ”リー」で仕事を貰っているタイプが多い気がするんです・・・いわゆる提灯屋ですね。

  「辛口」にもいろいろタイプがあって、ザックリ分けると、「深い」か「浅い」かじゃないかと。「コク深い!辛口!」となると沢村慎太朗氏、福野礼一郎氏の二大巨頭ですね。ガチ過ぎて本質を付くからメーカーに嫌われまくりで、ポルシェやレクサスから出禁を喰らう始末だそうです・・・。この手のタイプの評論家にはマツダは比較的に嫌われにくい存在ではあります。彼らが持つ「深さ」の原点はそれぞれのメーカーがその歴史の中、クルマの進化にどれだけ貢献してきたかを正確に捉えた上で、その尺度でモノを言うから読者は納得し、その造詣の深さに感動すらします。そういう「物差」に置いてはマツダは、デザインも技術もライバルに比べて絶対的に強いですからね〜・・・。

  最近の福野さんはマツダに厳しいのですけども、このライターのちょっと特殊なところは、「欧州市場」「北米市場」「日本市場」というユーザー的な客観性は軽視して、割と「俺市場」&「生産工程」だけで語るタイプなので、マツダに対する相対的に高い敬意はどうやらあまりないのかもしれません(勝手なこと言ってごめんなさい)。

 さて一方の「浅い」タイプはというと・・・斉藤慎輔さん!!!失礼ですがあなたのことです!!!まずその典型的な特徴は「一般論」の多用でしょうか。まるで日経新聞の記事みたいなモノのいい方を恥ずかしげもなくやらかします!!!しかもそれが自動車ライターの仕事だと本気で思っている(まあそうなのかもしれないけど)。ニューモデルマガジンX・7月号の「アウディA4」へのコメントはさすがに開いた口が塞がらなかった・・・。「最近のアウディはこの路線で突っ走っていて・・・」「最近のアウディはやや迷いが・・・」。なんかテンポが違う気が・・・。読者がそんな軽薄なコメント読んで!「へー!!!アウディって迷っているんだ!!!」なーんて納得すると思いますか?

  ちなみにこの斉藤さんですが、「ティーポ」という雑誌にも連載を持っていて6月号では「NDロードスター」をボコボコに批判するレビューを書いてます。・・・「ロードスターなんてゴミみたいな安物の、なんちゃってスポーツに過ぎないんだから、せめて収納とかしっかり作ってください!!フェラーリかなにかと勘違いしてないですか?」だってさ・・・。マツダのコクピットの設計はメチャクチャで、これが理想とか言っている輩はアホだ!!!とも。まあそのご意見は尊重しますけど・・・。

  マツダを意識してアジる評論家が出てくるのは、ファンとして基本的にウェルカムなので、もっとどんどこやってほしい気持ちはあります。これからも斉藤さんが登場する2つの雑誌を毎月楽しみにしたいと思います。「浅い」とか言ってしまって申し訳ないですけども、「収納がないからダメ」とか「マツダは宗教www」って、単なるクルマ好きのオッサン達の居酒屋トークに過ぎないのは確かですよね・・・。

リンク
「最新投稿まとめブログ」






posted by cardrivegogo at 05:20| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

フィアットか?ボルボか?・・・マツダにも共に歩むパートナーが必要だと。

  「フィアットにも排ガス疑惑」ですか・・・。あれ〜・・・せっかくのマツダにとっての素晴らしい「エンジェル」だったのですけどね。NDロードスターのWCOTY受賞はフィアットの気まぐれな貢献による棚ぼた的なバックアップがあったからこそ実現したわけですから、マツダにとってもこれは対岸の火事じゃないはずです。・・・さて今後フィアットがマツダのDEを買う可能性は?

  フィアットがドイツ当局にディーゼルで違法ソフトウェアが見つかったと告発されたのは、欧州市場でのことですけども、マツダもディーゼルの排ガスには相当に苦労しているようで、北米のディーゼル規制の厳しさに完全にお手上げで、ディーゼルの展開をついに諦めちゃいました。おそらく完全に計画済みだったであろうCX9にディーゼルが載る日は果たしてやってくるのでしょうか?

 とりあえずは「ガソリン4気筒+ターボ」で350psくらいまで問題なく補える時代になっているようですから、CX9のような2000kg超の重量級であってもまあ大丈夫・・・そりゃトルクに優れるディーゼルが良かったのは言うまでもないですけども。ただしさらに押し寄せる問題として、現行の直噴ターボでは相当数がクリアできないのではないか?といわれる2017年のNOx規制によって、直噴ターボもディーゼルのように今後は規制にがんじがらめにされて次第に姿を消すでしょうから、・・・その時はその時ですね。

  北米に覇を唱えるという意味ではマツダにとっても偉大なる先達・日産が新たに北米へ送り出す「次世代6気筒(V6)」が完全にターボ化専用として導入されるようです。これに対してトヨタもGR系エンジン3.5Lを現状の自然吸気のまま今後も使い続けるのでしょうか?幸いなことにトヨタも日産も北米向けにV8を持っていますから、V6をハイブリッド化あるいはターボ化しても魅力は落ちないです。

  さーて、そんな日本の2大メーカーといよいよ「アッパークラス」で対峙するマツダの採るべき道は・・・。とはいっても相手はV8まで持っていますからまともに戦っても勝ち目はなさそうです。さらに横置きのFF車でレクサスやインフィニティに挑むのは無謀じゃないか!?・・・などとジジイのライターは決めて掛かりますが、実際にレクサスが相手の尺度でもアテンザの静音性はかなりのレベルまで達しています。19インチとか大径ホイール履いているのに、それによるネガも実際に乗ってみるとそれほどないです(17インチと大差なし)。

 そもそも静かなクルマを作るのは日本メーカーの得意技なので、レクサスやインフィニティを相手にするために、マツダが抱えている「難点」はそこじゃなくて、現実問題はマツダが得意としてきたはずのバネじゃないかという気がします。ちょっと前まではバネを制すれば横置きFFでもFRの高級車に勝てる!!!という真理をマツダが見事に示してくれると思ってましたが、今まさに「違うメーカー」によってちょっとしたブレークスルーが起こっています。「直4横置きのFFベースAWD」のDセグセダン/ワゴンで本体価格800万円以上という強気な設定をしているのが・・・ボルボです。

  そうです!!!旧型マツダアクセラのシャシーを使ったり(V40)、初代アテンザから派生したシャシーを欧州フォードと共同で開発している(S60/V60)、かつてのマツダの盟友です。ベースモデルも相当ですが、特に評判が良いのは直4になって商品力が疑問?と思っていた「ポールスター」モデルです。いっそのこと昔のよしみでマツダ車も「ポールスター」にチューンしてもらったらどうでしょうか?

  トヨタはBMWと、日産はメルセデスと、それぞれ協業関係にあるわけですから、マツダにも助け合う相棒が必要じゃないか!?そしてその有力候補が「ボルボ」か、それ以外だとPSAグループ(プジョー・シトロエン)でしょうか? プジョーが日本でも販売を開始した「308GTiプジョー・スポール」はRCZに変わる新しいプジョーのアイコンとなるようですが、直4横置きFFの1.6Lターボで、外観はベース車とほぼ同じにもかかわらず385万円とは大きく出てきました。

  内容としては以前マツダが作っていたMSアクセラ(260万円)です。簡単に言ってしまうと、高出力ターボのFFで、サーキット走行を想定してのLSDが導入されたモデルです。なにやらFF車用のLSDの開発が日進月歩のようで、いまではFFが、MRのポルシェボクスターよりも速いタイムをニュル北コースでマークする時代に突入しています。ルノー、ホンダ、VW、プジョーがガチンコになることで盛り上がるCセグFFスポーツのトレンドに、マツダもボルボかフィアットと組んで乗っかるのも良さそうです。思い起こせば初代アテンザの世界的な大ヒットは、アルファ156、プジョー407、アコード、アルテッツァ、そして帝王E46BMW3erの「Dセグスポーツ・ブーム」の中で大健闘したことが勝因でしたから・・・。

リンク
最新投稿まとめブログ



  
posted by cardrivegogo at 00:07| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

マツダの存在が危うい!!!暴かれつつあるスカイアクティブの全貌!!!

  「マツダは良くなった!!!」ともうかれこれ3年くらい言われてますが・・・じゃあ具体的何が? データで客観的に見る限りでは燃費くらいじゃないですかね。乗り味がややトヨタっぽくなって、デザインがアウディだかメルセデスに似た雰囲気になって、それで「大満足」っていうユーザーの群れを狙い撃ちにしたところ、これが予想外の大収穫でした!!!これでスポーツカーもつくれるぞ!!!めでたし!!!めでたし!!!

  なんだか取り残された感があるのが「MSアクセラ」や「アテンザスポーツ」を楽しんでいた層ですかね〜・・・。このまま待っていれば何か(新型モデル)が出て来るのでしょうか? メルセデスなどはいくらかユーザーの若返りが進んだようですが、マツダは高級志向が仇となってまさかのユーザー高齢化が進行する結果に!!!世話になっているディーラーでも常連顔の暇そうな老人と鉢合わせすることがやたらと増えました。

  高齢者ユーザーが増えれば足回りはどんどん柔らかくなっていきますね。よし!!!今こそ「M(azda)スポ」だ!!!(笑)。このままだと 「スカイアクティブ」とは・・・「スカイラインがアウディに変わること」と要約されちゃいそうです。確かにアウディ(A4)ほどはハンドリングはまだ酷くはなってないですけど、アテンザは明らかに旧型と比べて微小舵角の反応が悪くなっています。新型では舵角が犠牲になった反面としてスタビリティを感じやすい味付けにはなっているわけですが・・・。2代目と3代目のアテンザのハンドリングの良い点を合わせたら、とんでもない商品力だと思うのですけどね〜。

  今月の「モーターファンイラストレーティッドvol.116」は密かにマツダがフィーチャーされています。読んでみるとこれが実にデリケートな内容でびっくり!!!マツダの開発者が市販車を煮詰めることの限界を吐露しています!!!マツダの「俄(niwaka)」なユーザーならこんな雑誌はまず読まないし、ほぼ理解できない内容でしょうから問題ないだろう!?って判断かもしれないですけど、開発者の口ぶりはなにやら穏やかではないです(担当ライターの悪意か?)。それにしても別のメディアを通じて、役員(藤原さん)・デザイナー(前田さん)・エンジン技術者(人見さん)は、「頑固」なまでにマツダの優位性を存分に語りますけども、開発現場のエンジニアからは「とまどい」「苦悩」ばかりを感じるのですが・・・大丈夫か!?

  今回のMFIは「乗り心地」特集となっていて、マツダ、トヨタ、スバルのシャシー設計担当者がやたらとたくさん出てきます。「マツダのデザイン」「マツダのエンジン」「マツダのボデー」「マツダのシャシー」「マツダの安全性能」などなどこれまでいろいろなカーメディアを通じて、スカイアクティブ技術によるマツダの現在地が語られてきました。これらの中に含まれる「絶対的な性能アップ」となる要素あるいは、ユーザーに「良くなった」と思わせる要素があらゆる自動車ユーザーに伝わるように、マツダは熱心に宣伝費をかけて「露出」させてきました。

  しかしクルマには「絶対的ではない性能」も多分に含まれていて、受け取る側によってプラスにもマイナスにも作用する部分の評価に関しては、特にスカイアクティブにおいては、ユーザーにとっては知らない領域=「ブラックボックス」となったままでした。今回はその気になる部分についてMFIがマツダに訊いてくれた!なかなか気の利いた特集になっています。

  とりあえずコレを読んでもマツダユーザーは自分のクルマに何も満足しないでしょう。特に現行モデルのユーザーにとってはクルマへの愛着が薄れてしまう可能性すらある微妙な内容です。簡単に言ってしまうと「乗り心地を優先させるなら、ハンドリングは悪くなる」、つまり「スカイラインか?アウディか?」という結論が提示されているだけです。ただしアテンザもCX5もアクセラもMCによって乗り心地の部分を改良で積み上げているので、買うならば「中古よりも新車の方がいいよ!」・・・という話。

  BMWがあらゆるモデルにも丁寧に「Mスポ」を設定していますが、この「乗り心地か?ハンドリングか?」という二択を提示するやり方はほぼ「正しい」ということになりそうです(問題なのはどっちも微妙ってことか?)。ただしマツダがもし安易に追従したところであまりいい事は無さそうな気がしますが・・・。

  さて今月号のMFIですが、マツダの開発者の証言だけでなく、他のコーナーも過激です。連載を持つ超大物ライターが自分のページで、これまでのマツダの存在理由を一気に覆してしまうような「爆弾発言」をしています!!!うぁお!!!これは!!!さすがに酷い!!!納得いかん!!!(後日別ブログでディスります!!!)

この人は以前にも
「GJアテンザ・・・外観はジャガー・中身はゴルフ」
「DJデミオ・・・何で騒がれるのか全くわからん」
「NDロードスター・・・首都高でトラックに轢き殺されそうになった」
といった挑発的な文言をマツダの現行モデルに対して吐いています。マツダの新車説明会に行くといつも上から目線で捲し立てられてイライラするとも書いているので、私怨もあるのだと思いますが、ロードスターのレビューはプロとしてどうなのでしょうか!?(運転技術ではなく倫理的な問題)

マツダがこの暴挙に発奮してブレイクスルーを起こしてくれるといいですけどね・・・。

リンク
最新投稿まとめブログ


posted by cardrivegogo at 02:51| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

新技術「Gベクタリング」はBMW・Mと同じ機能だ!・・・いよいよ「マツダスピード」の復活か!?

  「人馬一体」・・・マツダが事あるごとに引っぱり出してきて、なんとなく納得してしまう「うまい表現」だと思いますね。ジャーナリストもメーカーの要請からかやたらと多用していて、雑誌やウェブ記事などで目にすることも多いです。マツダ車って乗りはじめて最初の数ヶ月は相当に苦労するクルマなんですけども、それに馴染んでくると地面に対してフラットな乗り味が、どんどん走りを物理的な限界の領域まで押し上げていける感覚が得られます。

  これを総じてマツダ・ユーザーはスポーツカー的な乗り味と表現するようですが、スポーツカーというのは独自の設計により、一般的な乗用車よりも物理的な限界を確実に高くした乗り物なので、「スポーツカーと同じ」と言い切るのはちょっと無理があると思います。むしろ運転に慣れてくると、物理的な限界が見えたあたりから、ちょっと運転が億劫になったりして、「やっぱりスポーツカー買おうかな?」なんて想いが頭を過ったり・・・。

  マツダの中ではロードスターは非常に高い限界性能を持ったクルマで、これこそが「スポーツカー」であり、それ以外のアテンザ、アクセラ、デミオ、プレマシーなどはボデー形状、ホイールベース、トレッドからくる物理的限界に頭を抑えられてしまうほどに、足回りやハンドリングの躾けが良く作られています。いくらESCが法定標準装備されるようになったといってもあくまでFF車ですから、それほど簡単には限界性能は上がりません。とりあえずはタイヤのグリップを変えてみるのが一番効果的だとは思いますが・・・。

  言い換えれば、セダン/ワゴン/ハッチバック/ミニバンといったボデーが、どうしてもマツダ車に期待される走りの良さを制限してしまっています。クルマの主体が「ボデー」なのか「走り」なのかで突き詰めれば、もちろん「ボデー」になるので「制限する」という表現は適切ではないのですけども、マツダ車を選ぶ人々の頭の中にはどうしても「制限」だと感じてしまう頑迷さがあるんじゃないですか!?現行のスカイアクティブ車ではトヨタやスバルとそれほど変わらん!!!

  そんなに「走り」を追求したかったら、鋼管シャシーにエンジン載せただけのプレーンな競技用車両に乗ればいい!!とか思う人もいるかもしれませんけども・・・。マツダよりも断然にストイックに走りに振っているはずのフェラーリにだって、ミッドシップもあれば、FRのハードトップGTカーもあるし、4座のラグジュアリー・オープンカーがあるなど、ボデータイプにある程度の選択の幅があり、当然に車両ごとの限界も変わってきます。もちろん鋼管シャシーにマラネロ製エンジンなんてクレイジーなクルマはF1のフェラーリチームしか使いません(笑)。

  マツダもやはり「フェラーリと同じ」乗用車ブランドとして「アテンザ」で「セダン」でという枠組みの中で、いかに超越的なイメージが出せるかどうかが、そのまま「商品力」となるはずです。GJアテンザ・・・初代や二代目と比べるとどうでしょうか?とても峠に挑む気にはなれません。かといってレクサスGSやBMW5erの代替サルーンとして企画されているか?・・・「下剋上」を本気で狙うならまだまだいろいろ出来るのでは?

  そんなマツダの殻を破ってくれそうな新技術が公開されました。その名も「Gベクタリング・コントロール」。BMWの「M系」などのFR車の高級サルーンだと旋回時の安定性を確保するために、特殊なLSDが装備されていますが、まさにBMW「M」にLSDを供給するGKNジャパンとの提携で開発されたFF&AWD車向けの「LSD機能」のようです。すでに試乗会も行われたとのことで、そこで用意されたのが「アテンザ」と「CX5」という2トップだったことからも、これはいよいよBMW「M」のような電子制御バリバリのハイテクマシンを、期待の「上位のチューニング・ブランド」として設置するのかな? 名前はやっぱり「マツダスピード」のまま?

  マツダは昨年に2.5Lターボの開発を行い、ガソリンターボで最も高い圧縮比を実現した!と高らかに宣言しました。この高効率ターボはチューニング次第で350〜400psくらいまでは上げられるようで、2.2Lディーゼルよりもコンパクトですから、アクセラ以上のモデルでなら搭載は可能なはずです。噂によると日本でも登場して、新しい「MS」シリーズの主力エンジンとして使われる可能性が高いようです。

  BMW、ポルシェ、日産、レクサス、アウディ、メルセデスAMGなど、高出力エンジンを備える為には、安全面を考えてもLSDが不可欠です。歴代のマツダ車で300ps以上の高性能車は、おそらくRX7のチューニングカーくらいだけでしょうが、純正でトルセンLSDが付いてました。もちろんMSアクセラにも装備されていました。

  マツダが本気の「GTスポーツ改造車」を手掛けるための布石なのは間違いないようです。マツダからBMW・Mに匹敵するようなチューニングカーが登場する!!!考えただけで鼻血ブーな展開ですね!!!「MSアテンザ」「MS・CX5」が相次いで発表になるのを楽しみに待ちましょう!!!・・・オープンデフのプレーンで軽快な乗り味が楽しめた初代&二代目アテンザへの回帰はちょっと難しいのでしょうか。一抹の寂しさはあります。


リンク
最新投稿まとめブログ



  
posted by cardrivegogo at 04:58| Comment(2) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

CX4登場!!!マツダの本領発揮

  CX-4のデザインが公開されました。やっぱりマツダ!!!デザインにおいてはこちらの予想をいくらか上回る貫禄の「余裕」すら感じます。SUVのクーペではランドローバーの「レンジローバー・イヴォーグ」という突然変異的に現れた傑作デザインがありますが、それを追従したはずのBMW・X4やいよいよ日本でも発売されるメルセデスGLEクーペなど、パッとしない駄作が続いていて、非常に攻略が難しいジャンルだとは思ってましたが・・・見事です。X4はSUVブームの北米でも全然売れてないみたいです。

  苦戦しているメルセデスとBMWですが、元々は平べったくてどっしりとしたセダンを作るメーカーですから、そこから派生したテーマを使ってSUVを作るという発想自体に無理がある気がします。どうやっても縦方向に拡大しますから、メルセデスとBMWのSUVはどれもメタボに見えます。Sクーペや6シリーズだってかなりキツいのに・・・。

  それに対してマツダは、思いっきり縦方向を意識させる骨太な骨格のCX5を、見事に「魂動」デザインにまとめました!!!そこから今度のCX4はルーフラインを低くして、ボデー下部のデザインも計算した上で、デザイン全体が「横方向」に流れるスタイリングを完成させました。ポルシェ(マカン)、ランボルギーニ(ウルス)、マセラティ(レヴァンテ)、ベントレー(ベンタイガ)、ジャガー(Fペース)などと比べるのは無意味かもしれませんが、どの高級SUVよりも見事に「横」に流れるデザインになっているといっていいかも!?

  X4とマカンが600万円〜(直4ターボなので安め)、GLEクーペとFペースが900万円〜(V6ディーゼル)、ウルス、レヴァンテ、ベンタイガは1000万円を軽く越えます。そんなクルマを相手にしても300万円のCX4がデザインで一歩も引かずに対抗する!!!これこそがマツダの本来の姿じゃないですか!!!はるかに高額なフェラーリやポルシェのスポーツカーに対して300万円台の「RX7・FD3S」がデザインでガチンコ勝負を仕掛けました!!!その戦いに見事に勝利を収めたFDの傑作デザインはそのままアメリカを代表するスポーツカーのシボレー・コルベット(C5)に真似されました!!!

  先ほども言いましたが、欧州の高級ブランドなんてどこも平べったくてデカいセダンばかりを作ってきたわけです。それが今更にSUVのデザインなんて・・・荷が重いのでは!?。それに対してマツダは、ずっと5ナンバーサイズのクルマをどれだけスポーティに見せるか!!!というテーマに向き合ってきたわけです(FD以外にも歴史的名デザインはたくさんあります!)。この知見が今になってSUVを平べったくデザインする技になっているのだとしたら、このCX4はマツダデザインの歴史的集大成とも言えるモデルじゃないですか?

  さてCX4を見て改めてマツダのやりたいことがよくわかった気がします。SUVのラインナップを充実させて、一気にニーズを拡大させよう!!!なんてごくごく当たり前で単純な話では決してないです。マツダよりも遥かに高い価格帯の有名モデルに対抗することが、マツダの宿命なのか・・・まあそういうブランドのロマンもいいですね。なんとも日本で生まれたブランドらしい「誇り」を感じます。しかしマツダはもっともっと大切なことをこのクルマに込めたのでは?と思うのです。

  圧倒的なデザイン力があるならば、欧州の高級ブランドに対抗するだけの価格でド派でに売ればいいわけですが、そもそも日本には名門貴族も富裕層もそれほど多くはないですから、日本メーカーからロールスやベントレーのようなブランドが生まれてくることは今後もないと思いますし、マツダがそれらになることも不可能だと思います。そもそも誰もそんなマツダは望んでいない・・・。やはり日本メーカーならば、まずは日本のユーザーが喜ぶクルマを作ることが第一の使命であり、それがしっかりと達成できたブランドだけがグローバル市場からも「日本式」として尊敬されます。

  かつて日本のユーザーを熱狂させてきたモデル、たとえばスカイラインGT-Rだったり、セルシオだったり、RX7、シルビア、ロードスター、NSX、S2000といったスポーツカーに、ランエボ、インプSTI、インテグラR、シビックR、アコードRなどなど。「日本式」とは・・・まずは独自のやり方で日本のユーザーを熱狂させることです。まずは日本の賢いユーザーから「これは本物だ!」と篤く支持されることです。

  CX4も一歩間違えれば単なる珍車で終わってしまう可能性もあります。それでも「日本式」としての成功を掴むために、マツダはこのモデルにブランドのすべてを注入する勢いで、「SUVのクーペ」を徹底的に平べったく横方向にデザインする意志を示しました!!!そして「かっこいいだろ!!!」と。・・・「マツダはかっこいいクルマに乗り続けたい人々を決して見捨てません!」という不屈の想いがそこから伝わってくるようです。

  欲しいクルマは? クルマ好きなら即座に「35GT−R」「R8」「ヴァンテージ」といった3大スポーツカーが頭に浮かぶはず・・・。しかし1000万〜3000万円なんて金額はそう簡単には出せません。そこで私たちは大衆乗用車の中でスポーティだかラクシュリーだかよくわからないけど、程良いクルマを見つけて「妥協」していきます。マツダにもそういう選択の候補になるモデルが増えてきたかもしれません。

  しかしマツダの炎は消えてないですね。周囲はともかく、それでも自分だけは尖っていたい!という人が辿り着くブランド・・・それはやっぱりマツダなんだと思います。経営にいくらか余裕が出てきたのか、それを再認識させてくれる非常に「プレーン」なデザインのモデルが次々とでてきました!!!このCX4もそうですが、ロードスターRFなんかも完全に個性派を狙い撃ちしてます。この流れならばロータリー50周年となる2017年にはいよいよ「あれ」が復活するのかな?


リンク
最新投稿まとめブログ


タグ:マツダCX4
posted by cardrivegogo at 13:30| Comment(4) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする