2017年05月02日

ドイツの名門がマツダをパクリ過ぎな気が・・・。

  ドイツ車のリアデザインはやっぱりダサいなーと・・・いい続けて数年。相変わらずのクオリティでなんだか変わり映えがしないですね。マツダはどーなんだ?って話ですよね。マツダが「ブランドデザインの結晶」と言うGJアテンザを採点すると [フロント]前期60点/後期85点 [サイド]前期・後期95点 [リア]前期・後期50点 といったところでしょうか。最大のウィークポイントはリアにあるようで、発売当初からマークXやヒュンダイ・ソナタとの類似性が指摘されていました。韓国の専門家に「アテンザはソナタのパクリだ!!」と言われていましたね。あまりの的外れに全く話題にもならなかったですが・・・。

  ドイツ勢もマツダも大概にしろ!!ジャガーXJを見習って!!と憤慨していたところに、ひょっこり出てきたメルセデスの新型モデル。しかもSUV。なかなか「見所」のあるリアデザインが!!あれ!?これはもしかしてマツダの!?


  こっちもなんだかデジャブ感がハンパないんですけどねー。マツダが市販しないからデザインを買い取ったの?



  今年か来年には4代目に移行するはずのアテンザですが、突然のCX8の発売決定!!しかもプレマシー互換ではなくて、アルファードやエルグランドに並ぶ、「ピープル・ムーバー」の最高峰のクルマになる!!とのこと。久々に日産、トヨタに喧嘩を売るモデルの登場。しかもアルファード/ヴェルファイアといえば、320万円〜という価格帯にも関わらず、2017年3月だけで合わせて10000台以上を売るお化けモデル。1000台じゃないですよ10000台ですよ!!

  欧州ではカンパニーカー制度っていうのがあって、メルセデスやBMWの高級セダンが一定割合売れる下地があります。日本でレクサスが売れないのをいちいち揶揄する評論家がいますが、基本的に高級車が売れるカラクリがわかってないんじゃないの? 日本のクルマ販売の構造では法人向け高級車のほとんどを「クラウン」と「アル/ヴェル」で占めています。・・・ちょっと余計なことを言ってしまうと、事業を所有する人が多い「アル/ヴェル」のユーザーの運転マナーは、「(事業税を払わない)エコカー乗りのリーマンは道を譲れ」という感情から来るのかも・・・・。

  フォード傘下で2000年以降は半強制的に小型車開発に従事させられたこともあって、大型車のイメージがすっかりなくなってしまったマツダ。もうセンティアとかコスモとか・・・マツダが昔はクラウンやソアラみたいなクルマを作っていたなんてイメージは1980年以降に生まれた世代にはすっかり無いみたいです。2000年以降、マツダはそこそこ話題になるクルマを作ってきてはいますが、やはり大型車を持たないブランドには固定ファンがつかないので、成長の実感がなかなか掴めないみたいです。

  アテンザやCX5があれば、とりあえず望むべきカーライフは得られると思いますけどね。マツダはとりあえずレクサス、メルセデス、BMWなどに全く引けを取らないレベルのクルマを作っていますし。「衝突安全性」「快適性」「高品質」「走行性能」「運転支援システム」・・・どれを考慮しても全く遅れをとっていないどころか、むしろマツダが一番出来ているのではないか?というくらい。けれどもまだまだアテンザやCX5には「フォード支配の軛」が少し残っているのかなー・・・もう少し「吹っ切れた」世界観があってもいいのでは?と感じます。

  マツダもそれは実感しているようで、「いいクルマが作れているのだから、思い切って大型に取り組もう!!」という段階に来ている。まずは日本でそこそこの「数字」を持っているアル/ヴェルとオデッセイを切り崩していこう。2.2Lディーゼルに加えて2.5Lガソリンターボも投入されるでしょうけど、この2本立てなら、相手は旧式エンジンですから、スライドドアの有無も鍵になってくるでしょうけども、勝算は十分にありそうです。テスラみたいに上に開くドアを装備して、マツダらしく「カモメ・ドア」!!なんて趣向があるのかな!?

  でもやっぱり高級化のポイントはやっぱりデザインだと思いますよ。メルセデスにパクられるくらいにいいデザインが作れるのだから、自信を持ってリアデザインを磨いて欲しいなー。歴代マツダ車ならば、初代ルーチェと初代コスモですかね。なんの因果かわかりませんが、初代ルーチェ(1966)とW114(1968)はリアがよく似てるなー。もっとも車格が全然違うのでパクリとかではないでしょうけど。





最新投稿まとめブログ
タグ:マツダCX8
posted by cardrivegogo at 03:24| Comment(10) | メルセデスベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

メルセデス、スバルの6気筒「回帰」現象?

  ダウンサイジングの名の元に、エンジンをより少ない気筒数のものへと載せ換えるFMCやMCがここ数年多く見られました。特に顕著なのがドイツメーカーで、メルセデス、BMW、アウディの人気の3ブランドはブランド力にものを言わせて、4気筒のベースグレードが定番になっています。さらにジャガーやキャデラックが直4ターボに追従してきました。

  しかしまあ、この直4モデルに対する偏見というのがまだまだ根深くて、500〜700万円もする高級車にはちょっと相応しくないだろうという感情もあったようで、売れ行きは伸びず・・・。そもそもFRで直4を使うというのが愚か過ぎで、エンジンは高回転でうるさくなる上に、FR特有のプロペラシャフトが唸る。さらにFR車はキャビンの近くにトランスミッションを配置するわけですが、これが直4ターボだと忙しいくらいに切り替わり、車体も軽量化されているので「変速ショック」が社内にとても良く響きます。

  まったくもって直4エンジンはFRの高級車にはあり得ない設計だと思うんです。スポーツカーじゃないんだから・・・。フェアレディZとスカイラインに新たに直4ターボが載るようですけど、Zならわかりますが、新型スカイラインは明らかに高級車路線なのだから違うだろ!と言いたい。

  どうやらメルセデスやBMWもラインナップを全て直4ターボにするという「暴挙」はあまりの不人気に考えを改めた模様です。本体価格595万円のメルセデスE250がMC直前の限定モデルとはいえ、400万円程度で正規ディーラーから販売されたらしいのですが、メーカーもこの設計のクルマの価値を完全に見限っている? もはやアテンザと同等の価格じゃないですか・・・。メルセデスは早くも次の展開を考えているようで、次期Eクラス向けになんと新たに直6エンジンを開発しているのだとか!

  メルセデスが新型6気筒エンジン、しかも直6!を新たに作るとなると、提携関係にある日産のフーガとスカイラインにも同じものが供給されるのでは?という期待感もあります。実現したら往年の日産ファンが再び熱狂するのかな・・・。この日産の動きにシンクロするようにトヨタにもBMWの直6を積んだモデルが登場するという計画も進行していて、いよいよアリストターボやスープラみたいなクルマがラインナップに加わるのもそう遠い話ではないらしいです。

  そしてスバルもいよいよ日本で水平6気筒が復活するのではと、あの販売店の店長さんが仄めかしています。アメリカ仕様には6気筒があるのでそれをそのまま日本で売ればいいだけの話です。さてなぜ各社がこれほどまでに中型モデルの6気筒化にこだわるのか? それはおそらく商品力において、4気筒では十分に魅力が発揮できないからだと思われます。

  簡単に言ってしまうと、4気筒ではアテンザに負けてしまうということです。4気筒で同じ土俵に立ってしまうと、おそらく大半の人がアテンザを選んでしまうくらいに、内外装の冴えをみせているので、他社は解り易く差別化する方法として、おそらくマツダが追従してこれないであろう6気筒化に活路を見出しているわけです。アテンザ登場の結果、ベンツが直6回帰というならマツダの取り組みが見事にクルマ業界に変革をもたらしていますね。

  もっともメルセデスは出したら意味不明に売れてしまったCLAとの差別化という意味もあるようです。FRモデルのテコ入れに直6というのも気持ちいいくらい合理的(ドイツ的)な判断ですね。


「最新投稿まとめブログ」へのリンク



posted by cardrivegogo at 11:10| Comment(0) | メルセデスベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

メルセデスCLAを好意的に解釈してみよう

  価格・サイズ・デザインだけを見ればアテンザの比較対象になることもありうるという「メルセデスCLA」。開発担当者がVWに対して完全に「白旗」発言したり、購入者の多くがメルセデスの基準においては乗り心地は「不満」だとかで、「価格」と「個性的なデザイン」以外には特筆するすべきことはないらしい。でもなぜかみなさん不思議と満足そうなんですよね。

  そう言えば新型アテンザもスペックだけみればいろいろ不満だらけなんですが、まあ300万円台という価格も含めて顧客満足度が高いのは想像できます。口が悪い人は「CLAもアテンザもどちらも中国向けのシロモノ」と言うのでしょうけど、どちらも決してそれだけのクルマじゃない!というのは私にでもよ〜く分かります。

  クルマはスペックで優劣を決めるものではなく、それを買った人がどれだけ幸せになれるかが最も重要です。いくらスゴいクルマだからと言っても、私ごときが12気筒のメルセデスSクラスを借金してまで無理して買ったところで、「効用」は大して高くなく恐らくというか絶対に幸せにはなれないと思います。とりあえず1000万円は軽くするクルマを無理してでも所有しなければいけない「生活環境」なんて息苦しくて嫌だなとも思うわけです。

  気楽に林道などに入って行けるクルマで、適度な上質感があり、満足いく居住性と動力性能があって300万円前後。こんなクルマが実際には日本の大多数の人を幸せにするんじゃないですかね。モリゾー社長じゃないですけど、「クルマ文化」の裾野を広げるためには、主要メーカーがこういうクルマを積極的につくらなきゃダメだと思います。日産の新型スカイライン(500万円程度)が予想外に批判されるのもこれが原因なのでは?

  逆に300万円程度で満足度が高いクルマが作れているメーカーはイメージが向上している印象。トヨタ86/スバルBRZは最終的には愛されるでしょうし、カムリHVがブレイクしたのもこの「法則」に則っていたらからな気がします。最近では「マークX G’s」がブレイクしてますね、もうちょい安ければもっと火が付くと思いますが、レクサスISの客が減ってしまうのでこれ以上は安くできないでしょう。

  そして何といってもマツダ!このブランドは今も昔も「ユーザーを幸せにする!」ということに全力で取り組むメーカー。今のマツダ人気を分析すると、「300万円で幸せになれる」ことに加えて、「国内産業保護」を声高に叫ぶメーカーのクルマを買う事で、「日本経済に少しばかり貢献しているという想いがする」というのがあります。もちろん「ゴルフ」も「CLA」も「ジャガーFタイプ」も「マクラーレン12C」も日本製の部品をたくさん使ってますから、それなりには貢献できるんですけど・・・。それでも特に過疎地域が多い中国地方を地盤とするマツダは応援したくなります。

  さてCLAですが・・・出来はどうあれ、このクルマが売れることで日本メーカーにも何らかの変化が生まれる可能性はあると思います。日本の設計者からするとCLA180なんて、カローラクラスを担当するエンジンなのに何であんなに立派なボディを載せるのだろう?と不思議以外の何者でもないです。ただしメルセデスが日本で400万円以下で3BOXのベンツを買えるようにするんだ!という「大義名分」のもと作ったクルマだとするならば十分に理解できます。

  なぜ走行性能が著しく低いのか(カローラクラスのエンジンなのか)? それは既存のメルセデスのラインナップの売上に大きな影響が出ないようにする為なのでしょう。メルセデスのシェアを減らさずに200~300万円台の日本車からサクっとシェアを頂く!プリウス、カムリHV、ティアナ、アコード・・・ここら辺の乗り換え需要をごっそりと。それと同時に、アテンザに取られそうなユーザーに新たな提案ができる。なんと言っても値引き可能額はマツダ以上!コストかかってませんから!(実際はC/EクラスがごっそりCLAにやられているそうですが・・・)

  アクセラXDの「価格」がアテンザを気にしていたり、新型ティアナの「デザイン」がスカイラインを気にしていたり・・・もし恰好良すぎたらスカイラインが売れなくなります。そこからいくとCLAのように「性能」を落とすことで上級モデルに配慮するのは、日本メーカーにとっては斬新じゃないですかね。どうせ100km/hしか出せない道路です。2.7秒で100km/hになるGT-Rも10秒で100km/hになるフィットも実用域では大した差なんてない!だったらプレリュードのボディにフィットのエンジンでいいじゃん!これがCLA180の本質なんだと思います。少しイメージが変わったかも。






「最新投稿まとめブログ」へのリンク

  
posted by cardrivegogo at 06:50| Comment(0) | メルセデスベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

メルセデスCLAの日本発売 アテンザのライバル?

  予想よりも早く日本へやってきました。本体価格335万円〜!!!それにしてもメルセデスのDセグセダンが、日本市場でアコード・レガシィ・アテンザとガチンコ勝負をするようになる日が来るなんて誰が予想したでしょうか?

  もちろん335万円のベースグレードはそれなりのクルマであって、性能面ではアコード・レガシィ・アテンザが全面的に上回っていて、間違っても負けているということはないです。ただ日産シルフィと同等のクルマとは言い切れない明確なアドバンテージを持っています。欧州プレミアムブランドならではの手堅い足回りに7速DCTと手強い装備を備えています。日本メーカーが考える車格を歪めたポジションにあるクルマなので単純な比較が難しい部分もあります。

  出力面での性能的にアコード・レガシィ・アテンザと同等になるCLA250は、価格が一気に跳ね上がりスカイラインやクラウンを超える459万円〜になります。これならば同価格で新型シャシーのレクサスISが買えるので、CLA250を選ぶ必要OKとは思いますが、IS250のやや瑕疵が目立って美味しさが不十分という要素を考えると、そこまで決定的ではなく難しいところです。

  なによりこのブログで最優先項目として挙げているスタイリングについては、写真を見る限りだとかなりの実力のように感じます。現行レガシィなどはスタイリング比較では瞬殺されてしまうかも? 新型アテンザはデザインでこそ定評がありますが、CLAの方が車体が一回り小さくて、単純に取り回しに優れているので、道路事情の悪い地域の「目立ちたがり屋」にとっては恰好の高級車になりそうです。

  どれだけ未成熟なハンドリング(EPS)だろうが、ミニバンなみのパワーウエイトレシオだろうが、スタイリングさえまともであれば、もはや日本の道路事情では正義と言えるかもしれません(現行レガシィは悪?)。メルセデスとしては自ブランドの新車購入者を減らさずに、日本メーカーの上級車種ユーザーを上手く取込みたいという狙いが見え見えではありますが、実に見事なマーケティングには違いないのですが・・・。

  従来のメルセデスファンはこのクルマに相当な偏見を持つでしょうし、MBでもBMWでもアウディでも構わないという輸入車好きな中古車ユーザーにとっては、価格的にも買い替えの絶好のモデルになりそうです。さらにハイブリッドに軸足を移しつつある日本のセダンの出鼻をくじくように、価格面での魅力をちらつかせています。
 
  果たして現行の日本車のセダンはどれだけ自動車ユーザーにクルマの魅力を印象づけられているのでしょうか? あれだけ反響があった新型アテンザは果たして次世代車の代表格としての認知をされているのでしょうか? 国産車・輸入車ともに目立ったライバル(クラウンくらいか?)がいなかった中では絶賛されたが、果たしてこの抜群のブランドイメージを持つ強力なライバル登場でも、なおその地位を守ることができるのでしょうか・・・? 
  



posted by cardrivegogo at 23:11| Comment(0) | メルセデスベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

新型アクセラはメルセデス新型Aクラスみたいな「駄作」ではないと信じています・・・

    
  はじめに断っておきますが、私はメルセデスが嫌いなわけではありません。もし機会があればぜひ所有したいと思っているくらいです。メルセデスが作るクルマの長所もそれなりに理解しているつもりですし、高く評価している車種もいくつもあります。

  メルセデスの新型Aクラスがやはりというべきか、「集中砲火」を浴びています・・・。あまりにも苛烈なので、日本メーカーによる「何らか」の圧力か?とも思ってしまうくらいですが、確かにA180のスペックを見ると、これでマトモに走るわけがないと納得してしまいます。メルセデスはおそらく「FFのグレードだから遅くてもよい」と判断したのだと思いますが、いくらなんでも「FFをナメ過ぎ」ています。車重が1430kgもあるのに、122psのエンジンでは「軽ターボよりも遅い」などと言われてますが、当たり前のことだと思います(軽ターボの出足は恐ろしく速いですBMW320よりも速いのでは?)。

  某大手の自動車投稿サイトで、メルセデスAクラスの短所として「国産車並みの遅さ」などと書いているのを見かけますが、ここまで遅いクルマは現行の国産車には存在しないと思います。1.3Lのカローラの方が車重1050kgなので断然に速いはずです。中には「このクルマは国産ではフィットやノートと同じクラスだから、300万円の国産と比べるのはオカシイ」という意見もありましたが、フィットやノートの方が断然によく走ります(フィット・ノートもグローバルカーです!)。同じ1430kgのボディを持つ「ボルボV40」は180psで、国産の軽量なコンパクトカーと同等の走りをするならば、これくらいのスペックは必要なはずです。

  メルセデスはA180のエンジンを「わざと」デチューンしてパワーを出なくさせていることが分かっています。その狙いはなにか?もちろんA250を買わせる戦略だと思われます。Cクラスと同等の価格設定のA250を買わせることができれば、当然ながら圧倒的に利益に貢献します(Cクラスよりコストがかかっているようには見えません)。日本メーカーが同様のことをやれば「モラル・ハザード」だとして、不買運動につながりそうなことを、スーパーブランド・メルセデスは平気でやっています。

  年内には、このAクラスのセダン・バージョンと言えるCLAが日本でも発売されるようですが、CLA180がA180より重くなって、より高価(+50万円?)になって登場します。350万円するにも関わらず、日本市場で「最低レベル」の加速性能を誇るのでしょうか? Aクラスと同じホイールベースに長めのリアオーバーハングが付けば、FFなのだから単純にトラクションがかかりづらくなります。さらにターボ車なので、旋回しながらの加速にはホイールスピンやトルクステアのリスクがつきまといます。雨の日に大型スーパーの駐車場に一旦停止から左折しながら入場するとき、そこに金属製の排水溝カバーの上を通過すれば、その危険さが一発でよくわかると思います(よくゴルフやプリウスが滑っているのを見かけます・・・アテンザもかなりヤバいですが・・・)。

  メルセデスのFF車に大きな期待を寄せるのは、当分の間は無理があるのではないでしょうか? そもそも新型Aクラスに本当に自信があるのなら、北米市場にさっさと導入されているはずではないかと思います。北米でのメルセデスのステータスはBMWやアウディを大きく上回っていて、価格も他のブランドを大きく上回っています(逆に北米基準でいくとメルセデスの日本価格はかなりお買い得で一番のボッタくりブランドはVWか?)。その北米でのメルセデスの地位を考えると、メルセデスの「確信犯的」車種のAクラスはとてもラインナップできるようなクルマではないのかもしれません。

↓日本では沈黙気味の三菱やホンダがかなり意欲的なコンセプトカーを出してますね。三菱にはぜひ勇気を出して製品化してほしいと思います。



  
posted by cardrivegogo at 05:43| Comment(11) | メルセデスベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

メルセデスEクラス フェイスリフト・・・まじか!?

  本来はアテンザの直接的なライバルではなかった車種ですが、メルセデスEクラスのフェイスリフトが2013年に行われる。日本市場のフルサイズセダンは、メルセデスが未だにシェアを大きく持っていて安定していました。しかし下のクラス(Dセグ)に新型アテンザが登場し、欧州車オーナーが続々と大移動をしているようです。トヨタのクラウンもこの流れに続き、日本メーカーの熱気もこのクラスへ再び戻ってきました。今後このクラスでの輸入車シェアは落ち込み、この2台(アテンザ・クラウン)への乗り換えが予想されます。
 
  メルセデスもEクラスのフェイスリフトで対抗するべく、去年の暮れからデザインが公開されてます。はっきり言うと(失礼ですが)、完全に日本のトレンドに乗り遅れていると思います。いくら日産と提携しているからといっても、日産のセダンのイメージをそのまま取込んだようなデザインを持ってくるとは・・・。日産と三菱とメルセデスの「三社同盟」はマフィアが乗りそうなクルマばかりのセダンラインナップですね(三菱は日産OEM)。

  この新しいEクラスもはっきり言って「恐すぎる・・・」。こんなのに高速で後ろにベタ付きされたら、イヤですねぇ〜。日産のフーガ&シーマも「反社会的」な臭いがしますが、まったくそれと同じです。日産のセダンと同じでフロントライトがデカい(かっこ悪い)!これではトヨタ&BMW(提携強化中)のセダンとは勝負にならないと思います。

  このクルマが惜しいと思うのは、エンジンがかなり良さそうなことですね。3LのV6にツインターボ搭載で333馬力でるモデル(E400)の燃費が13.3km/L!にはかには信じ難い数字ですね。日本のほとんどのミドルクラスセダンが採用している2.5LのNAを積んでいる(マークX、スカイライン、シーマ、ティアナ、レガシィ、アコード、アテンザ、クラウン、IS、GS)より燃費がいいとは・・・。MAZDAのスカイアクティブ2.5Lガソリンエンジンっていったい何なの?日産は3.5LのNA(カタログ燃費9km/L)を載せるのやめてこのエンジンを供給してもらえばOKじゃないか?などなど結構ビックリでインパクトがあるエンジンが載ってます(発売したらベストカーが速攻で実燃費チェックしてくれるはず)。

  日本で売られるセダンのデザインが一気に二極化してきました(アコードやキザシが取り残されていますが)。「コンサバ」陣営がメルセデス・日産(三菱)・スバルと関東系メーカーが多く、購入層は以前からセダンを愛用していた既存客がほとんどでしょうか。対する「スタイリッシュ」陣営がトヨタ・マツダ・BMWなど非関東系メーカーですね。こちらはセダンに乗っていなかった層にウケそうですね。最終的にどちらが勝つのでしょうか?

  
posted by cardrivegogo at 06:01| Comment(2) | メルセデスベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

メルセデスCLAは・・・

  4月からメルセデスCLAがヨーロッパで発売され年内にも日本に上陸するらしい。どうやらアウディA3セダンとマツダ新型アクセラにガチンコの時期に日本市場に登場するプレミアムCセグメントセダンになりそうだ。まずなんといってもデザインが目を引く。印象としては、確かにメルセデスなんだけど、まるでちょっと小振りになった新型アテンザみたいだ!!!あのメルセデスが!マツダをパクった!
  これが4月に出てきて一部グレードは400万を下回るだろうから、アテンザの価格帯にも近いので競合してきそうな感じだ。アテンザは大きすぎるのでこっちにしますという人も当然いるだろう。そしてこのクルマの一番のポイントは何より「FF」だということだ。雪が降っても大丈夫!これが今の日本市場ではとても大切なんじゃないかと思う。FFのCセグセダンは完成度さえ高ければ、かなり需要があることはインプレッサG4の売れ行きを見れば明らかだ。現在ライバル不在のインプレッサG4は異例の大ヒット街道を爆走中です。スバルのラインナップとしては異端のFFが中心のモデルがブランドを引っぱる稼ぎ頭だということは手放しでは喜べないだろうが・・・。そんなG4に今回ドイツの一流メーカーから本格的なライバルがやってきたようだ(価格からすると200万円もの差があるが)。スバルも3月発売のインプレッサHVで迎撃する態勢は整えている。しかしこのHVはトヨタのものではなく、スバルが独自に作ったそうで、市場がどう判断するか?さすがは技術のスバルと納得できるものになってはいると思うが、肝心の燃費がどこまで出せるのか。スバルとしてはスポーツ向けHVをやるということで、加速重視の世界初めての水平方向HVとしてブランドが確立できるか?「加速」と「燃費」で2012年の話題を独占したマツダのディーゼルに技術で真っ向勝負みたいですね。日本車好きにはたまらない展開だ。マツダとスバルがトルク40kgオーバーの次元でかつ燃費性能まで争えば、メルセデスCLAの上級グレードの211馬力(トルク30kg)なんてまったく売れないだろう。
  ところが、逆にコストパフォーマンスが売りの現行インプレッサの良さが薄まる可能性もある。インプレッサの方が運転支援装備や燃費からサスまで全てで上回っているが、唯一の弱点はデザインがやや地味なこと。対するメルセデスCLAは運動性能でほぼ全面的に劣っているが、デザイン面では去年出たばかりのCクラスから早くも方針を転換して(つまり新型アテをパクって)とてもかっこいい。必要十分の動力性能さえあれば、かっこいいクルマのほうが競争力が高いこともあります。新型アテンザのデザインを意識したベンツCLAと新型アテンザの加速・環境性能を意識するであろうインプレッサHVの戦いはどうなるのか?



posted by cardrivegogo at 05:23| Comment(0) | メルセデスベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする