2014年06月26日

マツダにまだ新型スポーツカーを期待してもいいものか?

  スポーツカーに乗りたい!という人は今もまだまだ多いようですが、スポーツカーにはまったく興味が無い!という人も同数かそれ以上います。そういう人々の多くはそもそもクルマに興味が無かったりするわけですが、中にはクルマはとても好きなんだけど「スポーツカーは終わった」と考えている人もいるように思います。彼らの意見を要約すると、一般のクルマの性能が上がり過ぎてしまって、最近のスポーツカーはスタイル以外で主張できるポイントに乏しくなってしまった・・・といったものです。

  マツダにもロードスターが脈々と残っていますが、このクルマは「セカンドカー」という割り切りを貫き通したからこそ、世界の余裕のある有閑層の支持を受け続けることができました。このコンセプトを維持し続けるならばまだまだ次期モデル以降もスポーツカーとして存在できる余地はありそうです。その一方でトヨタ86が目指したような「スポーツカーをファーストカーに!」というコンセプトには疑問があります。以前このブログでもロードスターを2+2座に!みたいな愚かな提言をしたことがありますが、そんな「マイルド・ロードスター」なんて何の価値もないと今は思っています。

  ヴィッツRS-G’sというコンパクトカーを改造したスポーツモデルが、先日改良を受けてインプレが幾つか出ていましたが、そのドライビングフィールの軽快さからなんと「トヨタ86と同じくらいに楽しい!」といった評価が多かったように思います。それはあくまで幾人かの評論家のやや「盛った」意見に過ぎないのですが、FRスポーツ専用シャシーをわざわざ使った86でも、トヨタのFF小型車汎用シャシーを使ったヴィッツRS-G’sと比べて大きな差がない水準なんだということを示しています。

  もちろんトヨタ86の魅力は多くのチューナーが存在していて、それぞれにパーツを設計したり、専用チューンを提案してくれたりと、自分の好みにあわせてクルマを仕上げる選択の範囲が他のクルマよりも広く整備されていることにあります。86を買ってさらにお金をかければ、シャシーの限界が高い分だけ幅広いクルマ作りが可能という点ではヴィッツRS-G’sとは大きく異なるクルマと言えます。しかしせいぜいタイヤ&ホイールを交換するくらいしかしない人にとっては、86もヴィッツRS-G’sも大きな差はないわけです。

  トヨタはこの新型スポーツカーを立ち上げるに際して、アフターパーツメーカーへの協力要請をしているようですが、さらに多くのユーザーに応えるならば「コンプリートカー」を作るチューナーを育てるなどの姿勢があっても良いように思います。どうやらトヨタ本体がそこまでの投資価値を見出していない様子で、そんな「中途半端」な点が見ていてヤキモキさせるところではあります。確かにポルシェやメルセデスのように複数のチューナーからコンプリートモデルが出るような伝統はありません。しかしトヨタにはそういう伝統を作ろうとする気もないのです。

  ポルシェやVWの役員がポルシェのチューナーとして知られる「RUF」のクルマに乗っているのは、わりと自然なことに思います。同じようにメルセデスの役員が「ブラバス」のAMG車に乗っていることも多いでしょう。しかしトヨタの役員の愛車が「86」なんてことはまず想像できませんし、おそらくあり得ないことでしょう。かれこれ10年ほど前に、トヨタの役員がアリストターボで70km/hだか80km/hだかのメチャクチャなスピード超過で捕まった事件があったと思いますが、あの頃のトヨタなら役員が喜んでブランドで一番スポーティなクルマを愛車にしていました。

  「86に乗るトヨタの役員はいない・・・」悲しいことですが、これが今のスポーツカーの現実なんだと思います。マツダの社長だったマーク=フィールズは在任時には自らRX7FD3Sのハンドルを握って出社していたそうです。おそらく日産GT-Rを愛車にする日産の役員はいるでしょうし、ランエボに乗る三菱役員も、WRX STIに乗るスバル役員もいるでしょう。その会社の役員も乗らないようなスポーツカーなんてのは売れそうでもやがては廃れていきます。おそらく最終型セリカに乗るトヨタ役員はいなかったと思いますし、CR-Zに乗るホンダ役員もいないのでしょう。

  マツダに新たなスポーツカーを求める声は少なくないです。300万円程度の「役員も乗らない」クルマになるのか、600万円を超える「役員が好んで乗る」クルマになるのか? もちろん価格が全てではないですが、願わくばトヨタ86のような、インサイダーに見放されてしまって、熟成すらされずに放置される「可哀相な」スポーツカーを作るのだけは、絶対にやめておいてほしいなと思います。まあマツダならそんな愚かなことはしないと思いますが・・・。

リンク
最新投稿まとめブログ



posted by cardrivegogo at 23:00| Comment(2) | ロードスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
86に乗る役員がいない根拠は?ここにかいてあることはあなたの想像でしょ?わたしもマツダ好きですが86もいい車だと思いますし、86に乗る役員もいるのではないかと、わたしは“予想“します。
Posted by まつだ at 2014年08月28日 21:12
根拠は文中に示してある通りです。
いや別に断定してるわけではないのです。
もちろん86が悪いとも思ってないです。
伝わらないのが何とも残念ですが、
クルマの良し悪しではなく
メーカーの「愛」「温度差」が本稿のテーマです。
Posted by CARDRIVEGOGO at 2014年08月28日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

一週間後の世界が気になりませんか? bet.japan

約130万サイトが利用しているA8.net >br/>
一般人ライター募集中

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!
カラーミーショップ