2013年11月08日

アテンザMC! 衝突安全ブレーキやレーンキープって必要?

  どうもイメージばかりが先行してしまっていて、とりあえず有った方が良いということになっている「衝突安全ブレーキ」です。メルセデスもBMWも躍起になって現行車に付けまくっていますが、「プレミアムブランド」をトップダウンで号令しているマツダも当然ながら追従します。

  スバルやマツダにとっては、一般に安全性が高いと思われているドイツ車よりも一歩先んじたところに「安住の地」があります。常にドイツメーカーに追われる側になって初めて「存在価値があるブランド」なわけです。メルセデスやBMWよりも「つまらない」クルマを作ってはいけないというなかなか過酷な状況です。

  近年どちらも精力的なプロモーションが目立ちます。フォレスターを半年で10万キロ走らせてみたり、アメリカのレース(グリーンカー部門)でディーゼルスポーツで優勝してみたり・・・。「寄らば大樹の影」というべきか、ニュル最速を争うマシンは今やトヨタ・VW・GM・ル日の「4大グループ」のどれかの看板を背負って走っているわけですが、スバルもマツダも今後は「トヨタ」印で走ることになりそうですね・・・。

  ただ400ps以上のマシンなんていくら作っても全世界のほんのわずかの人しか喜ばないクルマだと思います。たまに神奈川や埼玉の近隣県に出掛けると、トラクションが全くかからず、スリップして上手くスタートできない旧型のローレル/グロリアなんかにお目にかかります。400ps以上にチューンされたクルマは「バカな人」には乗れないのだなと良くわかります(私にも乗れませんが・・・)。

  先日もフェアレディZをドリフトさせて、通学中の小学生を「薙ぎ払った」忌々しい事件がありましたが、いよいよドリキンの「hot version」も販売自粛に追い込まれちゃうかもしれません(大人のDVDと一緒でネットでいくらでも売る事はできるでしょうが・・・)。「ドリフトごっこ」は失礼ながら名古屋や大阪近郊だけの現象とか思いきや、埼玉県道などもなかなか対策が進んでいなくて「ブレーキ痕」が残るところも多いです。東京西部に住んでいますが、金曜・土曜の夜になると「Z」「FD」「S2」「STi」などが次々と北上していきます(迷惑この上ないですね・・・)。

  ちなみに乗っている人は・・・、40代以上が多いです。当然に所得や資産もそれなりに多い層だと思います。クルマの動きを見ていれば、ドライバーのだいたいの経験年数わかりますよね。峠で走っていても夜中なら滅多に危険と感じることはありません。ヘッドライト以外に灯りがない道路でこんな「遊び」を長年続けている人は、たいていは安全運転のプロです(過信は禁物ですが・・・)。

  見ていると彼らにとって「衝突安全ブレーキ」などよりも「ハザードランプ」こそが最強の安全装備なのだと思います。驚くほど多用してくれるので鉢合わせしてもまったく怖くありません。「ハザードランプ」の機能をもっと充実させて欲しいとかは特に思いませんが、ウインカーを出さずに突っ走っていくアホにナビが警告するシステムもしくは、自動的に通報するシステムを作ってもいいんじゃないでしょうか。ウインカー不表示30回で略式「検挙」でお願いしたいです。



↓「峠の魔王」は確かに面白いですが・・・

【関連する記事】
posted by cardrivegogo at 14:32| Comment(1) | GJアテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
CARDRIVEGOGOさん、こんにちわ。前のブログでのコメントありがとうございます。

今日(11月13日)の「北陸中日新聞」(東京では「東京新聞」が該当)に、
「自動ブレーキ過信禁物」「マツダ試乗事故」として、「埼玉県販売店が開いた試乗会で、CX−5の自動ブレーキがかからず、目標のマットをはねのけ金網につっこみ、運転者と助手席の店員が負傷した」という記事が出ていました。新聞には、どこかの会社の試乗会で以前にも事故があったと書かれていました。
メーカーは指定の傷害物を使わなかったからコメントしているようなことも出ていました。

そして、「(自動ブレーキが)作動中のときに、ブレーキを踏めば、自動ブレーキは解除される。あくまで、(自動ブレーキは)サポート役に過ぎないのだ。自動ブレーキは4〜30キロの低速で、ブレーキを踏み忘れた場合にのみかかるのだ。50キロ以上では、かからない」といったことも、掲載されていました(最近、あるメーカーでは、50キロでも該当するとも言っていますが)。

GHアテンザ前期の私のクルマには、当然のこととして、自動ブレーキもクルコンも付いていませんが、想像するに、クルーズコントロールを作動させている時、いったんブレーキを踏むと怪異助されるのと同じだな、と思いました。曲がりくねった狭い街なみの道路を自動ブレーキのスイッチを入れて30キロ以下で走っている場合、横を向いて油断したり、居眠り運転をした等の場合のみ作動する装置だな、と思いした。いわば、自動ブレーキが付いているというだけで安心する、いわばギミック(おもちゃ)みたいなものだなと、思いました。

以前書いた、4チャンネルのステレオ(四隅のスピーカーから聞こえる音で、自分がオーケストラの真ん中にいるような気がする)や4WS(四輪操舵システム・・ハンドルを切ると全輪だけでなく後輪も動き、最小回転半径が小さくなる。但し、後輪もステアするので、横にはみ出し、止めてあった横の壁にクルマがぶつかることがある) 、そして最近の3D映画や3Dテレビ(すぐ費用対効果が薄いと気づき、廃れるような気もしますが)などと同様に、、ブームが去ると静かに消えていく面があるような気もしますが。

新聞などを賑わしている、トヨタ方式(アシスト)と日産方式(何もしなくて良い)の自動運転も、そのうち、騒がれなくなるような気もします。インフラの整備はもちろんですが、事故が起きた時、誰が(どこが)責任を取るかとう問題を突き詰めると、簡単には普及しないと思います。小さな島や展示館、展示施設、限定されたエリアなど限られた場所でしか、自動運転は普しないと思います(現代の技術で規定された私の頭では)。

私の安全に対する意見は、それも各車の技術水準の高さを誇るためには(会社のイメージ戦略のためには)必要な一面はありますが、軽量化によるテーパータイヤの搭載(山の中でパンクしてもスペアタイヤがある安心感)、左ドアの鍵穴(アウトバーンの事故で、右ドアが破損し、バッテリーもなくなった。左ドアの鍵穴がないのでキーで開けられない)や室内のダッシュボードの鍵穴をつける(鍵をかけられるので、少し大事なものを入れておいても、多少は安心)この方が、よっぽど安心・安全のような気がします。

(私の意見は、衝突安全ブレーキもレーンキープ装置も不要ということです)


話は、変わりますが、今日のインターネットのニュースで、アテンザが年間24000台も売れ、11月12日に、RJCカーオブザイヤーを受賞したと報じていました(マツダとしてはデミオに注いで受賞。全部でマツダとして計六回目の受賞)。昨年は、CX−5がCOTTYのカーオブザイヤーを受賞したかと思うのですが(昨年のRJC受賞は、日産ノート)、良かったと思います。マツダファンとして、素直に喜びたいと思います(ディーゼルだと言っているニュースもありました)。詳しくは、明日(正確には、今日14日)の新聞を見て見ることにします。

それでは、これからも、益々充実した記事を掲載されることを期待いたします。


Posted by K.T at 2013年11月14日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

一週間後の世界が気になりませんか? bet.japan

約130万サイトが利用しているA8.net >br/>
一般人ライター募集中

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!
カラーミーショップ