2013年06月03日

アテンザの「実力」は本物だ!というより最近の日本車は全般に「かっこよすぎる」

  新型アテンザがだいぶ増えて来ました。昨日(日曜日)も自宅(東京西部)→東京ミッドタウン→お台場→自宅というコースでドライブしたのですが、10台以上は見かけたと思います。個人の趣味もありますが、新型アテンザセダンは「黒」(ジェットブラックマイカ)が一番カッコいいのではないかと思います。他の色に比べて高級感があり、「V8エンジン」が載っているクルマにすら見えます。新型アテンザは「赤」(ソウルレッドプレミアムメタリック)はもちろん、「青」(ストーミーブルーマイカ)もよく選ばれているようで、ライバル車種に比べて「カラフル」過ぎて、ややクルマの雰囲気を損なっている気がします。現実的には「白」「黒」「赤」の3択だけでいいのでは・・・。

  せっかくの高級感のあるエクステリアなので、実際に「V8」のグレードがあってもいいかも知れません(V6すらないのに・・・)。重量があるV8を載せると、アテンザの特徴の「羽のように軽いセダン」というコンセプトが台無しになってしまうので、いろいろと問題がありそうです(現実的には不可能か?)。それならばマツダにはぜひ「鼓動」デザインで、アテンザの上級に位置する新車種を期待したいです。V8搭載のFセグセダン&クーペを受注生産でもいいので作ってくれたら、がんばって1000万くらい払ってもいいかなと思います(まあ10年後くらいには・・・)。

  とにかく新型「アテンザ」は直4エンジンのクルマとは思えないほど、デザインに「重厚感」があり、中身のパワートレーンも「重厚感」あるものに変われば、メルセデスEクラスやBMW5シリーズくらいなら軽く蹴散らせるのではないかと思います(本気か?)。具体的に考えると、マツダが持っているV6の3.7Lエンジンを「HV」&「4WD」化すれば、V8相当のスペックにすることも可能だと思います。内装も東京オートサロンで見せた「アテンザGTサウンドスペシャル2013」のような「こだわり」を見せれば、600万円超える金額になってもそこそこは売れる気がします(もちろん失敗するリスクもあります)。

  ただこの価格帯(グレード)の日本車はとても少なくなっていて、しかも生き残っているモデルもFMCのサイクルも遅くて開発が遅々として進まない印象があります。ドイツ車にしても状況は同じで、BMWも5シリーズや7シリーズに経営資源の多くを割いていられない状況のようで、東京近郊には「ちょっと冴えない」高級車が大量増殖しています。レクサスGSにしろ日産フーガにしろ申し分ないほどに「豪華」なクルマになっていると思いますが、やや「新鮮味」に欠けるところがあるので、その現状を踏まえればマツダが付け込む「隙」は結構あるのではないでしょうか?

  いまでも最先端(鮮度があって)にして最良の高級車としての地位を保てているのは「マセラティ」や「メルセデスCL」といった1500万円以上する「V8専用車」だけのような印象があります。このクラスはここ10年ではポルシェ・パナメーラくらいしか新規参入できていないです。アウディはどうやらポルシェと同じVWグループということもあり、最上級セダンの開発からやや後退気味で、量販が期待できるベースグレードの方に力が入っています。BMWもロールスロイスブランドで超高級ニーズを満たし、BMWブランド自体はアウディと真っ向から対抗するかのように下のグレードの開発に余念がないです。アウディもBMWもどちらも最高級セダンのシェア争いからは完全に脱落していて、「マセラティ・クワトロポルテ」「ポルシェ・パナメーラ」「ジャガー・XJ」の御三家(?)とは勝負にならなくなってきています(あくまで私の印象ですが)。またメルセデスSクラスとレクサスLSはもちろん高いステータスがありそうですが、こちらはあまりにフォーマルに依り過ぎで、まさに「社用車」然としているので「趣味性」は低くなってしまいます。

  そんな高級車市場にホンダの「レジェンド」と一緒にマツダの「スペシャル版アテンザ」がお買い得価格で参入してくるのは、ちょっと「滑稽」ですらありますが、意外に結果が出せるのではないか?という気がします。ただホンダやマツダなら「NSX」や「FD」を生んだ希代の「デザインメーカー」として世界中で認知されている下地もありますし、なにより世界最高レベルの「技術力」を誇る両メーカーです。ここはドイツプレミアムと「逆行」して(ヤツらに最高級は無理)、より「趣味性」の高い超高級級セダンを作ったら「マセラティ」よりも良いクルマを作ってしまいそうな予感すらあるのですが・・・。


↓「ホンダ」や「マツダ」には日本車がまだ成し得ていない「超高級車」の成功を目指してほしいです。


  
  
【関連する記事】
posted by cardrivegogo at 13:53| Comment(0) | アテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]