2013年03月04日

新型アテンザを追跡したら速かった・・・

  昨日は夜からちょっとドライブに出かけたのですが、ちょっと制限速度が高めの自動車専用道路で新型アテンザを発見したので後ろから眺めてみました。車幅は全然気にならない感じですね、考えてみればフーガと同じくらいのサイズなので、特段に大きいとは感じませんでした。驚いたのは中間加速の速さですね、どっかの雑誌で3.5LのNAのクルマよりも数段速いと書いてありましたが、昨日もいきなり加速されてまるで動きがランエボのようでしたね。乗っている方はなんとも楽しそうですね。

  これが高速道路に増えてきたら、追い越しもあっという間に済んでしまうだろうし、スバルのターボ車を上回っているので、マツダ車がスバル車を追っかけまわす(そんなことはしてはいけませんが・・・)展開になりそうですね。スバルも三菱も2Lターボの経済性の悪さから、さらにダウンサイジングした1.6L程度のターボ(240馬力)になるようなので、新型アテンザが「公道の王者」になってしまうのか?

  新型アテンザは車幅もあり、スライドの限界も高くて安定感もあるのですが、ディーゼルエンジンのヘビーな重量のせいでハンドリングが従来より厳しくなっているのだとか。直線番長なら「XD」で、ワインディングを楽しむ従来のアテンザが欲しいなら「20S」と同じクルマで大きく分かれていて、同じようなエンジンラインナップを持つBMW3シリーズよりも味付けがはっきり分かれているので、ドライブが好きなら両方買ってもいいくらいかも(クーペかスポーツ出たらそういう人も現れるか?)。マツダとBMWをディーゼルで比べるなら車重で軽くてエンジンが強力なマツダの方がキャラが立っていて、加速もはっきりとマツダが良いみたいですね。

  ガソリン車で比べても、車重のあるドイツ車はワインディングは苦手なので、純粋にドライブを楽しむならアテンザでOKじゃないかと思います。日本車ながら欧州車よりも遠いところに持っていったマツダの思い切った作戦は今のところ大成功を収めたと思います(今後はどうかわかりませんが・・・)。プレミアムセダンといえども、日本人の所得から見れば問題なく買える金額であり、それなりに所得のある人にとってはクルマは1台は必ず必要なものなので、今後、日独米仏伊の新世代プレミアムブランドで上位5台の選択肢に残るようなモデルなら確実に売れ行きは見込めると思います。

  セダン・クーペ・ハッチバック問わず所有欲を刺激する300万円〜600万円くらいのクルマの争いの中で、現在の日本市場の上位5台は「クラウン・86/BRZ・マークX・アテンザ・レガシィ」の強力ラインナップが守っています。輸入車は微増していますが、国産クオリティカーの方がそれを上回る回復ぶりで好調になっています。今後レクサスISとスカイラインが登場して国産車同士の争いも激しくなってきて、どのクルマが「5台」に残るか?(アテンザは残れるのか?)がとても興味深いですね。


↓日本市場では不評と言われてきた現行レガシィですが、アイサイト&4WDがウケているのか、冬場に入ってからとくに好調です。

【関連する記事】
posted by cardrivegogo at 11:41| Comment(0) | アテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]