2013年01月05日

リアデザイン

GH系アテンザ購入のときに、購入の候補にした車種はどちらも250万程度の中古車という条件で、V36スカイラインクーペとプジョー407クーペでした。この3台はどれもリアのデザインが素晴らしいと思ったからです。Dセグの3BOXカーのユーザーが拘る理由「リアデザイン・フェチ」というのは結構多いのでは?この3台ならどれも満足度は十分なのでどれでも良かったのですが、マツダの新車価格が値引きで驚くほど安かったので決めました。どれが一番リアデザインが優れているかと言えば、プジョー407だと思います。数日前にプジョー407のすぐ後ろを走る機会があったのですが、ため息が出るほどの良いデザインだと改めて思いました。

日本メーカーでリアのデザインに秀でているのはダントツで日産です。GT-Rのリアデザインは国内外の全モデルでもトップを争うほど。ほかにもZ33とZ34フェアレディZはどちらも素晴らしいですね。さすがはフランスメーカーのグループ企業だな。日産の新しいデザインにはルノーの影響がかなりあると思います。

日本メーカーの4ドアセダンでは、GH系アテンザと最終モデルのホンダインスパイアの2台がリアデザインで目立っていました。しかしどちらも2012年で日本での販売を終えてしまいました。「鼓動」デザインの新型アテンザのリアは当初からやや既視感があり、マークXやソナタ、パサートといったデザイン的にあまり評価していないクルマのリアに似ているような気がします・・・。マツダの最近のデザインはフロントとテールのライトに一体感を持たせるコンセプトなので前後ともに「細目」になってます。

輸入車ではやはりプジョーがいいですね。407の後継モデルになる508は前モデルの洗練されたリアデザインを受け継ぎ、407ではやや過激だったフロントデザインもグリル変更でどことなくGH系アテンザに似ているような・・・。同じくフランス車のシトロエンC5セダンも抜群のリアデザインです。DSシリーズもいいですが、シトロエン伝統のハイドロサスを備えたフラッグシップモデルはこのC5なのでデザインの完成度もとても高くなってます。セダンといえばドイツ車になるのでしょうが、「リアデザイン・フェチ」はセダンでも圧倒的にフランス車派という人も多いんじゃないでしょうか?
posted by cardrivegogo at 23:13| Comment(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

一週間後の世界が気になりませんか? bet.japan

約130万サイトが利用しているA8.net >br/>
一般人ライター募集中

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!
カラーミーショップ