2017年10月19日

アテンザベースのスーパーカーが登場!?

  ボルボのEV専門ブランドとして立ち上がった「ポールスター」が早くもプロトモデルを発表したらしいです。EV専門ブランドと報道されていましたが、どうやらPHVのようです。全く新しい設計なのかと思いましたが、なんと基本設計はS60のものらしいです。そーいえば4年前(2013年)の東京モーターショーにスバルのクーペのコンセプトモデルが出てましたが、いよいよ市販されるみたいですね。4年前にすでに原型ができていたのだから、やはり旧型シャシーを使い続けるS60がベースになるようです。



  S60のシャシーといえば、元々はマツダのカペラ/アテンザに使われていたものの改良版です。ボルボと欧州フォードがかなり手を加えているようですが、いよいよGG/GHアテンザ世代待望のクーペ(2ドアモデル)が登場することになりそうです。気になる価格はまだ全然発表もされていませんが、ハイブリッドによる最大出力が608psらしいので、軽くレクサスLCを超える金額になっちゃうのかなー。

  レーシングチームの名前を冠するポールスターですから、10年落ちのV35GT-Rくらいは軽く上回るパフォーマンスモデルにはなるのか!?GG/GHアテンザベースのクルマがGT-Rに挑むという構図がマツダ好きにとっては感慨深い。こうなるとマツダにも同様のハイスペックモデルを期待したいところですけども、どうでしょうか!? 自動車メーカーが、新たにスペシャルティカーを作るには何かしらの「トリガー」が必要だとは思いますねー。RX7がポルシェ924への対抗意識で、シルビアがホンダ・プレリュードを叩き潰すために生まれたように。

  マツダがハイスペックなクーペを作る理由があるとしたら、ユーノスコスモのリベンジでしょうか。3ローターエンジンで、トヨタや日産に肩を並べる国産最高級レベルの2ドアクーペ。同時期に登場した初代NSXが国産フェラーリならば、ユーノスコスモは国産アストンマーティンくらいの風格はあったわけで・・・。二代目NSXが今もなおフェラーリをキャッチアップしているのだから、二代目ユーノスコスモを作るならば、アストンマーティンDB11みたいなクルマになるのかな。

  ユーノスコスモを作った後に、マツダはV12搭載のラグジュアリーセダン「アマティ」を計画していたそうですが、もしそれが実現していたならば、ユーノスコスモの後継モデルにはV12エンジンが搭載されていたでしょうし、フォード傘下でアストンマーティンと同じグループだったのだから、ちょっと飛躍しすぎかもしれないですが、もしかしたらマツダ設計のアストンマーティンが生まれていたかもしれません。

  素人の意見で恐縮ですけども、これからの自動車メーカーの戦略は、高級セダン、高級SUV、セカンドカー、スポーツカーの4車種を揃えるべきかと。今や日本よりも国民一人あたりの所得が多い国は40くらいありますから、確実に日本より世界は潤っているわけです、日本人の中の平凡な財力しか持たない自分でもやっぱりクルマは「可能な限り」機能的かつ官能的であるべきだと思いますからねー。勝手なことを言うと、新車を買うならば!?もう選ぶ基準がこの4車種に絞られてしまうんじゃないかと思うんですよ。「高級車なんていらねぇ!!」ってのは日本社会が「ドイツ車=高級車」とマジで考えていた遠い昔の時代の話なのかも。確かに当時の北米の衝突安全基準でカスみたいなスコアしか出せないセダンに800万円も払えるか!!は正論ですけど(今のドイツ車は!?)

  それが2010年代に入ってポルシェ、ボルボ、ジャガーランドローバー、トヨタ、マツダなど、クルマの作り方を大きく変えてくるメーカーが目立つようになり、クルマにお金をかけることに一定の意味が生まれてきたと感じています。プリウス買うなら最上級グレードが納得の装備がついてきてとても割安ですし、アテンザだってなんだかんだ言ってもLパケが最もコスパがいいはず。コスパ時代の高級車は非常によくできているなーと感心させられることが多い(ドイツ車は別だけど)。新発売のボルボXC60も600万円〜ですけども、もう世界中で勝つ気マンマンですね。スペックを見ても、もうドイツ車も日本車も怖くない!!とでも言い出しそうな自信満々のフル装備。当然のごとく4輪DWBにエアサスまで組むようです。まあ高級SUVといったらエアサスに大きな価値があるんだろうけど。

  ボルボは、セダン(S90)、SUV(XC90/60)、セカンドカー(V40)に加えてスポーツカー(ポールスター1)が揃う見込みです。マツダもセダン(アテンザ)、SUV(CX8)、セカンドカー(CX3)、スポーツカー(ロードスターRF)というラインナップですが、セダンとスポーツカーがインパクトはやや弱いかも。ポルシェは、セダン(パナメーラ)、SUV(カイエン)、セカンドカー(718ケイマン)、スポーツカー(911)。ジャガーはセダン(XJ)、SUV(Fペース)、セカンドカー(XE)、スポーツカー(Fタイプ)。・・・この調子でレクサス、マセラティ、アルファロメオ、アストンマーティン、テスラ、ジェネシスもこの流れに追従するでしょう。

  日本、ドイツ、アメリカの大手・老舗メーカーだけが可能だったラインナップが、マツダなどの中堅から、小規模プレミアムへと広がっていき、OECD諸国で顧客の囲い込み合戦を繰り広げることになりそう。日本でも表参道の薄ら寒い通り沿いにずらりとディーラーが並んで、この4車種の販売合戦が繰り広げられたら面白いかも。電動化されたセカンドカー(リーフ?)のオーナーになれば、他の3タイプがカーシェアリングできる!!みたいなBMWi3の販売戦略が定番化するか!?

  勝手に想像で書いてますけども、この流れはかなり実現性が高いと思います。マツダもわざわざCX8を日本むけに仕立てました。トヨタに付け入る隙があると思ってるんですね。あるいはすでに4車種を揃えているメルセデス、BMW、アウディにも十分互すことができると思っているのかもしれません。

  次なるセカンドカー候補としてSPCCIのアクセラの開発に力を入れてくると思いますが、発売予定の2019年には新しいロータリースポーツが生まれるという噂も。さらに前年の2018年には4代目アテンザが登場します。2.5Lターボのチューンナップ版をハイブリッド化したユニットが搭載されるのか!?ディーゼル、ロータリー、ターボハイブリッド、SPCCIと4車種全てが違うエンジンってのもマツダらしくていいんじゃないですかー。ボルボに負けないスゲー!!クルマを期待したいです。



最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 00:32| Comment(0) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

GJアテンザの「粗」ってなんだよ!!??

  2012年の発売当初から、現行のGJアテンザについては辛口の評価をしてきましたが、それはマツダの実力を世界に示したGG/GHアテンザの後継モデルとしてやや「期待はずれ」だったからなんですけども、GG/GHの世界的な偉業を「無視」してきた日本のカーメディアに、改めてGJアテンザの「粗」とか、ややオブラートに包んで言われると、何を言ってるんだコイツら!!っていう気分になります。

  「粗」と発言したのは、ニューモデルマガジンXに連載を持つ高平さん。カーメディアで名の知れたライターの中では珍しい「ホンダ派」です。ホンダが大好きな高平さんと、フェラーリとGTRが大好きな西川さんと、マツダが大嫌いな斎藤さん。この3人のコーナーだと知っていながら、無防備に読んでいるマツダファンが悪いのでしょうけど、カムリHVに対する対談レビューなのに、まさかのGJアテンザへ飛び火かよー。

  カムリといえば、世界で一番売れているミドルセダン。もうそれだけでスゴイじゃん。日本のカーメディアなんて「世界で最も支持されているCセグハッチバック」っていう根拠不明の触れ込みで、わけわかんないクルマを絶賛したりしますけども、カムリは堂々のナンバー1ミドルセダンなのに・・・なぜかボロクソに言われています。

  少々手前勝手なことを申しますと、私はカムリHVは「なし」だと思っています。GJアテンザよりも上手く作りこんだとトヨタが自惚れているサイドのライン。確かに綺麗ではあります。GJアテンザも新型カムリHVも、乗り込むときのサイドからの威容は、メルセデス史上最高デザインと言われるW220(2代前のSクラス)に匹敵します。300万円台の国産車がこれだけのスタイルを獲得できた!!というのは素直に商品力の向上と捉えていいのかも。しかしカムリは「なし」です。マツダ以外のメーカー(ドイツブランドとか)のセダンを買うくらいならカムリHVでいいと思いますけど、アテンザとはやはり「スタンスが違う」んですよ・・・だからマツダファンだけが、カムリは「なし」だと言っていい!!

  サイドデザインの話が面白いのでもう少し続けます。国産車なのに左ハンドルだったら!? ちょっと変かも知れないですが、アテンザとカムリに関しては、左ハンドル車が日本でも用意されたら、さらにW220のレベルに近づけるんじゃないの!?という気がします。左向きのサイドラインのコクピットに乗り込むべく、左手でドアハンドルに手をかける構図の方が、その反対よりもあらゆる点で「高級」に見える。日本は左側通行だから路上に乗り込む姿を歩道から眺めると、左ハンドル車の方がエレガントなんですよね。もしマツダやトヨタに「この車の生命線はサイドラインだ!!」くらいの『狂気』があるならば、国内市場であろうとも左ハンドル(輸出用)を売っていいんじゃないの!?

  W220を買うならば、今がお買い得50~80万円くらいで2003~2005年式の後期モデルが買えますけど、ちょっと気合をいれてS500なんて買ったら。5LのV8が2トンオーバーの巨艦を引きずる光景を想像するだけで冷や汗が・・・500km/2万円という新幹線の普通席料金と同等の燃費を払わされます。これがアテンザXDやカムリHVならば、500km/5千円以下で走れます。なんかあまりにも隔絶過ぎていて、比べるのもアホくさくなりますけども、10年ちょっとで実現したセダンの大いなる進歩は、十分に満足できるんじゃないでしょうか。



  トヨタとマツダがどこの市場をみてFFの4900mmクラスのFFを作るのか!?それをなぜか『Sクラス互換』ではなく『スポーティ』で売ろうとするのか!?高平、西川、斎藤の3者がカムリHVに手厳しいのも、このクルマに内在する「歪み」に釈然としない部分が見えているからでしょう。レクサスIS350Mスポのハンドリングが「ダルい」と感じてしまったマツダファンにとっては、トヨタのセダンに余計な「期待」なんてできないです。

  おそらくカムリHVよりも剛性が高いシャシーを使うレクサスISが狙ったパフォーマンスを引き出すために、フロントにダブルウィッシュボーンを配していても、トヨタの基準のためか、(メルセデスを意識する)レクサスの高級イメージを守るためか、ゾクゾクするようなハンドリングにはなってないです。決してトヨタ86の基準でエキサイティングなハンドリングを求めているわけではないです。86はハンドリング「だけ」で成功してしまったなかなか稀有な存在ですけども、これは1200kg台にまとめた車重と、ハンドリングにダルさが出ないギリギリのところを狙ったホイールベース(デミオと同じ!!)ゆえに完成した世界感です。

  トヨタとマツダ。国内メーカーでは、クルマファンの人気を二分する存在らしい(ベストカー10/26より)。この2メーカーならば不可能はないんじゃないか!?86のハンドリングを持つセダンが作れるんじゃないか!?・・・夢見すぎだな。カムリやアテンザが1250kgになるか!?ホイールベース2570mmになるか!?はっきり言ってアルテッツァやGGアテンザのイメージを両車に重ねるのは無理だ!!それなのにカムリのCMではアルテッツァやアリストが復活したかのような煽り。まあそれに対して3人のおっさんが皮肉をかましたわけですね・・・俺たちの青春を商業主義で汚すな!!ってことか!?

  散々にカムリHVをディスった後で、「それでもこのクラスはカムリHVくらいしかないよね!?」「たしかに・・・アテンザはもう古い!!粗も多いですし・・・」「350万円あればCLA買える!!だからCLAが売れてる!!」みたいな結びになってました。マツダのフラッグシップよりも、メルセデスやトヨタの『食パンモデル』の方がいい!!って結論みたいです。アテンザもこのグループに括られてしまうと辛いな・・・、単なる食パンだったらマツダを選ぶ理由はない!?

  GJアテンザ。それから同じ設計を使う4代目になるGK?アテンザ。この2世代で達成すべき課題は、やはり「脱・食パン」ですねー。マツダはすでにその道筋をつけていて、やはりAWDの「トルクベクタリング」による、擬似LSD化でしょうか。マツダはLSDの総本山であるGKNと提携していて、ロードスターには「トルク感応式」の『スーパーLSD』なるものがGKNから供給されています。物理的にゴツい金属ギアを使った機械式ディファレンシャル(LSD)だけでなく、センサーとブレーキ制御によって同じような効果を出す「擬似LSD」は997型ポルシェ911の前期モデルにも使われていて、それが一部で酷評されたようで後期型では撤去されましたが、マツダのトルクベクタリングはどうやらその技術の「お古」みたいです。

  ポルシェは「リアルLSD」に回帰しましたが、三菱が、三菱電機のアシストで電制の「擬似LSD」を『AYC』へと進化させたように、マツダにも日本メーカーらしく「電制」を極めて欲しいですね!!RNM・メルセデス陣営とトヨタ陣営の対立構図が鮮明で、日立も三菱電機もマツダが参画しているトヨタ陣営と対峙するライバル陣営に与しているので、道のりはやや険しいですが、マツダと同じ住友グループには、車載バッテリー生産で世界一のパナソニックがありますし、姫路で車載バッテリー専用の新工場が開設されるという景気のいい報道もありました。トヨタ、マツダ、パナソニック合同によるEV開発のためらしい・・・。



最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 02:13| Comment(0) | GJアテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

マツダの人見さんが、超メガトン級の爆弾発言!!

マツダ VS ホンダ、フォード、トヨタ、スズキ、スバルと欧州全メーカー の構図!?

  久々に「痛快」なインタビューでした!!!!!!!! IMFの最新号でマツダの人見さんが、驚くほど簡潔に「小排気量ターボ」における構造的矛盾を指摘しています。え?こんなの読んでしまったら、もうターボになったスイスポなんて買う気が起きなくなっちゃうよー。つーか人見さんも策士だよなー。何冊か本を書いているのだから、その時点で主張しておけばいいのに。

  10年くらい前に欧州メーカーが藁にもすがる想いで飛びついた小排気量ターボ。(中国での盛り上がりを真に受けて)それに部分的ではあるけど同調したホンダ、トヨタ、スズキがターボに本腰を入れ始めたところで、「実は・・・」って今更のように切り出すなんてさ。もし人見さんが主張していることが全部事実ならば、欧州メーカーのみならず、日本の3社はかなりのダメージを受ける!!スバルもレヴォーグで1.6Lターボなるものを作ってしまったし・・・そういえばスバルのFB16DITは、S水草一さんにボロクソにバカにされてましたね。

  インタビュアーの牧野茂雄さん(日本最高のエンジニア系評論家)も人見さんの発言にあまりの衝撃に震えたようです。このままストレートに書いてしまっては自分の今後の仕事に影響が出る!!とでも思ったのだろうか、その一連の人見さんの説明の後に、変な言い訳がついています。私はあらゆる調査機関のデータを調べて裏を取ろうと奮闘したが何も得られなかった!人見さんの発言を裏付けるようなものは何もないです!(私も半信半疑です!)と必死で弁明していました・・・。

  自動車業界が軽くひっくり返るようなことを平然と言えるくらいに肝が座っている奇人!?人見さんだからこそ、マツダもこの人の才能に社運を託したのでしょうけど。いよいよ元日産の水野さんみたいな存在感を業界全体に放つようになってきました。マツダがHCCI(正しくはSPCCIと言うらしい)を市販化したら、中国か台湾のメーカーへ引き抜かれていきそうだなー。

  別に特別な物理の知識が無くても、小排気量ターボによってあらゆるエンジンが代替(ダウンサイジング)される!!なんて話は嘘くさいとわかりますけどね。ターボチャージャーなんて30年以上前からありましたし、人見さんの以前の著書からも伺えるように、ダウンサイジングとして利用するアイディアも80年代に徹底的に検証されたようで、バブルですから今とは全く異次元の青天井の開発費を誇っていた日本メーカー各社は、この段階で揃って「ターボは抜本的解決にはならない!!」と判じていたそうです。




現代のコペル二クスなのか!?

  30年も経てば変わるのか!?トヨタが情熱で作り上げたHVのような新技術はありましたけども、自動車業界やターボを手がける重工産業全体はそれほど大きく変わっていない!!実際に冷戦時代に設計製造された戦闘機が今も航空自衛隊で最強の戦力だったりするわけです。一般会計の5%=約5兆円の防衛費は何に使われているのか!?まあほぼ人件費ですね。

  ちょっと話が逸れましたが、30年前に「理論上」でも全く可能性を見出されなかったダウンサイジングターボが、今になっていかなる技術ブレイクスルーがあったとしても根本的に状況が変わるわけがないのです。マツダが実現したHCCIだかSPCCIだかいうエンジンも「理論上」では30年以上前から存在していました。だからマツダの技術で可能になった!!しかしダウンサイジングターボはその「理論上」の理想状態も存在しないわけです。

  確かにメリットが完全にないわけではないです。メルセデスやBMWのように同じボアストロークの2Lエンジンに過給圧の違うターボチャージャーを組み合わせて「グレード分け」することで、ユーザーの選択肢の増加とメーカーの利益の極大化を可能にします。そこの部分はまだ理解できるのですけども、ホンダの1.0Lターボや、フォードの1.0Lエコブーストなど過給圧が高めのユニットで1400~1600kg程度の車体を動かすとしたら(欧州シビック、欧州フォーカス)、過給圧がかからない低回転域では相当にしんどい乗り味なんだろうなー。幸いなことに日本には導入されていませんけども・・・。

  人見さんによると、ターボエンジンにはトリックというか、ユーザーを欺くギミックがあるらしいです。過給圧が高いとノッキングを防ぐために本来は8.0程度まで圧縮比を下げなければいけない。しかしそれだと全く燃費がよくならないので無理やり10.0くらいまで圧縮比を上げる処理をするらしい。これによって回転数を上げない(軽負荷)でシフトアップする欧州式の燃費計測では数値がよくなるようですが、高回転を交えて使うとたちまち燃費が悪化するとのこと。BMWやVWの非HV欧州車のモード燃費が異常に高い理由はこれだったのか・・・ハイオク仕様とはいえ、どう考えても数値が異常だったし。ゴルフはオーリスに燃費で勝っている!!ってみんな喜んでいたけど全員騙されていたわけですね・・・。

  人見さんにここまで言われてしまっては、牧野さんも真っ青になるよなー。日本のカーメディアがこの10年余り語り継いできた全てが、欧州メーカーの偽計に踊らされた茶番だった!!ってことが明らかになりつつあるわけだから。誰もVWがズルいことをするなんて思っていなかったし、BMWがそんなセコいことするなんて想像もしていなかったはず。K沢さんやS水和夫さんを責めるのはやめよう!!彼はおそらく純粋に「ダウンサイジングターボ」に対して何の疑問も抱かなかったのだと思います。バブル世代って自分の頭で考えない人が多いですから。自分の頭で考えると会社で干される世代!?






最新投稿まとめブログ





ラベル:HCCIエンジン
posted by cardrivegogo at 23:07| Comment(2) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする