2018年02月16日

MAZDA と 読売新聞



 
2兆円企業MAZDAはここまで理解されていないのか!?
  ちょっと考えすぎかもしれないけどさ、この読売の記事からもわかるようにマツダのイメージって相当悪いですね。マツダなんていう中小メーカー知らねーよ。やっとマイルドハイブリッド出すらしいよ。しかもご丁寧にわかりやすく「簡易型」と表記。トヨタみたいにフルハイブリッドではないから「安く」作れるので、(マツダが得意な?)新興国市場での販売にも使える!!・・・と言いたいらしい。藤原専務が聞いたら思いっきり反論しそうな内容だな。

一般メディアの権力はいつまで続くのか!?
  天下の読売新聞の幹部クラスが認可したであろう記事。内容は後述するけどメチャクチャなんですけども、読売の幹部クラスならメルセデスかレクサスにでも乗っているから、マツダなんて興味ないってことだけはよーくわかる内容です。結局まだまだ日本をデザインしているのはマスコミなんだよなー。大手メディアの幹部級の人の趣味が、高齢社会・日本では国民の大部分の趣味になってしまうのは不可避なんですかね。この読売の記事書いたヤツと同レベルの分際で「クルマ好きです」って人がこのブログにもしばしばコメントくれますけど、この記事みてさすがに気づきましたよ、マツダのイメージは最悪だ・・・。

内容は相当に矛盾だらけ
  こんなレベルの記事を書いて金をもらっている読売って、常識的に考えればあと10年以内に潰れると思う(そうあって欲しい)。そもそもマツダがマイルドHVを発売するを発表したのはすでに半年以上前のことでした。素人のブログじゃあるまいしなんというスピード感、今更に何を書いているんだ!? さらに言うと、マツダというメーカーは新興国でクルマを売るのがとても下手。そもそも国内生産50%でグローバルで100万台ちょっとの規模のメーカーが手を出してはいけないのが新興市場なんてのはビジネスマンなら誰でもわかる話だと思うけどね。スズキのように300万台くらい売らないとキツイって。

新興国で売れているのはドイツ車だろ・・
  ちなみにマツダの新興国販売比率は、メルセデス、アウディ、BMWの足元にも全く及ばない水準です。読売の記事では、まるでマツダが新興国中心のビジネスを行っているように読めるけど、VWのようにブランド内の60%以上を新興国(中国だけで50%)で売っているメーカーとは根本的に違う。マツダが日本市場以上にシェア(率)を獲得している市場は、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドくらい。つまりちょっと田舎っぽいけどGNIの水準が高い国で良く売れている。そこがマツダの狙いなんだと思う。

スカイアクティブXがなんなのかわかってない!?
  そもそも新興国で勝負するならば、世界一の高効率エンジンなんて真剣に開発している場合ではない。VWやPSAのように思いっきり昔に開発したエンジンをどこまでしぶとく使うかがポイントじゃないですか!? スカイアクティブX用に使うマイルドハイブリッドなのだから新興国で売りさばくことも考え難い。技術発表会も日本ではなく欧州で先行して行っているし、ドイツ、イギリス、イタリアのメディアが今まさにスカイアクティブXで盛り上がっている真っ最中なのだから。



記事はひどいけど、マツダのイメージが最悪なのも事実。
  読売にはこんなクソみたいな記事(ベストカーの記事に似てる!!)を書く記者がいて、チェック担当者がいて、認可する権限者がいて、誰一人も気がつかないんですね。自分たちが絶対に買わないブランドだから、「いいクルマなわけがない」。上質で高性能なクルマであれば、自分たちの周辺がすでに察知しているはずだけど、そのアンテナに引っかからないくらいだから、田舎の貧乏人が買うブランドなんだって考えているんでしょうね。中央区とか港区とかを走ってはいけないブランド。シドニー、トロント、オークランドはいいけど、ニューヨーク、ロンドン、北京はダメっていう立ち位置!?

マツダのブランド化って実は無意味!?
  日本の地方都市(どこだよ?)でマセラティとかベントレーとか乗ってると浮きますよね。つまりマセラティとマツダは同じ道路を走ってはいけないみたいなところがあるのかも!?今後のマツダのブランド化努力によって、ベントレーの隣にMAZDAを止めても『同格』に見られる!!なんて日がやってくるのでしょうか!?・・・ってそれを決めるのが読売新聞などの一般メディアの連中なんだろうな。言っちゃ失礼だけど、あんなにダセー連中を相手にするのは大変ですね。

最近のマスコミがダサい件・コムロ頑張れ!!
  日本のマスコミってこの20年くらいで一気にダサくなったと思う。例えば皇室の婿が母子家庭で借金があるとなんか問題なんだろうか!? 都庁勤務のクソダセー奴ならOKで、母子家庭&借金はダメって日本の多くのメディアが揃って発信してる。公務員なんてダニみたいなものなんだから(だいぶ駆除したから地方行政は持ち直した?)、それよりはプー太郎でもコンテストで選ばれて女性にモテモテのイケメン君の方が人間的に相当にマシじゃね!?むしろ公務員の分際で皇室に手を出してんじゃねーよ(江戸時代なら打ち首だぞ)!!って議論はなかったのが不思議だ・・・。

存在理由は、情報統制のため!?無駄だって・・・
  昔は新聞を読むのが好きだったけど、最近は読んでる時間が無駄だなーって思う。半年も前に知っているニュースとか出されてもさ。日々関心があるような出来事ってのは、その道の専門家がウェブ上で発信していることが多くなってきました。日本COTYも当日のツイッターが第一報で、翌日の日経で読むころには、もうその件についてブログ書き終わってたりするし。つーかそれぞれの分野の専門家が、リアルタイムでAIとか使って情報を流通させれば、もはや「一般メディア」なんてジャンルの仕事はなくなると思うんですよ。政治家も記者クラブをスルーするシステムを持ちつつあるし。「一般メディア」の仕事ってのは籠池さんとか武田邦彦とかいう学者とか、とにかく気に入らないやつを悪者に仕立てる時に、どっかの内閣に依頼されて行う『抹殺』くらいしかないんじゃねーの!?

「抹殺屋」を社会から追放しよう!!
  ・・・で同じようにマツダもホンダも『抹殺』されているわけですね。マツダやホンダの実力が日本でも認められるようになるには、この両社が読売などの大手の一般メディアの幹部級に選べれるクルマになればいい!!しかーし、それは絶対に無理でしょう。もう徹底的に差別意識が根付いているのはこの記事を見ても明らか。そんなこと考えなくても、一般メディアが解体するまで、あと5年か10年待てばいいだけだと思われるので(俺の予言はよく当たる)、「ポスト・マスコミ」の時代となって、専門家が価値ある情報を手軽に提供するようになれば、マツダ&ホンダの素晴らしさは自然と認められるでしょうし、(このままだと)メルセデス、BMW、アウディ、VW、トヨタは一般メディアとともに消えていく運命なんじゃないかと思います。なぜか?についてはまたの機会に。



最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 23:40| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

欧州でもアテンザワゴンがフェイスリフトだってさ!!




アテンザの新展開
  欧州向けワゴンとして大幅リニューアルで公開されたGJアテンザが公開されるようです。どうやら噂通り4世代目のアテンザは本当にボツになってしまったみたいです。初代(GG)/二代目(GH)においても改良プラットフォームの引き継ぎによるFMCが行われましたが、フラッグシップだったEセグのミレーニアがある中で開発されたGGと、ミレーニアに代わってフラッグシップになるために大型化して開発されたGHでは、設計上のだいぶ大きな変更点がありましたが、三代目(GJ)から次へのアテンザの開発環境は、ほぼ変化なしなので、担当者も何を目指してFMCするのか困るところだと思います。

アテンザは噂通りにアレになるのか!?
  ほぼ噂の域を出ないですが、5&6世代目はFR化され、よりプレミアム志向を強めたラグジュアリーセダンに生まれ変わるとか言われてますが、そのFR化を数年前倒しにする代わりに4代目の開発を白紙撤回したのかもしれません。アクセラ&CX5と同じシャシーを使うようになった3代目アテンザですが、アテンザのG系とアクセラのB系を統合した形の『スカイアクティブシャシー』は、新規設定されたCX5が想像を超える爆発的な売上を見せたおかげで、それなりに予定よりも早く焼却の目処がついたのかもしれません。そしてアクセラとCX5で80万台/年を賄える状況ならば、(共通skyシャシーから)再びアテンザを切り離しても大丈夫という判断でしょうか。

スカイアクティブシャシーとはなんだったのか!?
  マツダのシャシーも全ラインナップ統合ありきのひと昔前の路線から変わってきているようです。北米向けの『スカイアクティブ』じゃないシャシーで作られたCX8が登場して、日本向けSUVの3車種は全て、異なるシャシーというトヨタ、スバルとは違う方針で突き進んでいるマツダ。クラスの違うSUVを別々のシャシーで作るのは、ジャガー・ランドローバーやBMWが実践していますが、車両価格が災いしてかあまり拡販には至っていないようです。BMWはMINIベースのX1/X2、3erベースのX3/X4、北米シャシーベースのX5/X6の3段階に対抗するかのように、デミオベースのCX3、アクセラベースのCX5、北米シャシーベースのCX8。

800万円のマツダ車・・・
  これにさらにFR化されたアテンザをベースに『CX11』とかいうラージサイズのSUVが出てくる!?今時は新型シャシーを作ったらとりあえずSUVを投入して、一気に拡販して数字を出すのがスズキ/フィアットといった小型車メーカーからポルシェ/マセラティといったラグジュアリーブランドまでの常識になりつつあります。マツダにはそういう「無個性」なビジネスはふさわしくないと思うのですが、CX5がこれだけヒットしてしまったら、経営陣の頭の中はやはりSUVありきになってしまうでしょうね。

GJアテンザは黒歴史
  ちょっと厳しいことを書きます。北米版の改良アテンザセダンと、欧州版の改良アテンザワゴンが、そのまま3月くらいに日本でもマイナーチェンジをして発表されるようですが、このクルマは一体マツダとしては何%の出来栄えなのか!?発売前から恐縮ですけども、既存のGJユーザーが乗り換える、あるいは個人タクシーで採用される以外に売れる見込みはあるのだろうか!? MAZDAには申し訳ないですけども、2012年の発売からずっとGJアテンザは「黒歴史」になるだろうと、このブログで主張し続けてきました。理由は本当に色々あります。

マツダの経営は誤算続きなのか!?
  フォードから離れ、赤字転落、倒産がかなりリアルな状況で、世界の有名ブランドを相手に性能で対抗できるモデルを作るという理想を掲げるのはとても大変だったと思います。状況としてはGGアテンザを作った時のMAZDAに似ていたように思いますが、あの時はフォードが後ろ盾になっていましたが、2012年当時は完全に背水の陣でした。マツダディーラーの雰囲気も暗かった。MAZDAがこのまま潰れてしまうのか!?って思って記念にGHアテンザを新車で買いましたよ。GGもGHもアテンザとは何か!?ミドルサイズカーとは何か!?を真剣に考えた結果、アイディアがたくさん詰まったパーフェクトなクルマでした。世界で売れて当然。リーマンショックさえ来なければ・・・。

その先が『1mm』もなかった
  GJアテンザを見ての感想は、「目先をとったな」でしたね。高コストがアダとなった直後ですから、まあこれが現実的な解決策だったのかもしれないですけど、完全にカペラ時代への逆行を感じました。タクシーにはちょうどいいんじゃないの!?(17年前のカペラにイギリスメディアが投げかけた辛辣な一言)。 MAZDAが何も考えていない!!とは言いませんけども、あまりにもこのクルマ(GJアテンザ)への投資に関しては後ろ向き過ぎた気がします。2012年に発売されてから、その先が全く用意されていないとは思わなかったです。さて2.5Lターボの日本発売はやはり「無し」なのか!?

GJを経てもまだマツダはまだスタート地点だった・・・。
  マツダが中長期的に、次世代の内燃機関を世界に誇示して、日本でクルマを作ることの意義を追求する計画は変わらないでしょう。その中でMAZDAが示しているのは、日本車の価値を引き上げる洗練されたAWD機構のシェア拡大であり、今よりもラグジュアリーなブランドイメージを確立するためには、さらなるトルク&出力の積み増しは不可欠ですが、マツダの横置き設計では42kg・m/280psくらいが限界。これをさらに高めるには、縦置きユニットを使うシャシーを開発しないと、運用は不可能・・・。そういう結論にMAZDA首脳部はとっくに達しているはず。

とにかく次のアテンザでは何かが起こるはず。
  つまりMAZDAがデザインにお金をかけたり、エンジンにお金をかけたり、国内生産ラインを整備したりする、現状の活動の先には、ボルボのようにギリギリまで横置きで粘るという選択肢もありますけども、マツダがトリプルチャージャーのスーパースポーツ級ユニット用とみられる特許を複数取得し、FF設計を引き継ぐことが既定路線だった4代目アテンザのFMCが噂通りにキャンセルされたならば、いよいよFRでAWDありきの上級モデルシャシーを投入することが決まったと断言してもいいのかもしれません。


最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 20:39| Comment(0) | GJアテンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

レクサスがマツダに牙を剝く!!




レクサスRXも3列シートですかい。

昨年から噂は出てましたけども、まだまだ先なのに発売予告を先に公式で出すあたり、CX8の勢いにビビっているようです。レクサスとマツダの市場がガチンコになるのはもう少し先の話だと思っていましたが、早くもキナ臭い感じになって来ました。とりあえず630万円もする『RX450h』に3列シートのロングボデー版を投入するとの事なので、CX8とは200万円以上の価格差があるので、直接対決ではなさそうですけど、目の上のたんこぶみたいなモデルがあるとCX8の魅力が少々霞むのも事実です。せっかく日産(エクストレイル3列)とスバル(エクシーガクロスオーバー7)を完全に出し抜いて、フルサイズSUVを日本で売るというという選択は素晴らしかったのですけどね。業界は甘くはなさそうです。

さらにトヨタがCX5を野放しにするはずもなく、噂のレクサスUXで囲い込みを仕掛けてくるらしい。国産でナンバー1の静粛性を誇るSUVとか言われるようになった2代目CX5ですけど、ロックオンした時のトヨタは恐ろしいくらいに研ぎ澄まされたクオリティのクルマを作ってくるので、かなり厳しい状況になるかも。UXの発売は2017年12月という噂もありましたが、予定が遅れているということは、モリゾー社長得意のやり直しになったのかも。現行プリウスも1年遅れましたから(マツダのHV用ブレーキ技術を目の当たりにしたかららしい)。まあマツダにとってはCX5の40万台のうちのほとんどが海外市場なので、日本で負けたからどーってことはないでしょうけど。あんまり調子に乗るとすぐにトヨタ出てくるからなー。


例えば3年前(2015年)の話ですけども・・・


からの・・・


あからさまなタイミングがちょっと解せないですね。日本で好調だったマツダも含めて一石二鳥。

最近でも、


からの・・・


とかさ。F1の事情通に裏をバラしてくれたからわかったことですけども、なんか巨大な力を感じずにはいられない。信じるか信じないかはあなた次第ですけども。

他にも



からの・・・



うわ!!これもたまたまの偶然なのか!?

まあヒット車が出ると不思議と色々な問題が降りかかるものですね、


いい感じになって来たホンダに、



こういうことを主張する謎のオッサンが現れて、



・・・といった次第です。

もうMAZDAもヒット車とかやめてスポーツカー作ろうや・・・。

最新投稿まとめブログ

昔の顔つきを見かけるとほっこりするんですよね。

posted by cardrivegogo at 10:54| Comment(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする