2017年09月14日

HCCIからCX8!!躍動のマツダへの雑感



  「スカイアクティブX」ことHCCIエンジンが、イギリスメディアでも、ドイツメディアでも大きく報じられています(日本のメディアより熱心かも)。付随する情報もあれこれと詳しく紹介されていてアクセラベースの試作車に積まれたエンジンは2Lスーパーチャージャーで187馬力だったとか。ドイツメディアは・・・ドイツ語全然わからないけど、ちょっと悲壮感が漏れていたような(VWは断念してますからねー)。日本以上に欧州でブレイクする可能性も!? ベストカーの渡辺敏史さんのレビューで190馬力だと出てましたが当代随一のガチライターでBMW派の渡辺さんを「唸らせる」までにはまだ達していない模様。

  ちょっと気になるのが、発売時期は来年以降なのに、こんなに早くから公開しちゃっていいのか!?ってことです。HCCIはすごいですよー!!って知れ渡ってしまったら、もうマツダの現行のガソリンやディーゼルには興味がなくなってしまうんじゃなかろーか!?。マツダとしては数年前に買ってくれて、ディーゼルに今乗っている人向けに、次はガソリンで「すごいの」が出ますから、もうちょっと買い替えは待ってください!!ってことなんでしょうけど、軽油のコストメリットを3年も享受してしまったら、いまさらレギュラーであってもガソリンには戻れないんじゃないかって気も・・・。

  マツダにとってはいよいよ年間20万台も怪しくなってきた国内市場のシェアはグローバルでのマツダの累計においては15%程度でしかなく、それが微増しようが微減しようが大きな影響はないのかもしれません。よって「スカイアクティブX」の先行情報公開の狙いは、明らかにユーザーではなくステークホルダー向けなんでしょうね。マツダの最近のプレスリリースを検証すれば「Gベクタリングコントロール」「サポートカーS」、燃費新基準の「WLTPモード」「トヨタとの連携」など株価を睨んだ「最先端ですよ」「将来性ありますよ」アピールの情報が多い気が・・・。それもこれも欧州のエンジン車追放というラディカルな動きの中で「危機的状況」の株安に追い込まれることを未然に防ぐ狙いもあるようです。

  ちょっと気になるのは、2000年頃に「株屋」に転業していったドイツや米国のメーカーが今では結構「落ちぶれて」ていたりすることですね。株価維持のためにクルマが満足に開発できなくなった!!新型モデルを大量投入することを先に公表して、開発のための期間も人員も不足したままに出来上がった意味不明なモデルが有名ブランドでも急速に増えていきました(F野さんが「世界自動車戦争論」で名指しで批判してました)。今のマツダにも同じような懸念が・・・。

  かつてマツダを「買い取った」フォードは、こともあろうに今年になって「ZOOM-ZOOM」の生みの親でマツダ復活のキーマンだったマーク=フィールズCEOの采配によって株価が急落し実質的に『沈没』しました。一時はアテンザの兄弟車であったフュージョンが日本車セダン(カムリ、アコード、アルティマ)に迫る勢いで売れましたけど、北米でもセダンの販売は縮小傾向に。アクセラベースのSUVであるエスケープが年間30万台規模のセールスを記録して穴埋めを図るも、新たにホンダやトヨタの稼ぎ頭になったCR-V、RAV4はさらに上の50万台規模にまで膨らんでいます。マツダの技術を使ってトヨタ、ホンダに立ち向かったものの、あまりに日本勢とガチのところで勝負し過ぎていることを株主に嫌われたのか・・・。時価総額でテスラに抜かれた時はちょっとしたニュースになりました。

  マーク=フィールズはマツダ時代にGGアテンザが大ヒットして、「中型車で世界を制した!!」という自信があったのかもしれないですが、北米市場に根を張るトヨタやホンダを駆逐することはできなかった・・・って話なんですかね。マツダ存亡の危機という逆境には適していたけども、フォードという巨大メーカーの未来を「安定して」推移させるには不向きな経営者だったのかもしれません。RX7を愛車にしていた根っからの「カー・ガイ」だったそうですから、またどこかの中堅メーカーで活躍してほしいものです。

  惜しむべくは、日本でブレイクの兆しを見せていたマスタングの販売が1年足らずで終わってしまったこと。500万円くらいするファーストエディション400台はすぐに完売。停滞気味だったフォードのイメージを変えるだけのポテンシャルはあったと思うのですが・・・。「路面に吸い付く走り」が好きな日本のユーザーにはちょっと手応えがない部分もありましたけども、例えば911が「キャラ」ってことで欠点も全て受け入れられるなら、マスタングも「キャラ」でいいんじゃないの。そーです!!最近のマツダ車には極端に希薄になっている「キャラ」です。

  マツダCX8の発表会がありました。やっぱりマツダは大きいクルマをデザインするのが上手い!!・・・久々にマツダ車に濃いヤツが現れたかも。最上級モデルのインテリアがとってもいい感じです。2列目シートの真ん中に豪華なコンソールがつけられていて、パナメーラみたいな雰囲気。2.2Lディーゼルのみの設定で、AWDのLパケで419万円。インパネは「リアルウッド」を採用していて、何やらボルボや英国の名門SUVブランドを意識した作りになっています。加飾カーボン、フェイクウッド止まりのレクサスRX、ハリアーといったトヨタ勢を蹴散らす気合の入った出来栄え。

  アテンザもFMCでは、このCX8に準じた内装になるのかな!?だとしたらちょっと楽しみかも。現行の3代目はかつてのスポーツセダンの面影を色濃く残したままにアメリカサイズに膨れてしまっていて、そのアンバランスな立ち位置をレザートリムで必死に取り繕った感が拭えないチグハグさがありました。4代目では、CX8のセダン版としてサイズはそのままでオートクチュールなインテリアを配したステータスサルーンになるのかな(3列シートグレードとか!!)。




最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 19:03| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

HCCIエンジンは打倒ポルシェ!!打倒日産!!の最終兵器らしい・・・

  『HCCIエンジン』が来年に予定されるアクセラのFMCとともに導入されると言われています。世間では従来のプラグを使うエンジンよりも熱効率が良くなって、そのまま燃費が圧倒的に良くなるエンジンなんでしょ!!くらいにしか思ってなかったのですけど、実はこれ「エコ」よりも「スポーティ」な走りを実現するのに非常に効果的らしいです。マツダが公式に示したデータによると、マツダ以外の他社で広く使われている一般的なターボエンジンよりも圧倒的に「出足」が良くなるらしいです。

  なんでそうなるかというと、プラグによる点火工程が不要なのでより早いサイクルが可能であり、ディーゼルエンジンと同じく圧縮着火による爆発力の大きさで、当然にトルクが太くなるという2つのメリットが合わさったからだそうです。なんかすげーな。さらにディーゼルだと圧縮比をあげると排気ガスが極端に汚くなるので、マツダのディーゼルはわざと圧縮比を下げて出力を下げたりしているのですが、ガソリンだと排気ガスがかなりクリーンになって制約がなくなるとのこと。

  なんかもう聞いた途端に、もう興味津々ですよ!!ちょっと飛躍し過ぎかもしれないですが、例えばシビックtypeRやゴルフRといった、高出力の直噴ターボを使うCセグホットハッチの頂点に立つモデルを、軽く圧倒できるくらいのブレイクスルーが実現したといっていいのでは!? 技術的ディメンジョンにおいて、ライバルメーカーが「反則だ!!」と騒ぎ立てるくらいに、異次元のエンジンを搭載して新型MSアクセラが作れるってことですよねー。

  HCCIにターボチャージャーを組み合わせれば、エンジンの初動からタービンの回転開始のタイミングも当然に早まるでしょうから、これはエゲツないユニットですね。ホンダもVWもいじけてガソリンエンジンのスポーツハッチはやめてしまうかも。まるで1960年代の後半に登場し、ルマンでも圧倒的な強さで排除されたロータリーエンジンのような存在になるんじゃないの!?

  再び日産を狩るマツダが見られる!?『GT-R vs サバンナ』の21世紀版の対決は、次期GT-RとマツダRX9(仮称)がともに『スーパーカー化』するという展開になるみたいですが、マツダがロータリーのスポーツカー復活を急いで進めなかったのは、同時並行で進むHCCI技術によって『燃費』と『走行性能』を両立させた、フェラーリやポルシェなど世界中のスポーツカーブランドが欲しがるようなパーフェクトなユニットを作るのも可能!!そういった背筋がゾクゾクするような道筋が見えていたからなんでしょうね。

  2012年からの新生マツダはイメージ重視でイケイケだったですけども、これが予想外に、MSアクセラも、MSアテンザも、RX8の後継モデルも出てこない。せっかく開発したガソリンターボも北米の大型SUVにしか投入せず(日本で製造しているのに)。「もうマツダはスポーツカーへの情熱を完全に無くしてしまったのではないか!?」そんな疑念が芽生え、肥大化しやがて確信に変わってきたところで、トヨタとの協業発表・・・。従来のマツダファンはみんな歯がゆくてもどかしい想いでその動向を見守ってました。しかしマツダがかなり前から『HCCI』のユニットに相当なポテンシャルが、マツダの理想像がある!!と確信していたのなら、これまでの流れも全部納得がいきます。

  マツダのガソリンエンジンが全てHCCIになるのではなく、従来のスカイアクティブGが4-2-1排気を使い初めてからまだ5年しか経過していませんので、これも併用してラインナップを行うとのことです。GとDとHCCIの3つタイプのエンジンがマツダの主力車に搭載されるとのこと。HCCI搭載モデルが『GT』みたいな特別なグレード名を引っさげて2018年に登場し、翌2019年にはEVが投入されるスケージュールだそうです。

  K沢さんやベストカー、ニューモデルマガジンZが「日本メーカーはコスト増を嫌ってターボ化しない!!」と執拗に企業体質を批判してましたが、HCCIが完成した暁にはどんなコメントを発するのでしょうか!?特にマツダのガソリンエンジンはつまらない!!さっさとケチってないでターボ化しろ!!とほざいたK沢さんのHCCIエンジンに対するコメントは非常に注目ですねー。

  フェラーリもポルシェもターボ化&HV化の流れを止められないで、そのまま流されていく「終末的」な光景をボーっと見てる。次期スイフトスポーツがターボになるってさ。あっそー・・・ですか(終わったなー)。あのホンダだって今ではターボ・スポーツの急先鋒になっている。誰もがマツダも遅かれ早かれ同じ道をたどるしかないと思っていたでしょうし、不覚ながら私も・・・マツダのことを信用できていませんでした!!

  マツダは最初から最後まで自然吸気にこだわっていた・・・なぜなら「本物」のスポーツメーカーだから!!NDロードスターの設計を見てもそのこだわりは明らかでしたよ!!絶対にK沢さんが言うように「ケチ」だからってわけじゃないはず!!ちなみにK沢さんはベストカー最新号でNDを徹底的にディスっています。「マツダだったらせめてトヨタよりもコスパを見せろ!!」って。86よりも非力なエンジンに納得がいかないのだそうです。7500rpmをピークに使う小排気量ながら驚異的な「官能」を持つ素晴らしいエンジン!!ロータスやケータハムに供給してあげればいいのに!!ってくらいなのに、K沢さんには全く響いてないようです(もうライターやめちゃえよ)。

  『HCCI』はロータリー以来の衝撃になる!?またこれで世界のスポーツカーは「マツダ」と「それ以外」に隔てられる時代がやってくるのか!?アテンザ、アクセラ、デミオ、CX5、CX3がそれぞれHCCIエンジンで武装してクラス最強のスポーティなマシンになる!?HCCIアテンザとアウディRS5が、HCCIアクセラとシビックtypeRが、HCCIデミオとMINI・JCWが、HCCI-CX5とマカンターボが、HCCI-CX3と・・・・が、全てはマツダ中心で回る時代がやってくるのか!?とりあえず次もまたマツダを買おうかな。




最新投稿まとめブログ

posted by cardrivegogo at 01:37| Comment(3) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

アクセラセダン1.5Lディーゼル追加で・・・

  CX3の2Lガソリンモデルの追加に続いて、アクセラセダンにも新たに『1.5Lディーゼル』(ATのみ)が登場しました。今更ながら『無かったんだっけー』って感じですけど、いざ追加されてみると、これがジャストなユーザーも結構多いんじゃないの!?って気もしますし、これは案外面白い存在なのかもしれない!?停滞気味のアクセラの新しい魅力が出てきそうな予感もあります。

  CX5、CX3、NDロードスターなどのモデルに話題を持って行かれてますが、マツダのラインナップの礎となっているアクセラは、そのサイズは小さ過ぎず・大き過ぎずで非常に汎用性に優れています。高速道路を安心して走れて、小回りも利くマツダ車を真面目に選ぶならば「アクセラ一択」なのかも。・・・『ジャストサイズ』で、しかも『エンジン』や『デザイン』といった有効なマテリアルを持つのになぜ販売がイマイチなのか!?営業が下手くそ!?

  3代目となった現行アクセラ(BM型)の発売は2013年でした。フランス車みたいな先代(BL系)のコミカルな風貌から、一転して端正でドイツ車みたいな造形になり注目を浴びましたが、主力エンジンは「フル・スカイアクティブ」となった自然吸気ガソリンの1.5Lと2.0L。飛び道具になる予定のディーゼルとHVはあまり売る気がなかったようです。「トヨタから提供されたユニットのマツダ車ってどんなジョークだよ!!」ってみんな思ったはず。残念ながらこの辺からケチが付いてしまったかも。

  最初からアメリカで売っている2.5L自然吸気の「アクセラGT」があれば・・・。1.5Lを手軽な価格で捌けばいい!!という見通しは、マツダの目指すブランドコンセプトに果たして合致していたのか!?苦しい台所事情を抱えたメーカーに、完成度の高いブランドイメージの構築なんてのは無理。現実的な価格設定のまま「デザイン」だけでクラスの頂点には立てる!?と思っていたでしょうけども、まさかの「余裕」のあるスバルにレヴォーグなる高価格帯のクルマをバカ売りされ、完全にアクセラは日陰に・・・。

  マツダの開発者としては、カーメディアもユーザーの含めて日本市場は「クルマがわかっていない!!」と強弁したいでしょうね。アクセラの最大の売りは、デミオやCX3とは全然違うシャシー性能です。2.2Lディーゼルを積んでもなお腰砕けにならない強靭なフットワークを理解できるカーメディアが存在しなかった!?・・・ただし一部のファンから見れば、アテンザと同等の設計になった新型シャシーの限界の高さは、間違いなく『マツダスピードアクセラ』への伏線である!!と予想してました。2.3Lターボ以来の新型ターボがアメリカで実用化された!!というニュースもあり、誰もが「ちょっと待てば出るだろう」と思ってましたが、早ければ2018年中にもFMCというアクセラのサイクルが発表され、次世代アクセラでHCCIの実用化とのこと。

  マツダが2012年以降に日本市場で主力エンジンとして考えていたものは、当初の予定からだいぶ違ったものになったのでは?「フルスカイアクティブG」として2.5L、2.0L、1.5L、1.3Lを次々と改変しましたが、売れたのはCX5に設定したディーゼル。アテンザもそのままディーゼル。そのままデミオやCX3にも1.5Lディーゼルを付けましたが、これは思ったほど売れず。ロードスター用に7500rpmの1.5Lユニットも作り、海外の大型SUV用に低速トルクに優れる2.5Lターボも作り、・・・・で次はHCCIとマイルドHV。なんかエンジンの種類と車種が同じくらいたくさんある!?・・・それなのに核となるユニットにはまだ巡りあえず。これは悩ましい限りですねー。

  ホンダのように「これからのVテックはターボだ!!」と宣言して、1.0L、1.5L、2.0Lの3タイプをはっきりキャラ分けして作る。あまりにも素っ気ない変わり身にびっくりしましたけども、やっぱり理にかなってるんだよなー。ジェイドやステップワゴンなどうまく行かないモデルも出ましたけども、とにかく「新しいホンダ」は表現できています。アクセラもインプレッサも先代と同じ排気量で代わり映えしないなー、けどシビックは久々の日本復帰というのもあってとにかく新しい・・・。

  アクセラスポーツよりもボデー剛性の高さや静粛性が期待できるアクセラセダン。マツダの実力を遺憾無く発揮できる最良のボデータイプに、もうマツダのすべてのエンジンをラインナップしたらどーでしょうか?現状では1.5Lガソリン、2.0Lハイブリッド、1.5Lディーゼル、2.2Lディーゼルがありますが、2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.5Lターボそれに1.5Lのロードスター用も。「走り」を心から愛するマツダファンにはアクセラセダンを!!くらいのメッセージがあってもいい気がします。Cセグってのはどれだけ『正義』になれるか!?ってのがマーケット的には大きいですし、「フォーカス」「アルファ147」「ゴルフ」「Aクラス」「プリウス」など歴代の成功モデルはどれも、時代を味方につけてクルマ好きに支持されるモデルばかり。

  とにかくエンジンはどれを選んでも満足度が非常に高い「最高のクルマ」を目指しているはずなのに、マーケティングやプロモーションがやや中途半端な気がするんですねー。プリウスを突き破るくらいのポテンシャルはあるのだけども・・・。高性能で欧州車よりもさらにしっとりしたシャシーに、欧州車よりもこだわり抜いたディーゼルユニット。この素晴らしさを伝えるにはある程度の時間がかかります。プリウスだって今の地位まで20年かかったわけだし。

  福島と茨城を結ぶ水郡線に乗る機会があったのですが、そこを走るキハE130系のコマツ製450psの直6ディーゼルの振動がフロアから足に伝わってくる感触はいいですねー。マツダのディーゼルのようにカラカラ音はかなり低減されていて知らない人が乗ったら電車と区別がつかないくらい。駅から発進してすぐに登りだといい感じのエクゾーストが楽しめます。車両中央にあるエンジンのすぐ上にある座席に座っているだけで、なんだかディーゼル車のアクセルを踏み込んでいる感覚になれます。3時間も乗っていると、ディーゼルエンジンもいいなーって気になってくる。

  発進時のシフトチェンジもクルマに似てます。2速で60km/h以上まで目一杯に引っ張る加速。ほぼ自動車と同じフィールが楽しめます。小さい頃に乗っていた八高線のキハ35系は、電車と比べていかにも細かい制御が難しそうなアバウトな加速をしていたように記憶しますが、当たり前ですが1960年代設計のディーゼルカーと比べればディーゼルユニットも、ミッションも大幅に進化しています。

  230万円ですから『アクセラセダン1.5Lガソリンターボ』のシビックに対抗するにはコスパは十分。マツダがCセグの頂点を狙って2013年に作り出した渾身のブランド基幹モデルのアクセラですから、総合的な性能でもシビックに負けていてはいけないですけどねー。そもそもゴルフだのV40だのが出てきてCセグの定義はめちゃくちゃになってしまっている!?そこにインプレッサが鳴り物入りで参入して思いっきりスベっている・・・。もうCセグはSUVだけあればよくない!?って声も。既存のアクセラユーザーはCX5に相当数流れてますし・・・。そんなネガティブな雰囲気を弾き飛ばすようなアクセラの新展開を見たい!!それができないならもうマツダは終わりじゃないですかー!!




最新投稿まとめブログ

↓コイツのリアランプには萌えた!!
posted by cardrivegogo at 00:28| Comment(0) | アクセラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする